交際クラブ/デートクラブは日本最大[銀座クリスタル倶楽部]

☆はじめに
交際クラブのデートは初対面の男性とのデートから始まります。
つまり、第一印象がとても大事になるということです。
交際クラブでせっかく出会った男性と次のデートに繋げるためにも、初対面の男性には言ってはいけないセリフがあります。
普段接することがあるノリの軽い若い男性と同じではいけません。
交際クラブの男性は社会的に成功された男性ばかりですし、目上の男性ですので、言葉に気をつけましょう。
①自己顕示欲の強さを感じさせる会話
まず、初対面の男性に対して「私って甘えん坊じゃないですか?」など、男性からすれば「知らないけど・・・」とのツッコミが聞こえてくるような会話を耳にすることがあります。
もし何度もデートを繰り返し、人となりが分かっている相手であれば良いですが、知り合ったばかりの女性からそう言われても男性は困惑してしまいます。
また、「自己顕示欲強い」と思われてしまう可能性もあるので注意が必要です。
②食べ物の好き嫌いの多さをアピール
次に、「魚嫌いなんですよね」など、食べ物の好き嫌いが多いと食事の雰囲気が悪くなったり、食べ物の好き嫌いが多いと、「わがまま」、「こだわりが強い」と思われてしまう可能性があります。
男性も初対面の女性とのデートのため、女性の好みを分からず、苦手な料理やジャンルのお店を予約してしまったりすることもあるかもしれません。それでも否定的な言葉は避けた方が良いでしょう。
アレルギーやどうしても食べられないものを受け入れる必要はありませんが、その場合は、申し訳なさそうに男性に伝えましょう。
はっきりと「嫌い」と言ってしまうと一瞬で男性の気持ちが離れてしまいます。
③何でもいいという言葉
最後に、「何でもいい」という発言は地雷ワードと言えます。
「何でもいい」=「どうでもいい」という意味に受け取られてしまいます。
相手に任せる場合は「よく分からないのでお任せしてもいいですか?」と言葉を変えるだけで印象はまったく変わります。
もちろん、女性に頼られると男性は嬉しく感じますが、初対面の女性とのデートにおいて、女性の好みが分からない段階で、これをされてしまうと男性も困ってしまいます。
そこで、「嫌い」なものだった時のストレスは計り知れないものでしょう。
初対面の男性とのデートにおいて、自分の価値観を押しつけたり、「嫌い」や「苦手」といったマイナスな発言をしたり、すべてを男性に丸投げするようなセリフは口にしないようにしましょう。


貴女とのデートで男性が疲れてしまっては元も子もありませんよね。
交際クラブで出会った男性と楽しい時間を過ごすためにも、口にする言葉に気をつけましょう。
銀座クリスタル倶楽部オフィス 0120-518-531 音声ガイダンス 0120-956-531

メールでのお問合せはこちら

# #
  • 入会のご案内
  • 募集要項
  • スタッフブログ
女性スタッフ募集
ページトップへ