交際クラブ TOP

» 恋人のブログ記事

好みの男性が二人いたとします。
貴女だったら「すごくカッコいいけど性格が悪い男性」と「まあまあカッコ良くて性格も良い男性」どちらを選びますか?
お付き合いするとしたら、後者を選ぶ方が多いのではないでしょうか?
どんなに顔が好みの男性でも、性格が悪くて会う度に気分が悪くなってしまってはお付き合いも続きませんよね。
男性も同じ事で、性格の悪い美人よりも性格の良い普通の可愛いお嬢さんの方が好まれます。

特に交際クラブでは見た目の華やかさよりも「知的な女性」が好まれる傾向があります。
知的な会話ができる女性は、教養があり目上の男性を敬うことができるからです。

交際クラブに入会している男性は、どの方もそれなりの地位にある男性ばかりです。
せっかく高級なレストランにエスコートしても、同伴した女性が下品だったりすると男性が恥をかくことになりかねません。
有名大学に在籍している大学生や卒業生の女性は、そう言った意味で「知的な女性」ということが保証されているので人気があるようです。
つまり、華やかな「外見の美しさ」よりも、大学や専門学校できちんと勉強をしている(いた)かという「内面の美しさ」が大きな指標となります。

交際クラブにはモデルやレースクイーンなどの華やかな職業の女性がたくさん登録していますが、「普通のお嬢さん」もたくさん登録していらっしゃるのが現状です。
これまで登録した女性のなかには、交際クラブで出会った男性に「10年以上面倒をみてもらっている」という女性もいらっしゃいます。
若さが失われ容姿が少々衰えてきてもなお、魅力ある女性だということですね。
お付き合いが長くなる女性の特長のひとつに「いつも笑顔で一緒にいると楽しい」という共通点があります。

やはり男性は、多忙ななか時間を割いてまで会おうとする女性に「癒し」を求めているのではないでしょうか?
普段全力で仕事をしている分、恋人と一緒に過ごすときはリラックスしたいですよね。
一緒にいて楽しいと思われる女性になれるよう、「内面の美しさ」は常に磨いておきたいところですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

交際倶楽部の女性の中には既婚者や、恋人のいる女性もいらっしゃいます。
なぜ、特定の男性がいるにも関わらず、女性たちは男性との出会いを求めるのでしょうか?
そして、貴女も彼女たちと同じように新たな出会いを求め、交際倶楽部への入会を考えているからこそ、このホームページにたどり着いているのだと思います。
「(ステディな相手とは)別の男性との出会いが欲しい」、そんなことを周囲の人に言ったら反対されたり、心配されたりするかもしれません。中には「モラル違反」、「タブー」だと言う人もいるでしょう。
しかし、その「~はしてはいけない」、「~はダメだ」など禁止や否定する考え方はストレスになってしまいます。
自分の欲望を否定したり、自分の意見より周りの人の意見を優先したりしたとき、人はストレスを感じやすくなるのです。
それまではパートナーとの仲や恋人仲が良かったにも関わらず、新たな出会いへの欲求を自ら「我慢」することで、元々いる相手との関係性までも壊してしまうこともあるのです。
そうならないためにも、お互いのプライベートを守った、大人の男女だけが集う出会いの場を女性たちは探し、「交際倶楽部」にたどり着いたのではないでしょうか。
女性面接の際に、主婦の方が多く口にする登録理由は、「日々の生活に刺激や潤いが欲しい」、「女性としての魅力を取り戻したい」というものです。
そのように、交際倶楽部には現状に満たされない女性たちが多く登録しています。
そして、交際倶楽部の男性は社会的に地位の高い、いわゆる富裕層と呼ばれる男性ばかりのため既婚者の男性が多いのが特徴です。そのため、主婦や恋人のいる女性が「不利」ということはございません。
もちろん、男女の出会いの場は、交際倶楽部以外にもたくさん存在します。
特に、インターネットの普及とともに、出会い系サイト、ソーシャル・ネットワーキング・サービスなど、インターネット上での出会いは身近なものになりつつあります。
しかし、その反面、顔の見えない相手に、ご自身のプロフィールを明かすことは心配になることもあると思います。
その点、交際倶楽部であれば、身分のしっかりとした、VIPな男性のみが入会しておりますし、女性をご紹介する際には、女性の本名ではなく、いわゆる偽名でのご紹介も可能です。
また、出会い系ではないので、初対面前に男性との個人的なやりとりをする必要はなく、倶楽部から女性の連絡先を男性にお伝えすることも一切ございません。
男性との個人的なやりとりは、倶楽部がセッティングした男性との初めてのデートで、女性自身が「また会いたい」と思った男性にお伝えすることができ、あとはお2人で自由にお付合いを進めることができるのです。
日々の生活で、何か満たされないと感じてしまうことは誰しもあることです。
傍から見たら、充実した生活を送っているように見える女性でも、悩みはあるものです。
でも、交際倶楽部の素敵な出会いによって、貴女の心が満たされ、幸せな日々が送れるかもしれません。
是非、貴女も交際倶楽部の門を叩いてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

長期的なお付き合いをするために

| 恋愛 |

交際クラブに入会している男性は、普段から仕事でお忙しい方々ばかりです。
そのため、いざ、お付き合いをするとなった後も、様々な問題が出てくるようです。例えば、仕事で忙しいという理由で、連絡もあまりとれず、会えない日々が続いてしまう・・・ということも多いことでしょう。
そして、そんな男性に対して、「待っているだけなんて、寂しくて耐えられない」と思っている女性も、少なくはないはずです。
「どうして会ってくれないの?嫌われてしまったかしら?」とマイナスの方向へ考える女性は、ここで相手にしつこく連絡をしがちです。このような女性は交際クラブに入会している男性とのお付き合いには向いていません。
仕事で忙しいVIPな男性は、常に仕事のことで頭の中がいっぱいです。
ただでさえ、抱えているものが人より多く、神経も使っているのです。
ですから、あなたを嫌いになったり、会いたくない訳ではないと、理解しましょう。
あなたにできることは、彼がどんなに忙しくても、「少しでもいいから会いたい」と思えるような素敵な女性、すなわち「ご褒美彼女」になることです。
今回は、どうすれば、そんな「ご褒美彼女」になれるかをレクチャーさせて頂きたいと思います。

【ご褒美彼女OK/NG事項】

1.寂しさ故にデートに誘わない
女性は時間さえあれば恋人に会っていたい生き物ですが、男性側からすると、「忙しい中で、時間をつくってあげている」というように、無意識に「上から目線」で考えるようになってしまいます。
そのため、貴女に対しても、お気遣いができなくなる恐れがあります。
ですから、忙しい時期は、無理に会わないことをおすすめします。

2.重たい電話やメールはしない
忙しい彼に、電話やメールでしつこくアプローチした覚えはありませんか。
「今何しているの?」「どこにいるの?」などと内容の薄い連絡を何度もするよりも、愛のこもった連絡を1回だけすることをおすすめします。
他愛もない話をすることも大切ですが、時には彼を想って我慢をすることも必要ですね。

3.忙しい彼を含めて好きになる
彼が忙しい時は、あまり心配はせず、友人と女子会をしたり楽しいことをしながら待っていると良いかもしれません。
きっと、恋愛以外にもやることは沢山あるはずです。
自由に好きなことをしながら気長に待っていれば、彼はそんなあなたを愛おしく思い、仕事が終わったら、真っ先に会いに来てくれるでしょう。

4.笑顔を忘れない
久しぶりに会える!となった時に、彼に対して会えなかったもやもやを募らせたままでは、せっかくの楽しいデートも台無しです。
せっかく会えたのだから、とびっきりの笑顔で迎えて下さい。
彼の仕事の疲れも吹き飛び、2人の絆がより深まるはずです。

いかがでしたか。
無理はせず、自分の気持ちを大切にすることも大事ですが、時には、彼のことを待つ我慢も必要なのです。

彼がいない時間も大切にして、より輝く女性になって、忙しくても会いたいと思ってもらえるようになりましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、恋人のいない若者が多いといわれています。
20代女性の52%、30代女性の49%が「恋人がいない」という調査結果もあることから、意外にも「女盛り」と言われる年代の女性であっても独り身の方が多いのです。
そんな女性たちも、素敵な男性と恋愛をしたい、お付き合いをしたいと常に望んでおり、恋人ができない理由は、「出会いがない」からだとおっしゃる女性がほとんどなのです。
貴女がもし本気で男性との出会いを求めているのならば、自ら行動に出なければ、なかなか良い出会いは巡ってはこないでしょう。
女性は何歳になっても、女性としての魅力を失わず、輝いていれば、男性からの好感を得られます。
デートクラブでも、40代、50代の女性で美しく輝いている女性であれば、男性からのお誘いも少なくありません。
そのような女性は、なぜいつまでも輝きを保ち続けていられるのでしょうか。
女性が輝くためには、恋愛は必要不可欠な要素であり、「恋愛は最高の美容液」ともいわれています。
恋愛をしている女性と、していない女性では年齢を重ねるごとに女性としての魅力に差が表れてきてしまうことでしょう。
女性は、特定の男性とお付き合いをしたり、デートをすることで、その男性から「良い印象を持ってもらいたい」と思うものです。
そうなると、女性は自然と外見に気を使うようになり、洋服や身だしなみ、身に付けるアクセサリーや小物まで気にするようになります。
男性から少しでもよく見られたいという欲求がダイエットの励みになったり、メイクやスキンケアに気を配るようになり、女性は男性の存在によってますます綺麗になっていくのです。
そして、科学的にも女性は恋愛することにより、「恋愛ホルモン」と呼ばれる脳内のホルモン分泌が活性化されることで、女性として美しく輝くのです。
しかし、何の努力もせずに「男性との出会いがない」と嘆いているだけだと、月日だけがいたずらに過ぎていってしまいます。
自分磨きを疎かにすることで、女性としての魅力はどんどん薄れていってしまうのです。
そうならないためにも、自ら男性との出会いを求めてみてはいかがでしょうか?
デートクラブには普段の生活ではなかなか出会えないような社会的に成功された男性が入会しております。
ご職業でいいますと、会社経営者、医者、弁護士、投資家の男性などが多いです。
特に、「年上の落ち着いた男性がタイプ」という女性であれば、デートクラブでならきっと理想の男性と出会えることでしょう。
VIPな男性とお付き合いしていく中で、そんな男性と釣り合いがとれるようにと努力することで、女性としての魅力が溢れていくはずです。
女性は何歳になっても、美しく輝くことができるのです。
デートクラブや、交際クラブの存在を知らず、女性として男性に愛される幸せを忘れてしまっていた貴女も、デートクラブの門を叩くのに遅すぎるということはございません。
デートクラブに登録し、夢のようなデートをしてみませんか?
VIPな男性に愛されることで幸せな日々を送りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

デートで「気を遣う」ということ

| 恋愛 |

交際クラブに登録をする女性は、いろいろなきっかけで、面接にお越し下さいます。
「留学資金を貯めたい」、「一人暮らしが大変だからサポートしてほしい」、「欲しいものがある」など、その理由は多岐に渡ります。
では、実際にデートのお誘いが入ったら、そのようなことは「必ず」叶うのでしょうか。
答えは「No」です。
交際クラブはあくまで「自由恋愛」ができるところです。
初デートは、倶楽部がセッティング致しますが、その後、長期的なお付き合いになるかどうかは、二人のフィーリング次第でしょう。
男性は、女性のお写真やプロフィールを見て、好みの女性をお誘いします。
誘われている時点で、男性は貴方に興味があるということですが、実際にデートをした時の印象も大事にするのです。
つまり、初デートはあくまで「出会いのチャンス」が巡って来ただけであって、お付き合いに繋がるかどうかは、やはり初デートのときの女性の印象次第になってくるでしょう。
いくら好みの女性だったとしても、初デートの時に女性が浮かない表情をしていたり、話しているときに上の空だったりと会話が続かなかったら、また会いたいとは思えませんよね。
では、男性に「また会いたい!」と思っていただくには、どのようにすればよいのでしょうか。
デートのときに一番大切なのは、「相手に気を遣う」ということです。
人として気を遣う行為は、年齢・性別に関係なく、誰でもできることです。
しかし、誰にでもできることこそ、案外、気がつかなかったり、無意識に相手が失礼だと感じる言動や行動をしてしまった経験は誰にでもありますよね。
ですので、デートの時は適度の緊張感を持って、意識的に気を遣うようにしましょう。
「気を遣う」とはいっても、そんなに難しいことではありません。
まず、夜のデートでお食事をする際は、「最初の一杯」でノンアルコールを頼むのは控えた方が良いかもしれません。
登録の面接時に体質的な問題から飲めないと伝えている方は別ですが、お付き合い程度に飲めるようであれば、最初の一杯はお付き合いしてあげて下さい。
また、会話をしている時も、真顔で相槌やお話をするのではなく、ニコニコと愛想良くお話をする方が、相手もリラックスし、好印象を与えることが可能です。
男性も、女性が浮かない顔をしていたら、「体調が悪いのかな?」、「この話はつまらなかったのかな?ごめんね。」と気を遣う言葉を掛けて下さいます。
このような言葉を男性に言わせるということは、あなたが「楽しそうではない表情」を相手に見せてしまっているということです。
相手に余計な気を遣わせないように、相手の話に対してリアクションをし、自分からも会話を広げられるようにできたら良いですね。
男性は、難しい話を女性に望んでいるわけではないのです。
分からない話や難しい話だったら、「これはこういうことですか?」「分からないので、教えて下さい」と言ってみましょう。
きっと喜んで教えて下さるはずです。
また、当たり前ですが、デート中は、極力携帯には触らないようにしましょう。メールや電話をするなんてもってのほかです。
男性が仕事の用事で電話をしていたり、メールをしていたとしても、女性は自分の携帯を触らない方が良いと思います。
今お伝えしたことは、決して難しいことではございません。
お互いにフィーリングが合えば、自然と「また会いましょう」と会話に出てくることでしょう。
夢を掴むのは自分次第です。
是非、デートの際は相手を気遣って、理想の男性と長期的なお付き合いを続けて下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー