交際クラブ TOP

» 恋愛のブログ記事

素の自分で振る舞う

| 恋愛 |

女性ならば誰しも、理想の恋愛像をイメージしていらっしゃる方が多いと思います。
交際クラブでの出会いともなると、普段出会えないようなハイステータスな男性との出会いが実現するということもあって、憧れていた理想のデートや理想の男性像がより固まるという方もいらっしゃるのではないのでしょうか。
しかし、お相手の男性が自分と不釣り合いだという理由から普段の自分とはかけ離れた姿を装うことはおすすめしません。
相手がハイステータスな男性だとしても、男性は等身大の貴女とデートしたいと考えお誘いをしているので、背伸びをする必要はないのです。
今までの恋愛においても、猫をかぶって相手に偽りの姿を見せていた方もいるのではないですか。
でも、そんな恋愛ばかりでは疲れてしまいますよね。
いくら良縁になるように、心がけようとしても、「かわいい」や「美人」というだけでは、発展性のあるお付き合いにはなりにくいと言えます。
一度会ってしまったが最後、もう二度と会うこともないという人ならまだしも、無理なキャラクターを長期的に演じることは難しいでしょう。
交際クラブの男性は交友関係も広く、人を見る目に長けている方が多いため、どんなに器用な女性であっても、男性と会えば会う程綻びは出てきてしまいます。
そして、自分自身から疲れていってしまうということが多いようです。
それゆえに、「もっと自然体で付き合える人と出会いたい」と気付くのです。
それならば、最初からありのままでいた方が良いですよね。
そうしてみると、今よりももっと楽な気持ちで男性と時間を共有できるはずです。
素の自分を好きになってくれる人と出会えば、無理のない関係を築くことができますし、相手の男性が、どんな女性を望んでいるのかも、自然と分かるようになるでしょう。
そうすると、例えフィーリングの合わない男性であったとしても、新たな出会いに切り替え、ポジティブに考えられるようになるでしょう。
交際クラブでの出会いは、一般女性からすると、ある意味、非現実的な出会いだからこそ、ありのままの自分でいることが、とても大切なのです。
自然体の姿を男性に見せることで、2回目、3回目と、長期的なお付き合いに繋がるはずです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「父性本能がくすぐられる瞬間」

| 恋愛 |

「母性本能がくすぐられる」とは、恋愛における女性心理において、よく耳にする言葉ですが、対比として「父性本能」という言葉を耳にしたことはありませんか。
当然のことながら、女性には母性本能、男性には父性本能が備わっていると言われております。
この父性本能というものが、どういうものかと言いますと、母性本能と同じく、「なんとかしてあげたい」ですとか、「守ってあげなくては!」といった意識が働くものです。
では、男性はどういったときに、父性本能がくすぐられる状態になるのでしょうか。
男性の心を掴んで離さない、父性本能がくすぐられる瞬間を厳選してみました。

1 思わず手を差し伸べたくなるような、ひたむきな姿
男性は、女性が何かにひたむきに頑張っている様を見ると、手を差し伸べたくなるそうです。
何かに一生懸命な女性って確かに魅力的ですよね。
同じように、必死に頑張っているが故に、落ち込んでいたりすると、「何かしてあげたい」と男性も助けてあげたくなるそうです。
貴女の頑張り屋さんの面を見せると、彼の心もキュンとときめくこと間違いなしです。

2 一人では生きていけなそうな、危うい一面
傍目から見ていると、危なっかしいような非力な女性っていますよね。
こんな一人で生きていけなさそうなか弱い女性を見ると、「僕が側にいてあげなくては!」という意識にかられるそうです。
危なっかしい男性に良い印象を抱く女性は、ほぼ皆無に等しいですが、女性においては好印象を抱く男性が多いようです。
これは、男性と女性の本質をよく表していると言えます。
母性本能と男性本能は基本的には似ていますが、「守ってあげたくなる存在」をいとおしいと思うのは、女性よりも男性の方が強い傾向にあると言えます。

3 妹のような甘え上手な一面
ぶりっ子、カマトトなどのあざとい女性は、同性から嫌われがちですが、男性に対しては効果的であると言えます。
そう言われてみれば、上手に甘えることができる女性は、いつの時代でもモテモテだと思いませんか。
ぶりっ子だとわかっていても、自分の前で可愛い女の子でありたいと思っているだろうという姿に、キュンとしてしまう男心こそ、父性本能そのものであるとも言えます。

4 今の自分より背伸びをしている姿
好きな人のために、美しくなろう・素敵な女性になろうと背伸びをする姿には、父性本能をよりくすぐられるそうです。
交際クラブに入会されている男性会員様は、当然、社会的ステータスもあって、自分よりも一回りも二回りも経験を積んでいる紳士ばかり。
そんな男性の隣に立っても恥ずかしくないような淑女になるために、一生懸命自分を磨こうとする女性は、男性からすると健気で愛くるしく見えるようです。

気になる異性だからこそ、愛し、愛されたいと思うのが恋愛です。
気になる男性からひたむきに愛されたら、これ以上幸せな事はないですよね。
貴女も交際クラブで、素敵な恋愛をしてみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

初デートの服装とメイク

| デート |

交際クラブでの出逢いとなると、男性会員様との年の差が、一回り以上離れていることもしばしば。
年上の男性との大人の恋愛に憧れはあるけれど、どうすれば良いんだろう・・・?とお悩みの女性も多いのではないでしょうか?
初デートが成功すれば、二回目、三回目以降のデートも可能ですし、そう思うと、尚更失敗したくない!と緊張してしまいますよね。
そこで、大変重要になってくるのが、服装とメイクです!

しかし、デートとなると、ついつい気合いが入り過ぎてしまうのが女性というもの。
勿論、男性会員様の中にも、セクシーで官能的な装いが好きな人もいらっしゃいますが、初デートでは控えめにすることをお勧めします。
基本的に男性は、自然でナチュラルな装いや、すっぴん風メイクを好みます。
ですが、ただのナチュラルメイクや女子アナウンサーのようなコンサバファッションでは、貴女の良さが出ない場合もあります。
好感度をアップさせるためには、自然な装いの中でも、自分のパーツのなかで一番自信のある部位をさりげなく主張できるような、ポイントメイクを意識すると良いでしょう。

ここで大変重要になってくることが、「年上の男性は、年下の女性には派手さを求めていない」ということです。
夜の仕事を匂わせるような、極端に露出の多いお洋服や、濃い目のメリハリメイクは避けた方が無難であるといえます。
一にも十にも、清潔感が大切です。
その際、ベースメイクは、潤いのある、艶肌を心がけると良いでしょう。
メイクの流行はその時々ですが、マットな質感よりは、艶のある瑞々しいお肌の方が男性ウケは抜群です!

メイクはナチュラルを心掛けたとしても、悩ましいものは、やはり服装ですよね。
普段出会えないようなVIPな方とのデートともなると、ジェネレーションギャップもあるだろうし、大人っぽい服の方が良いのかなと思われる方もいらっしゃるかと思います。
ですが、無理をして背伸びをした服装をする必要はありません。
男性会員様が求めているのは、貴女の若々しさそのものです。
普段の服装をベースに、柔らかいシフォン生地のシャツや、フレアスカートなど、少しだけアレンジを加えてみるなど、いつもの貴女らしさをなくさないようにしましょう。
しかし、デートの際は、男性会員様のなかには、ドレスコード付きのレストランを予約されている方もいらっしゃいます。
ですので、どんな場所でのデートでも大丈夫なように、靴は高すぎないくらいのヒールのある靴が良いでしょう。
男性会員様が、一緒に居て恥ずかしくならないような服装を心掛けましょう。
デートの際の服装やメイクって、女性なら誰でも悩んでしまいますよね。
年上の男性が好まれるポイントをしっかり掴んで、男性から好印象を持っていただけるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

交際クラブで遊ぶ男性は、VIPな方ばかりのため、普段からモテる男性がほとんどです。
もちろん、交際クラブに関わらず、さまざまな出会いや誘惑があると言っても過言ではありません。
つまり、VIPな男性が出会う数多くの女性の中からいかに印象に残るか、選ばれるかということが重要です。
容姿を磨くのはもちろんのこと、印象を残すにはいろいろな作戦があるかと思いますが、今回は「香り」に着目してみました。
男性は、女性の香りに敏感です。
また、「いい女からはいい香りがする」と思っている男性は多いはずなので、いい香りがすれば、VIPな男性により良い印象を与えることができるしょう。
「香り」は、目で見ることも手で触れることもできませんが、香りを感じる嗅覚だけは、他の五感とは違い、脳の感情や本能をつかさどる部分へダイレクトに伝わります。
すなわち、「香り」は、本能的な部分に作用するため、記憶にも残りやすいと言えるでしょう。
科学的なことは割愛させていただきますが、男性はいい香りの女性と会えば、意図せずに意識してしまい、自然と好印象を抱かせることができるのです。
つまり、女性が「香り」を意識すれば、いつもよりも簡単にVIPな男性を射止めることができるかもしれないのです。
それでは、どのように「香り」を意識すればよいのでしょうか?
手っ取り早くいい香りを手に入れるには、やはり香水を付けることが望ましいでしょう。
言うまでもなく、男性の好みの香りを身にまとうのがいちばんですが、交際クラブでの初デートの場合は、どんな「香り」が好みなのか事前に調査することは難しいです。
よって、万人受けを狙って、まずは石鹸系の香水だと間違いないと思います。
それでは物足りないという方は、フローラル系でもいいかもしれませんね。
ただ、基本的なことですが、注意したいのは、香水の付けすぎです。
ほんのり漂うくらいがいいでしょう。
いくらいい香りでも、せっかくの食事の匂いの邪魔をしてしまうほどでは、逆に悪い印象を与えてしまうのでもったいないです。
近づいた時にふいに感じるいい香りに男性はドキドキものです。
ただ、今まで香水を使用したことがない女性がいきなり交際クラブの初デートで香水を付けてしまうと失敗してしまう恐れがあるため、まずは仲のいい友人で試してみては、いかがでしょうか?
適量を覚え、ほんのりと心地のいい「香り」を身にまとってVIPな男性の心を掴んでください。
交際クラブのVIPな男性の印象に残る魅力的な女性を是非「香り」で演出しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性との初デート

| デート |

男性は本格的にお付き合いがスタートする前のデートで、女性がとった些細なしぐさや行動で引いてしまうということが、しばしばあるようです。
女性がデートで良かれと思ってやっていることが、実は男性からしたら「ありえない!」と思われていることもちらほらあるようです。
そこで今回は女性が意外とやりがちな失敗の傾向と対策をご紹介いたします。
交際クラブでのデートでも同じことがいえますので、ぜひ気を付けてくださいね。

「過去の恋愛を語りだす女性」
男性に聞かれてもいないのに過去の恋愛の話をしてしまうと、男性の気持ちが冷めてしまう可能性が高くなります。
特に「同棲したことがある」とか、ダメな男の人と付き合っていたという話はしないほうが無難でしょう。
男性との関係がきちんと築かれているのであれば大丈夫かもしれませんが、まだそこまで仲良くなっていない時に過去の恋愛の話をするべきではありません。
もし男性にそれでの恋愛について聞かれても、あまり具体的に話すのではなく、「前の人とは1年くらい付き合っていた」、「些細なケンカで別れちゃった」という風に事実だけを簡単サラリと話すぐらいで十分だと思います。

「当たりさわりのない会話よりも、先の展開のあるお話をしましょう」
過去の恋愛の話題はNGとはいえ、当たり障りのない会話でやりすごすだけではでその後の進展はありません。
二人のその後に繋がるような、楽しい会話で盛り上がるようにしましょう。
例えば、(まだ交際が始まっていないときは)「彼女とデートするなら、どこ行きたい?」、「一緒に旅行に行くならどこが良い?」などといった、二人が付き合い初めてから実行できるような話題も良さそうですね。
誰とでもできるような当たりさわりのない会話は、どうしてもときめきがないものです。
二人の今後につながるような会話を心がけましょう。

「馴れ馴れしい女性」
会うのが初めてなのに、妙に馴れ馴れしいと男性も及び腰になってしまいます。
ほどよくフレンドリーに話してくれるぶんには、たいていの男性も快く受け入れてくれます。
しかし、「ウケるね!!」「つーか、これマジうまいんだけど!」といったような、下品なうえに妙に馴れ馴れしく話す女性は、初デートでは即アウトと思っていいでしょう。

お友達同士のお喋りではアリかもしれませんが、女性らしさを感じない女性を支援してあげたい、大事にしたいと思う男性はいません。
2回目のデートのお誘いがほしいのであれば、初対面でほどよい距離感が大事だと思います。

「次回のデートを取り付けよう」
とはいえ、「最初から積極的になりすぎるのも良くないのかもしれない」と、男性が次回のデートの話を切り出すまで遠慮をしてしまう女性もいるかもしれません。
ですが、「また会いたい!」と思うのなら、デート終盤に自分から次のデートの話を切り出して、会う約束をしてみましょう。
次のデートの約束をしないままお別れをしてしまうと、チャンスを逃してしまいます。
ざっくりでもいいので「今度は○○に行きませんか?」という話を忘れずにしてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?
 
「盛りあげているつもり」「一応は遠慮しているつもり」――そんな「つもり」が、もしかしたらパパ候補の男性を遠ざけているのかもしれません。
交際クラブでの1回目のデートは少し慎重になった方がいいかもしれません。

最初は「私は、私は」ではなく、できるだけ男性の話を聞いたり、内面についての質問をして男性のことを知ることが大切ではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー