交際クラブ TOP

恋愛テクニック | 交際クラブ・デートクラブのちょっとためになる話のブログ記事

時には自分の意見を言うことも必要

| 恋愛 |

以前は、「女性は男性の三歩後ろをついていく」ことが当たり前のように言われていました。

しかし、ここ最近では女性の社会進出が当然の世の中になり、三歩下がって、というようなことはあまり適切ではないのかもしれません。

とはいえ、好きな男性に好意を持ってもらいたいからと、自分の意見を言わずに我慢する女性もいまだに多いのではないでしょうか。

自分の意見を言ってしまったら彼に嫌われるのではないかと思っているからです。

これは、自分の立場を男性よりも下に置いてしまっているのが理由ですが、パパ活では、女性から進んで下になる必要はありません。

男性よりも上になるということではなく、あくまで対等でいるべきなのです。

あるアンケートで、男性に「何でも受け入れてくれる女性と、はっきりと自分の意見を言える女性とではどちらが良いですか」と聞いてみると、半数以上の男性が「はっきり自分の意見を言える女性」と答えていました。

自分の意見を持っている女性は尊敬できる、惹かれるという声や、主体性を持っている女性の方がデート中でも助かるといった声があるようです。

例えば、デートで食事をすることになった時、「何が食べたい?」と聞かれて「何でもいい…」では男性も困ってしまいます。

「私はパスタが食べたいな」と言えば、男性もイタリアンのお店を探せば良いため時間も取らずに済みますし、食事の時間が楽しいものになります。

ここで重要なのが、意見が言える=否定するわけではないということ。

男性は自分の意見をきちんと言える女性に惹かれるのがわかりましたが、勘違いしないようにしたいのが、自分の意見を言うことと相手を否定することには違いがあるという点です。

男性は、否定されることをものすごく嫌がります。

「男性は自分の意見を言える女性を好む」の意味を履き違え、パパが言ったことに対してことごとく否定するのは間違いですから注意してください。

また、男性から求められていないのに、女性から男性にアドバイスするというのも違います。

男性は女性にアドバイスをすることが好きですが、女性にアドバイスされたいとは考えていないのです。

「あなたの言うことなら何でも受け入れる」というのではなく、「それも良いけど、今はこれが食べたいな」「ここへ行きたいな」ときちんと伝えてくれる女性に対して、パパたちは好意を持ちます。

あれこれ自分がしたいことを言うと男性に面倒だと思われないか心配になる女性は多いのですが、「何でも良いよ」とか「どこでもいい」と言われてしまうほうが、男性はずっと面倒に感じるものなのです。

きちんと自分の意見を言うことが、嫌われる原因にはならないはず。

本音で語り合えるパパを、銀座クリスタル倶楽部で探してみませんか?


パパ活では、男性とお酒を飲む機会が多くあると思います。

二十歳以上の方は経験があるかもしれませんが、お酒を飲むことで心が広くなり、いつもより素直になれる方もいるはずです。

コミュニケーションを取る術としてお酒はとても心強い味方ではありますが、お相手の本当の気持ちや姿がわかりにくいというデメリットも存在します。

特に男性は、なんとも思っていない女性にも優しい態度を取ることがあるので、何を考えているのか分からなくなる女性もいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、どんなにお酒が入っていたとしても、男性は本命の女性に対して特別な態度をとる方が多いようです。

もしも今以上に親しくなりたいパパとお酒デートをするときは、パパの態度をしっかり見ておくと、貴女への気持ちが本気なのかが分かるかもしれません。

まず、男性が本命の女性を口説く時は、相手の様子を見ながら正確に口説いてきます。

お酒の力でいつもよりは積極的になるかもしれませんが、酔っているからといって本命の女性に失態を見られたくないという冷静な気持ちも残っているからです。

勢い任せな話をしたり、嘘をついてまで自分を良く見せようとはしてこないでしょう。

やはり、本命の女性には本当の自分を理解してもらいたいと思うのが男性心理と言えます。

更に、貴女のことをしっかり気遣ってくれる姿が見られれば、本気というメッセージかもしれません。

男性は、遊び相手を口説くときは強いお酒を強要したりと自分本位になりがちなので、お酒を飲むペースを合わせてくれたり、帰る時間を気にしてくれるのであれば、貴女はパパにとって本命の可能性が高いです。

パパの本命になった女性たちのお話をご紹介しますね。

「パパはいつも優しくて、デート中も私の気持ちを優先してくれます。

お酒ありのデートの際も、私の体調を気遣ってくれたり、ペースを合わせてくれるのでとても気が楽です。

今は生活のほとんどをパパに面倒見てもらっています。

パパ活を初めたことで素敵なパパに出会うことができ、更に憧れの高級マンションにも住めているのが今でも信じられません!」(25歳 航空関係)

「最初はまさか自分がパパの本命になれるなんて思ってもいませんでした。

パパは私に全てをさらけ出してくれて、今では何でも話せる関係です。

私はお酒が大好きなのでパパはいつも高級なバーに連れて行ってくれますし、一緒に飲みながら他愛もない話をして楽しんでいます。

その時間だけでもとても充実しているのに、パパは私の夢のサポートもしてくれました。

おかげで私も自分の会社を立ち上げることが出来たので、これからはパパへ恩返しをしていきたいと思っています。」(28歳 飲食経営)

男性は、本気になった女性には慎重になる方が多いようです。

もしもパパが貴女の気持ちを尊重してくれる様子が見られたら、本命の可能性が高いでしょう。

そんな存在に出会えたなら、貴女も気持ちに応えて、できるだけ長く楽しい関係が続くよう努力を忘れずに。

当倶楽部には、たくさんの紳士的かつ富裕層の男性会員様がいらっしゃるので、その方々の本命になることが出来れば、貴女の人生にも大きな変化が訪れる可能性がございます。

人生をもっと充実させたいと思うのであれば、ぜひ銀座クリスタル倶楽部へお問い合わせください。


年齢を重ねた富裕層の男性には、恋愛経験が多い方もいるでしょう。

男性の心理として、より多くの女性とのお付き合いを望む傾向があります。

そのため、複数の女性と並行してお付き合いをしているという男性もいるかもしれません。

また、すでに結婚しており、パートナーがいるというケースもありえます。

それでもやはり想いが断ち切れない…そんな時は、割り切った関係でのお付き合いをしなければならなくなるかもしれません。

とはいえお付き合いするのであれば、自分のことをしっかりと見て欲しいと思うのが本音でしょう。

割り切った関係だけで終わらないようにするためには、お相手にとって貴女がかけがえのない存在になる必要があります。

男性にとってかけがえのない女性になるためには、お相手に貴女とのお付き合いを「面倒」だと感じさせないことが重要です。

だからといって「都合がよい女」にならないことも大切。

パパ活をしていると、どうしてもお相手にとって都合がよい女になろうとしがちです。

ですが、好きな相手に対しての気持ちは日によって温度差がでてきます。

大人の関係を求められても、その気分ではない時はきちんと断る。

その逆もまた然り…。

自然体でお互いの願望を受け入れ、無理なく叶えられることがベストです。

お互いの気持ちをしっかりと尊重し合い、適度な距離感が維持できる関係性を保つことが、富裕層の年上の男性とのお付き合いでは大切なポイントになってきます。

踏み込んでもらいたい部分、逆に踏み込んではいけない部分をしっかりと切り分けましょう。

ある程度経済力があり、さらに人生経験が豊富な年上の男性は、同年代の男性に比べると包容力もあります。

そのため、どうしてもお相手に依存することも増えてくるのではないでしょうか。

ですが、依存が強まるとお相手は「面倒」と感じるようになります。

男性に頼りすぎず、ある程度の自立した女性であることも忘れてはなりません。

また、相手に甘えることやかわいらしさをアピールすることも大切ですが、一人の大人の女性として自立しているうえでの甘えであることが必要です。

そうでなければ富裕層の年上男性にとっては「自分にとって都合がよい女の子」「大人の関係を求めてもよい存在」など…割り切った関係で構わない相手と思われてしまいます。

もちろんパパ活においては、むしろその方がお互いにとって都合が良いというパターンもあるでしょう。

大切なのは、お互いのニーズを汲み取り尊重し合うこと。

それができれば、パパ活も恋愛もうまくいくはずですよ。


心の通ったお付き合いをするために必要なこと

| 恋愛 |

人と人とのお付き合いをするとき、心が通っているかどうかで親密度が変わります。

仕事上のお付き合いならドライな関係でもよいですが、恋人としてお付き合いするなら心を通わせ、より親密な関係を築いていきたいものでしょう。

ですが経済力も高く年齢も離れた年上の男性と、どのように心を通わせればよいのか?悩んでしまうこともあるかもしれません。

そこで今回は、人間関係を築く上で必要になるポイントをお伝えします。
パパ活にも役立つことですので、ぜひ参考にしてみてください。

心の通ったお付き合いをするために必要なこと-1

大切なのはお互いを認め合うことです。

人生経験も豊富な年上の男性とは、考え方が違うと感じる瞬間が多いかもしれません。

ですが、違いを責めてしまってはどんどん溝が深まり親密度は下がります。

かといって男性の考えを全て肯定しなければならない訳ではありません。

違いを楽しむ余裕を持ち、2人だからこその落としどころを一緒に見つけていきます。

どんなに落としどころを探っても、どうしても譲れない考え方や価値観も出てきます。

このような場合も相手を否定するのではなく、そういう考え方もあるのだと認め合うことが必要です。

例えば、カップル間でよくあることですが…週末ごとのデートを楽しみたいと思っても、彼にはどうしても外せない仕事があるといった場合「仕事と私とどっちが大事なの?」と責めてしまう女性もいますよね。

そうすると男性に「面倒な女」「自分のことを理解していない人」と思われてしまいます。

そのような時こそ「仕事も頑張ってほしいけど私とも一緒に過ごす時間を作ってもらえたら嬉しいな」と相手に理解を示しつつ自分の希望も伝えるようにします。

すると「健気な人」「愛しい存在」と思ってもらえます。心の通ったお付き合いをするために必要なこと-2

一方的な意見を相手が押し通そうとするとき、ただ言うことに従うだけでは心を通わせることにはなりません。

年齢差があるとどうしても年上の意見は聞く必要があると感じることはあります。

だからといって必ずしもそれが正しい意見ではない可能性もあります。

このような時にはしっかりと自分の意見や気持ちを伝えるようにします。

どうしても自分では受け入れられない意見の場合には、拒否をしたり否定したりすることも必要でしょう。

そのときにただ拒否や否定するのではなく、自分の考えも伝えることが大切です。

一方通行ではなく、お互いに意見や考えを伝えてこそ「心を通わせている」といえます。
経済格差や年齢差がある男女同士だとしても、根本的な部分はあまり変わりません。

心の通ったお付き合いをするために必要なこと-3
人として愛し愛されるためには、相手を認め更に自分も相手に認めてもらえると感じ合うことが必要です。

ある程度年齢を重ねると、他の人から指摘されることや意見されることが少なくなります。

年下の女性から指摘を受けることに嫌な顔をする男性はいるかもしれませんが、それも最初のうちだけでしょう。

それがごく自然に行われるようになれば、逆に自分と真剣にお付き合いすることを望んでいる特別な存在と感じ、非常に良い関係を築いていけるはずです。


交際倶楽部で女子力アップ

| 恋愛 |

女性は恋をしたり、男性から愛されていると実感すると、いきなり綺麗になる生き物です。 特に見た目が大きく変化したわけではないのに、どことなく色気が出てきたり、洗練されてきたりと、恋愛はいいことづくめです。 恋に落ちている瞬間は、心がウキウキして、生きる活力になるという女性も少なくありません。 反対に、恋愛をしていないときには、ついつい自分に甘くなり、「女子力」も減っていると自分自身が一番感じているのではないでしょうか。 長い期間恋人がいない、いわゆる「恋愛ご無沙汰女子」は、半ば投げやりで、諦めムードになりがちです。 例えば「暴飲暴食」。 パートナーがいない分、時間を持て余しているフリーの女性は「どうせ彼氏がいないし、信じられるものは友達だけ~」と「女子会」という名の暴飲暴食の機会が増えていませんか。 女同士の馴れ合いは実に虚しいものです。 美味しい物を食べ、美味しいお酒を飲んで、楽しい会話をし、ぜい肉だけが増えていく・・・ 。 結果、女性としての魅力も減っていき、さらに恋愛事から遠ざかっていくのです。 また、休日は部屋にこもりっきりで少女漫画を見たり、撮りためたドラマを見たりと、出不精になっていませんか。 フリーだからこそ、外に出てチャンスを掴まなくてはいけないのに、自分に自信がないのか、「どうせ自分なんか・・・」と、不のループに陥り、なおさら悪循環です。 パートナーがいる、いわゆる「キラキラ女子」は、お洒落をしたり、月1でヘアサロンやネイルサロンへ行ったり、エステに行ったりと女子力を高めるための努力や時間を惜しみません。 「愛されている」という自信がつくからこそ、もっと貴方のために綺麗でいたい、自慢の彼女と思われたいと努力することで、益々「綺麗」に磨きがかかるのですね。 恋愛ご無沙汰女子の皆さんは、「でも、出会いがないし・・・」、「男運が悪くてダメンズにばっかり引っかかる・・・」とお思いの方もいることでしょう。 実は、そんな女性にこそおすすめしたいのが、ズバリ「交際倶楽部」なのです。 交際倶楽部は客室乗務員やモデル、タレントなど容姿端麗な女性しか登録できないというようなイメージをお持ちではないですか。 それは大きな間違いです。 もちろん、容姿端麗な女性を好む会員様もいらっしゃいますが、素朴で人懐っこく、良い意味で「普通っぽい」女性を好む会員様も実に多いのです。 当倶楽部の会員様に見初められると、紳士的なエスコートでお姫様のような扱いをしてくださるはずです。 経験豊富なお話をお伺いすることもできますし、何より良いレストランで食事をしたりすると、自然と「綺麗にしなきゃ」という意識が働いて、貴女の魅力を増して、より美しく洗練されていくのです。 今、パートナーがおらず、「恋愛をしたいけど私なんかに好意を抱いてくれる人なんているのかしら・・・」と自分に自信がない方は、是非、ご登録を検討してみてはいかがでしょうか。 愛されるヒントが交際倶楽部でのデートには隠されているかもしれませんよ。


2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

カテゴリー