交際クラブ TOP

» 女性のブログ記事

「父性本能がくすぐられる瞬間」

| 恋愛 |

「母性本能がくすぐられる」とは、恋愛における女性心理において、よく耳にする言葉ですが、対比として「父性本能」という言葉を耳にしたことはありませんか。
当然のことながら、女性には母性本能、男性には父性本能が備わっていると言われております。
この父性本能というものが、どういうものかと言いますと、母性本能と同じく、「なんとかしてあげたい」ですとか、「守ってあげなくては!」といった意識が働くものです。
では、男性はどういったときに、父性本能がくすぐられる状態になるのでしょうか。
男性の心を掴んで離さない、父性本能がくすぐられる瞬間を厳選してみました。

1 思わず手を差し伸べたくなるような、ひたむきな姿
男性は、女性が何かにひたむきに頑張っている様を見ると、手を差し伸べたくなるそうです。
何かに一生懸命な女性って確かに魅力的ですよね。
同じように、必死に頑張っているが故に、落ち込んでいたりすると、「何かしてあげたい」と男性も助けてあげたくなるそうです。
貴女の頑張り屋さんの面を見せると、彼の心もキュンとときめくこと間違いなしです。

2 一人では生きていけなそうな、危うい一面
傍目から見ていると、危なっかしいような非力な女性っていますよね。
こんな一人で生きていけなさそうなか弱い女性を見ると、「僕が側にいてあげなくては!」という意識にかられるそうです。
危なっかしい男性に良い印象を抱く女性は、ほぼ皆無に等しいですが、女性においては好印象を抱く男性が多いようです。
これは、男性と女性の本質をよく表していると言えます。
母性本能と男性本能は基本的には似ていますが、「守ってあげたくなる存在」をいとおしいと思うのは、女性よりも男性の方が強い傾向にあると言えます。

3 妹のような甘え上手な一面
ぶりっ子、カマトトなどのあざとい女性は、同性から嫌われがちですが、男性に対しては効果的であると言えます。
そう言われてみれば、上手に甘えることができる女性は、いつの時代でもモテモテだと思いませんか。
ぶりっ子だとわかっていても、自分の前で可愛い女の子でありたいと思っているだろうという姿に、キュンとしてしまう男心こそ、父性本能そのものであるとも言えます。

4 今の自分より背伸びをしている姿
好きな人のために、美しくなろう・素敵な女性になろうと背伸びをする姿には、父性本能をよりくすぐられるそうです。
交際クラブに入会されている男性会員様は、当然、社会的ステータスもあって、自分よりも一回りも二回りも経験を積んでいる紳士ばかり。
そんな男性の隣に立っても恥ずかしくないような淑女になるために、一生懸命自分を磨こうとする女性は、男性からすると健気で愛くるしく見えるようです。

気になる異性だからこそ、愛し、愛されたいと思うのが恋愛です。
気になる男性からひたむきに愛されたら、これ以上幸せな事はないですよね。
貴女も交際クラブで、素敵な恋愛をしてみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性がもう一度会いたくなる男性とは

| デート |

デートプランを考えるのは、男性の役割とお考えの方も多いと思います。
交際クラブでのデートでも、誘うのは男性からですし、待ち合わせ場所を考えるのも男性であることがほとんどです。
女性を誘う際にどのようなデートにするかお考えになっている方もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの男性がデートそのものが決定してからデートプランをお考えだと思いますが、実際にデートが決定すると悩む男性も多いのではないでしょうか。
そこで今回は女性が喜ぶデートプランを皆様にご紹介したいと思います。

女性が交際クラブに登録する理由として、「これまで経験したことがないようなことを経験したい。」「これまで行ったことがないような場所や、自分では行けないような場所に行ってみたい。」などといった理由が挙げられます。
交際クラブを利用するようなVIPな男性には日常のことでも、普通の女性にとっては夢のような場所であることも多いものです。
例えば、会員制のお店でもお待ち合わせです。
有名な場所ですと六本木ヒルズにある「六本木ヒルズクラブ」や、有明にあります「東京ベイコート倶楽部ホテル&スパリゾート」がございます。
このような会員制のシステムをとっている場所は、特別感もありますし気持ちがグッと盛り上がります。
そんな素敵な場所でのデートに誘ってくださる男性は、女性にとって憧れの存在ではないでしょうか。
もし会員制のお店でのお待ち合わせが可能であれば、利用してみるのも女性を喜ばせるテクニックの一つだと思います。

また高層階にあるお店でのデートもお勧めです。
高層階にあるデートは、若い女性にとっては敷居が高く、「大人ではない自分が足を踏み入れる場所ではない」と考えがちです。
でも大人の男性と一緒であればその心配もありません。
女性はキラキラとしたものが好きですので、特に高層階での夜のディナーデートは心躍る時間になると思います。
東京タワーが見えるようなレストランやバー、東京の夜景を独り占めできるような場所は、ベタではありますが女性の心を掴む最短ルートになることでしょう。

交際クラブでのデートは、ほとんどがランチタイムやディナータイムといったお食事からスタートします。
どんなレストランにエスコートするかを考えるのも大変ですよね。
そんなときは、交際クラブを通してデート前に女性に希望を聞いてみてはいかがでしょうか。
モデルさんやタレントさんをはじめとする人前に出るようなお仕事の女性は、体型維持などのために食事制限をしていることもあります。
また、人によってはアレルギーなどもあります。
食事の場は楽しい時間であるべきですし、一緒に食事をすることで気心も知れてきます。
そんな素敵な時間に、どちらかが気を遣わなければならないことになるのは残念ですよね。
そうならないために、女性の好みやアレルギーなどを確認しておき、デートプランを決める参考にするのも良いですね。

交際クラブでのセッティングは初回のデートのみですので、上手に活用して素敵な出会いにしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「風と共に去りぬ」に学ぶ女性としての魅力

| 恋愛 |

『風と共に去りぬ』という映画をご存知でしょうか。
1935年に製作されたアメリカの映画ですが、戦前に海外での上映を見た日本人が、「こんな映画を作る国と戦争をして、勝てるわけがない」と絶望したほどの不朽の名作です。

この映画には二人の対照的な女性が登場します。
主人公のスカーレットは、天真爛漫だが高飛車な物言いの目立つ、動的な美しさが目を引く、行動力あふれる勇敢な女性。
対するメラニーは、思いやりがあって、おしとやかで優しい、聖母マリアもかくやという母性溢れる優しい女性です。
もし、2人から同時に愛されたら、どちらを選ぶか。
なんて討論をした殿方も、過去何人もいらっしゃることでしょう。
ですが、現実では、メラニーを選ぶ方が多いのではないでしょうか。
作中でも、スカーレットが猛烈にアタックをしていたアシュレーという男性も、メラニーと結婚してしまいます。
加えて、スカーレットが高慢な女王様気質の性格であるにもかかわらず「高嶺の花」として男性からモテモテなのは、圧倒的な美人だから成り立つ話であるとも言えます。

この映画は、南北戦争終戦間際と終戦後のアメリカが舞台になっています。
登場人物の衣服や暮らしは、黒人奴隷を使役していることを除けば、ヨーロッパ貴族そのもの。
紳士や淑女であることを強制され、男性は女性に対してレディとして敬意をもって接しますが、それぞれ女性にも知性があるのだということを知りません。
『夫ありきの妻』なので、女性は男性にかしずき、ただただ愛らしく、しかし子供は沢山生むことを求められますので、未婚女性は軽蔑されます。
作中、夫に代わって事業を切り盛りし、一家を支えるスカーレットは、強く非難されています。
ですが、性別に関係なく、自分の才能をいかんなく発揮し、時としては自身の美貌すらも利用して、故郷と家族を守り続けた彼女は、ある意味女性の象徴のようなメラニーにない魅力に溢れています。
ある意味、現代を生きるキャリアウーマンの先駆けのような存在といえます。

しかし、女性として生きるからには、時としては、メラニーのように愛をもって優しく接することが求められる場面もあります。
女性は、愛されることによって美しくなります。
故に、「どうすれば愛されるのか」という問題は、永遠のテーマであるといえます。
ですが、女性に生まれたからには一生愛されながら生きるべきではないでしょうか。
私たち女性は、愛でられるために生まれてきたのですから。
そんな女性としての生き方を、スカーレットとメラニーから学んでみると良いかもしれません。
当銀座クリスタル倶楽部には、医師や会社経営者をはじめ、成功を収めている男性会員様が多く在籍しております。
本物の紳士とデートをすることによって、貴女の女性としての品格も上がること間違いなしです!

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、恋人のいない若者が多いといわれています。
20代女性の52%、30代女性の49%が「恋人がいない」という調査結果もあることから、意外にも「女盛り」と言われる年代の女性であっても独り身の方が多いのです。
そんな女性たちも、素敵な男性と恋愛をしたい、お付き合いをしたいと常に望んでおり、恋人ができない理由は、「出会いがない」からだとおっしゃる女性がほとんどなのです。
貴女がもし本気で男性との出会いを求めているのならば、自ら行動に出なければ、なかなか良い出会いは巡ってはこないでしょう。
女性は何歳になっても、女性としての魅力を失わず、輝いていれば、男性からの好感を得られます。
デートクラブでも、40代、50代の女性で美しく輝いている女性であれば、男性からのお誘いも少なくありません。
そのような女性は、なぜいつまでも輝きを保ち続けていられるのでしょうか。
女性が輝くためには、恋愛は必要不可欠な要素であり、「恋愛は最高の美容液」ともいわれています。
恋愛をしている女性と、していない女性では年齢を重ねるごとに女性としての魅力に差が表れてきてしまうことでしょう。
女性は、特定の男性とお付き合いをしたり、デートをすることで、その男性から「良い印象を持ってもらいたい」と思うものです。
そうなると、女性は自然と外見に気を使うようになり、洋服や身だしなみ、身に付けるアクセサリーや小物まで気にするようになります。
男性から少しでもよく見られたいという欲求がダイエットの励みになったり、メイクやスキンケアに気を配るようになり、女性は男性の存在によってますます綺麗になっていくのです。
そして、科学的にも女性は恋愛することにより、「恋愛ホルモン」と呼ばれる脳内のホルモン分泌が活性化されることで、女性として美しく輝くのです。
しかし、何の努力もせずに「男性との出会いがない」と嘆いているだけだと、月日だけがいたずらに過ぎていってしまいます。
自分磨きを疎かにすることで、女性としての魅力はどんどん薄れていってしまうのです。
そうならないためにも、自ら男性との出会いを求めてみてはいかがでしょうか?
デートクラブには普段の生活ではなかなか出会えないような社会的に成功された男性が入会しております。
ご職業でいいますと、会社経営者、医者、弁護士、投資家の男性などが多いです。
特に、「年上の落ち着いた男性がタイプ」という女性であれば、デートクラブでならきっと理想の男性と出会えることでしょう。
VIPな男性とお付き合いしていく中で、そんな男性と釣り合いがとれるようにと努力することで、女性としての魅力が溢れていくはずです。
女性は何歳になっても、美しく輝くことができるのです。
デートクラブや、交際クラブの存在を知らず、女性として男性に愛される幸せを忘れてしまっていた貴女も、デートクラブの門を叩くのに遅すぎるということはございません。
デートクラブに登録し、夢のようなデートをしてみませんか?
VIPな男性に愛されることで幸せな日々を送りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

男性と女性の恋愛の違いを知りましょう

| 恋愛 |

女性のみなさんは、恋人や異性の友人と「恋愛」についてお話ししたことがありますよね。
そのとき、「どうしてそのような発想をするのだろう・・・」、「どうして私の気持ちを理解してくれないのかな。」と悩むことがあると思います。
それは、交際クラブで出逢える年齢の離れたセレブな男性がお相手でもありえることだと思います。
女性は男性に対して、「こうしてくれたらな。」、「ああしてくれたらな。」と望みがちです。
でも残念ながら、その希望が実現することが多くはないことをご存知でしょうか。
それは男女の恋愛についての価値観が違うからかもしれません。
少しでも多く男性の恋愛観を理解していれば、お相手との意見の相違による無駄な喧嘩を防げるかもしれませんね。
価値観の違いとして、まず一つ目は、男性は女性と違い自分の感情を表現することを好まない傾向にあります。
女性はお相手の男性が、自分のことを好きなのか、嫌いなのかはっきり答えてほしいと感じる方が多いと思います。
だからこそ、女性は自分の気持ちを男性にはっきり伝える傾向にあります。
反対に男性は、女性のことが好きでも直接的に感情をぶつけることを苦手と感じる方が多くいるようです。
男性は好意も含め、怒りや不満、不安を直接的に発散することが苦手なようです。
だからこそ女性が感情的に自分の気持ちをぶつけると、「面倒だな。
」と感じて話し合いの場を設けず、結果、避けてしまうようです。
女性は気持ちが昂ると感情論になりがちで、プラスの話し合いができないと男性は感じています。
男性が自分を避けているような気がしたり、気持ちが分からなくなってしまった時は、自分の感情をぶつけず、そっとしておくことが一番良い方法かもしれませんね。
二つ目は、男性の理想的な恋愛は、「たまに繋がっていれば良い」という点の恋愛です。
男性は、お付き合いに至るまでは、目当ての女性の気持ちを射止めるために、行動を起こしますが、女性の気持ちが自分に向くと、頑張る気持ちが失せてしまうようです。
交際倶楽部で出逢った男性が、「最初のころは、連絡もマメでデートでも気を遣ってくれたのに、時間が経ってあまり情熱を感じられなくなってしまった。」という経験はありませんか。
それは、男性の貴女への気持ちがなくなったと一概にいえるものではないのです。
男性は「気持ちが通じ合っていれば、何度も確認をしなくても大丈夫だろう。」と考えて、恋愛そのものを優先することがなくなってしまいます。
なぜなら、男性には仕事があり、いつまでも女性のことを考えてはいられないからです。
連絡の回数が減ったからといって、貴女への気持ちがなくなったと悲観的に考えないようにしましょう。
三つ目は、男性の恋愛観とは減点方式であるということ。
男性とはテンションがMAX(100%)の状態から、下がっていくものです。
基本的に男性がハンター気質なので、最初はMAXのテンションで狙った女性を落としにかかります。
でも女性が自分の手の中に入ってしまうと、気持ちが落ち着くと同時にテンションも下がっていってしまいます。
そうならないためには、100%手に入ったと安心させないようにしてみてはいかがでしょうか。
彼中心の生活にして、全てに応えるというようにしないようにした方が良いかもしれません。
女性は好意を持った男性を知るほど、テンションが上がっていくことが多いものです。
長くお付き合いを続けると、男性と気持ちが反比例してしまうかもしれません。
その時、嘆くのではなく、男性の恋愛が減点方式であるということを念頭においておけば、あわてることなく自分のペースでお付き合いを続けることができますね。
皆さんも交際クラブで出逢った男性と、気持ちのすれ違いを感じていることもあるでしょう。
「どうして?」、「なんで?」と悩むよりも、男性と女性は違うということを理解しておけば、男性の行動や思考を推察できるかもしれません。
ぜひ、理想的なお付き合いを続けていく為に、男性の気持ちに自分を沿わせてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー