交際クラブ TOP

» 交際クラブのブログ記事

交際クラブと婚活の違い

| デート, 恋愛 |

現代の社会において出会いのパターンは様々です。
周りの異性を好きになったり、人から紹介してもらい、交際に発展したり、現在はSNSで出会いを求めるパターンも増えてきましたよね。
出会いの形は多様化していて、種類も様々ありますが、交際クラブと婚活での出会いは何が違うのでしょうか。

交際クラブと婚活の違い-1

昨今、婚活サイトは様々ございますが、質が本当にピンキリなことが多いでしょう。
本気で婚活している人が多い所、出会い系と婚活が混ざったような所、本当に出会い系のような場所までばらつきがあります。
冷やかし、もしくは結婚詐欺目当てなどで登録しているような悪質なケースもあるので、身分証チェックを必須にしている、きちんとしたところで登録したほうが良いでしょう。
ただし、何度もメールをしたりして信頼を深めたうえで実際に会うような運びになるので、どんな人柄か知ってから、もしくは、自分とフィーリングが合いそうな人と実際会ってから考えようかな。という慎重派の人には意外と向いていると思います。
また、本気で結婚を希望しているような人は、写真でしか分からないようなアプリより、直接本人にお会いできるような結婚相談所などでの出会いが向いているでしょう。

交際クラブと婚活の違い-2

もう一方で、交際クラブとはどういう場所でしょうか。
交際クラブもしくはデートクラブ、一般的には『パパ活』のイメージを持たれる方が多いですが、実際のところ何をしているところなんだろう?どういうところなんだろう?と疑問を持つ方も多いかもしれません。
交際クラブやデートクラブは、結婚を絶対の条件として掲げている前者とはまったくカラーが違い、大人の自由恋愛を楽しむための場です。
ですが、会員になる方は、男女双方にきちんと身分確認や面接がありますので、安心してデートをしていただくことが出来ます。
面接に関しても一時間以上かけて、しっかり女性の性格や振る舞いなどを見極めてしっかりと管理しているところがほとんどです。
交際クラブも色々カラーがあり、医者や弁護士の男性のみご入会いただいている場所や、社長様しかご入会されていない場所など様々あります。
また、スタッフのフォロー体制としても、相手の男性とのデートの不安点や、些細な質問なども責任をもって対処してくれます。
安心安全にゴージャスで夢のようなデートをしてみたい方や、夢の為にひたむきに頑張っているような方でしたら向いているでしょう。

今は、幅広くいろんな場所や方法で遠くの人や、普段出会えないような職業の男性とも気軽に会える時代ですが、自分には何が向いているのか、自分の目的に沿った出会いの場で素敵な出会いを見つけてみましょう。


男性が本当に求めているもの

| 恋愛 |

交際クラブに刺激を求めて入会されたお客様は、女性とどういった関係になるのが理想でしょうか。面談の時によくお聞きするのは、「性格の良い女性と出会いたい」「刺激も良いけど、やっぱり相性のいい女性と出会いたいんです。」と言われます。
ひと時の快楽を求めての動機だったりもありますが、決してお安くはない入会金などをお支払いして入会されている会員様は一夜だけの出会いよりも長く付き合える彼女的な存在を探している印象があります。

男性が本当に求めているもの-1

なぜ結婚して可愛いお子さんもいらっしゃる男性の皆様がそのような、ある意味、危険も伴う行動を取られてしまうのか…。
それは、やはり人間というものがどこまで行っても孤独を抱えている生き物だからだと思います。
社会で成功して軌道に乗り、家庭を順調に築いていく中でも完全に満足できず、満たされたと思っても、次第にその充足感に慣れていき、何かが足りないと感じだす。足りない気持ちが虚しさを生み出して、満たされる何かを探し出す。そして、なにかをしていないと早く老いてしまう気がする。
男性は自分の老いを許せない生き物です。
残酷なことに老いと孤独はワンセットでやってくるものです。

人は老いていくほど自分に自信がなくなります。朝起きたときの目覚めの良さ、一日中動き回っても翌日には回復していた体力、無限に湧く意欲。
時間というのは、私たちの中に本来あったそういったものを冷酷に奪っていきます。
若いときはすべてが思い通りになるほど周りが期待を寄せてくれていたけれど、時が過ぎるにつれて、自分にあった注目は若い人に向けられます。
そして大人と称される年を迎えて、社会に出て家庭をもち、同じ日々を繰り返す中で新しい出来事や経験をすることが否応でも少なくなっていく。
聞いただけでも楽しいとは言えないものですよね。

男性が本当に求めているもの-2

戦うことが本能である男性からすると、そうして自分の人生がただ終わっていくことは耐えがたいことなのです。
そうした、どうしようもないものと戦っていくために男性は外に出会いを求めて刺激を補充し、抗えない老いや迫りくる孤独と戦っているのかもしれません。
ちなみに最初にお伝えしました通り、刺激を貰える女性なら誰でもいいと思っているわけではないようです。
男性にとって、どんなに刺激的なものでも中身が伴わない関係や時間に意味はありません。

冒頭でも申し上げました通り、男性会員様は自分とフィーリングの合う性格のいい女性と出会いたいのです。
若かりし頃の青春を彷彿とさせるような、心が強く惹かれる女性と出会い恋を求めています。たとえ疑似的な恋愛だとしても、それが男性にとって老いや孤独を忘れさせてくれる特効薬になるのです。
女性の皆様は男性の心が分からずに不安になることもあるかと思います。
ですが、定期的に会っている男性でしたら決して貴女を軽んじているわけではありません。パパ活で出会っている男女は健全とは言い難い関係かもしれません。それでも、その関係で得られているものがあるのなら、お互いにその時を大切にして楽しく過ごして、後に良い思い出として懐かしむことができるようにするのがいいのかもしれませんね。


お誘いが入りやすい「系統」について

| デート, 恋愛 |

面接の際に、女性からよく「どうしたらお誘いが入りますか」と質問されることがあります。

まず、交際クラブではお誘いが入りやすい女性とそうでない女性の「系統」がはっきりしている気がします。
お誘いが入りやすい系統の方には「今のままで十分素敵なので、そのままでデートに行ってくださいね」とお答えします。

お誘いが入りやすい「系統」について-1

では、お誘いが入りやすい、入りにくい「系統」とはどのような方を指すのでしょうか。

お誘いが入りやすい「系統」は、清楚なファッション、ナチュラルメイク、上品な雰囲気のような方です。
「女子アナ」をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。

反対にお誘いが入りにくい「系統」は、髪の毛が極端に明るい方や奇抜な方(金髪やハイトーンカラー、毛先がピンクやブルーのグラデーションカラーなど)は残念ながら交際クラブに入会されている男性からはあまり需要がありません。
カラフルなメッシュ等もあまり好まれない傾向にありますので、もし登録を検討している方は面接の時点で写真撮影を行いますので、髪色を落ち着いた色に染めておくと、よりお誘いが入りやすくなると思います。

また、服装についてですが、奇抜でお洒落すぎるファッション(原宿系や古着系、ゴスロリ、パンクファッションなど)についてもあまり好まれる系統ではないので、避けた方がよさそうです。

面接時にはスタジオで写真撮影を行います。
もし、ご自身の好きなファッションが男性に好まれないものでしたら、いつもの自分とは違った雰囲気のお洋服を用意して写真を撮ることもお勧めです。
ここで注意していただきたいのは、実際のデートも写真撮影と同じ雰囲気を演出してほしいということです。
また撮影の時は濃いめでも問題ありませんが、デートのときはメイクも普段よりナチュラルを意識し、濃いチークや真っ赤なリップなどは避けると無難です。

お誘いが入りやすい「系統」について-2

交際クラブの会員様は清楚な雰囲気の女性を好む傾向が強いように感じます。
普段の自分はこんなファッションや髪型、メイクじゃないのにな。。。と思う女性もいるかもしれません。
しかし、普段の自分をさらけ出すことが必ずしも交際クラブにおいてメリットかというとそうではないのです。
紹介した後、お誘いが入らないと分かってから変えるよりは、面接からナチュラルで清楚な自分を演じる方が良いと思いませんか?
面接、そして写真撮影から良い方と出会うチャンスは始まっているのです。
まずはナチュラルなメイク、無難な髪型、清楚なファッションに身を包んでみましょう。


長く愛される魅力的な大人の女性とは

| デート, 恋愛 |

交際クラブに登録している女性の年齢層は、18才~40代と幅広い印象があります。
その中でも「成熟した大人」と思われる年齢は30才以上と男性から聞くことが多いです。
そしてVIPな男性の中には20代の若い女性と会うよりも、大人の良い女に会いたいという方が一定層いらっしゃいます。
それでは、VIPな男性が好む大人の良い女とはどんな人を指すのでしょうか。

長く愛される魅力的な大人の女性とは-1

子供っぽい女性は自分の話ばかりしてしまったり、まず自分が楽しんでしまう傾向にあります。
大人の良い女は、自分のことばかり話したりせずに相手の話を引き出したり、相手が話しやすい話題を提供します。
世の中には傾聴という言葉があります。これは相手の話に丁寧に耳を傾けることを指しますが、人の話を聞く時は本当にこのスキルが必要です。
そして、ただ聞くだけではなく理解をして自分の言葉で話すことも必要です。
また、よく会話を円滑にするための方法でオウム返しで相槌を打つということが紹介されますが、ただただ相手の言葉を真似て返すだけでは、何も考えていないなと見抜かれて馬鹿にされてしまう可能性があります。
先に申し上げた通り、相手の話を理解しつつ一言足したり、自分の言葉や質問を交えながら返すのが、オウム返しの正しい使い方だと思います。

もし、相手の話していることが理解できなくても、質問はできるでしょう。
馬鹿にされてしまうからと言って知ったかぶりをしてしまうと、その見栄は貴女の首を絞めてしまいかねません。基本的に知らないことは知らないでいいと思います。
ただ、常識的なことや世間一般的な話題はできるように、日ごろから時事ネタには目を通すようにしていたほうがいいですね。
大人の良い女はその辺りの用意が抜かりないところもポイントです。
VIPな男性が食いつきそうな話題などを敢えて選んで勉強している場合もあるでしょう。こういった努力は相手に楽しませてもらうだけでなく、自分も相手を楽しませようとする心があってできることです。
この精神が大人の良い女の極みともいえるかもしれません。

長く愛される魅力的な大人の女性とは-2

人格が出来ている良い女は、自分だけが満足する関係を求めていません。あくまで一緒に成長できる、刺激を受ける関係を築きたいと願います。相手に尽くしてもらうだけでなく、自分が何を返せるかを考える、ギブアンドテイクの精神がしっかりあるのです。
そういった精神を持つ良い女は、その他大勢の「してほしい」と求めるばかりの女性よりも希少価値があるため男性から重宝されることが多いです。重宝されるということは長く大切にされるということです。
そもそも、パパ活や交際クラブに登録する女性は「長く大切にされて女として充実した人生を送りたい」と希望を抱いて来ていることが多いです。
ということは、愛される女でいるように自分を磨いていかないといけません。若いだけの魅力では長期的に愛されるというのは難しいです。
また、外見が整っているから愛されるかというと、それだけでは使い捨てのオモチャのように「次」が来たら乗り換えられる傾向にあります。
何か一つの魅力だけでは人は飽きてしまうのです。「パパ」が欲しくて活動する女性には、最早、外見を磨くことは必須なのです。
そして外見とプラスして魅力的な要素を持つ。これがとても重要です。
何より大人と評される年齢に向かっていくほどに中身の是非は問われます。

もし、男性の気持ちを考えずに自分の欲望だけを満たしたいとお考えでしたら、今一度、それがより良い関係を築くスタイルなのか、見直したほうが良いかもしれません。


服装で性格が変わる?

| デート, 恋愛 |

皆さんは「勝負服」をお持ちですか?
お気に入りのワンピースだったり、普段は着ない淡い色合いの可憐に見える服装だったり、かっこよく決まるパンツルックだったり… 誰しも1着くらい勝負服があるかと思います。
服装一つでやる気が出たり、背筋がすっと伸びたりして気持ちが切り替わるという経験はないでしょうか?

交際クラブでの服装選びはとても重要です。 何故なら交際クラブでのデートはある意味本当の「勝負」だからです。

皆さんが交際クラブを選んだ理由はもちろん十人十色ですが、どの方も「登録したのだから1度はお誘いを受けてデートしたい」という気持ちがあると思います。 その上、相手の男性があなたの理想のパパさんだったら? あなたの夢を全て叶えてくれるパパさんだったら? そんなチャンスを皆さんにきちんとつかんでいただきたいので、服装の重要性についてお話ししたいと思います。

服はその人のやる気を出させるバロメーターになっています。
男性だったら、どんなに仕事に行きたくなくてもスーツを着たら気が引き締まるとか、ネクタイを締めたら仕事モードになるとか、女性ならメイクをしたら気持ちが切り替わるとか、お気に入りのお洋服を着た時に心がときめいたりします。

それは必ずしも「ブランド物を身に着ける」ということではありません。 もちろん、少し背伸びしたものを身に着けると堂々とした立ち振る舞いになることは確かです。
それが難しい女性も多くいらっしゃると思いますが、お気に入りのお洋服に袖を通すだけでも気持ちがシャキッとして「今日はがんばろう!」という気持ちになったりしますよね。 そういった意味では、人の人格さえも変えてしまう可能性が服にはあるのです。
ですから、適当にそこら辺にあった服を着るということは毎日に刺激がなくなってしまい、だらけてしまったり、やる気を失う結果になったりします。

新しい服に袖を通した瞬間って心がトキめいたりしませんか? 一目ぼれで買ったお洋服を着られるデートって楽しみが倍になったりしますよね 。
無理して全身新品のお洋服を揃える必要はないのです。
デートの際は、ひとつだけでも、いつもと違う小物や新しいものを取り入れてみてください。
きっとトキメキが表情にも表れ、楽しい気持ちになると思います。
デートの時は特に、楽しい気持ちでデートに向かっていただきたき、勝負であることを忘れずに自己演出していただきたいと思います。
そして素敵な交際クラブライフを送ってくださいね。


2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー