交際クラブ TOP

» 交際のブログ記事

デートクラブとの上手な付き合い方

| 恋愛 |

登録女性の中には、デートクラブのことを「仕事」と勘違いして面接にお越しになる方がいらっしゃいます。
正直に申し上げますと、デートクラブはお仕事ではありません。
そのため、「仕事」をしていない方が、「仕事」として登録をしようとお考えの場合は、なかなか難しいかもしれません。

デートクラブの入会を検討している女性は恐らく何らかの仕事に就いている女性や学生さんがほとんどだと思います。
OLさんや、フリーターの方、パートタイマーの主婦など、「働いてばかりでは辛いな」、「もっと条件のよい仕事はないかしら」と仕事をしている中で、物思いにふけることもあるのではないでしょうか?
学生さんの場合は、一人暮らしの学費や生活費の工面をするために、朝から晩までアルバイトをしたりと、本来するべきである学業に専念できず、お金持ちの友人を羨んだりすることもあるでしょう。
20代前後の若い女性は自由な時間が多いのに、遊ぶお金がないという方も少なくないため、生活に切羽詰まっていっぱいいっぱいになっている方もいるかもしれません。

そんな中で、「なんとかこの生活を抜け出したい」とインターネットでいろいろな情報を集め、交際クラブの存在を知った方や、お金に余裕のある良い友人から、交際クラブの存在を聞き、半信半疑になりながらもインターネットで調べてみる女性もいると聞きます。
ネット上で広がっている口コミや体験談を見ると、夢のような世界が広がっていることを知り、さぞ羨ましく思うことでしょう。
それと同時に、登録する前から、(登録したら)「○○の服が欲しいな」、「学費を払ってもらいたいな」、「○○のバッグが欲しいな」などと、男性と出会う前から「登録したら良い思いができる」と妄想することでしょう。
どんどん欲が出てくるのは、人間の性ですから仕方がありません。

しかし、ここで注意して頂きたいのが、必ずしも自分が望むような男性との出会いが訪れるわけではないということです。
自分の希望と男性が望んでいるものが必ずしも合致するものでもありません。
まず、男性から貴女が誘われるかどうかもわからないのです。

そんな中で、あまり大きな夢や希望を持つよりも、「素敵な方と出会いがあったらいいな」くらいの軽い気持ちで登録することをおすすめします。
仕事を辞め、「デートクラブ1本で生活していく」という意気込みで登録してしまうと、なかなかお誘いが入らないというときに、焦ってしまい、「こんなはずじゃなかった」、「ネットには良いことしか書いていないのに」と負のループに陥り、そうなると怒りや悲しみなどの感情しか沸いてきません。
あくまで、デートクラブは「出会いの場」です。

出会いとは、「縁」でできているものですから、お誘いが入るまでゆっくり待っていただくことも大事なのです。
その間に自分磨きをするのも良いでしょう。
デートクラブに全てをかける思いを持ちすぎると、期待はずれな結果になるかもしれません。
お誘いが入り日程が合えば受ける、合わなければ受けない、と上手にクラブを利用するのが、デートクラブでの上手な付き合い方なのではないのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

年上男性の魅力

| 恋愛 |

恋愛において、恋愛対象になる年齢の幅は、女性によって違いがあります。

お若い女性であればもしかすると、幅広く許容範囲を設けていないかもしれません。

でも、20代や30代になり世の中のさまざまなことがみえてきたり、理解できるようになると、自然と年上男性に興味が出てくるようです。

交際クラブは、まさにそんな出会いを求めている女性にはピッタリの場所です。

男性の年齢がお若い方で30代、また40代~70代、人生の経験豊富な80代の方まで、たくさんの年代の男性と出逢うきっかけとなります。

近年は美魔女と称されるようなエイジレスな中年女性も多いですが、男性も年齢でひとくくりにできなくなっています。

アンチエイジングという言葉をよく耳にするようになりましたが、容姿や肉体の美しさ、若さを求めるのは女性と同じく男性にも浸透してきました。

ネイルやエステも女性だけの特権ではなくなってきた時代です。

そんな時代を生きる男性は、年が上であっても「おじさん」と呼ぶような存在ではなくなり始めています。

年齢を聞いてあっと驚く男性が今や世の中にたくさんいます。

仕事だけではなく人生を謳歌している、経験豊富で経済的にも豊かな男性は、交際クラブに入会し、さらに人生を輝かせようとしています。

最近はそんな男性に魅力を感じる女性たちがたくさんいらっしゃって、交際を愉しんでいるのです。

年配とひと言であらわせばマイナスな印象かもしれませんが、その分若い男性にはない余裕が感じられます。

年上男性の魅力の一つとして、経済的な余裕も理由のひとつです。

また、経済的余裕が精神の余裕に裏付けされることも多くあります。

でも交際クラブで出会える男性とのお付き合いでは、リッチな男性であることだけが醍醐味ではありません。

豊かな経験を持つ男性会員様は、心が広く若い女性の全てを包み込む温かさをお持ちです。

それは、自分だけのことを考えず、相手のこと、そして周囲の状況を見る広い視野を持っているからなのです。

若い人は男女に限らず、何か問題が起こったとき、最初から最後まで自分のことだけを考えてしまいがちです。

そして「後悔先に立たず」で、のちになって後悔するのです。

反対に年齢を重ねた男性は、心配事など全てにおいて、焦らず急がず最善の方法を取ろうと考えます。

若い頃のような後先を考えない一途さの代わりに、冷静沈着であることを大切にします。

これは一見遠回りのようではありますが、落ち着いてことを運ぶという、最も良い方法です。

年上の男性は、何事にも動じず、余裕の表情で女性を見守ってくれるのではないでしょうか。

年上の男性に憧れながらも、交際クラブへの登録に戸惑いを持っている貴女、是非、ほんの少しの勇気と行動力で足を運び、中年男性の魅力に酔いしれてみませんか。

自分の知らない世界を知る楽しみは、自分だけで探すのではなく、誰かの力を借りるともっと楽しいはずですよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

交際クラブにご入会頂いているVIPな男性の皆様は、スマートで気配り上手な方ばかりです。そうはいってもデートのときはやはり緊張してしまうと感じる女性が少なくありません。
そんな中で、ご本人さえ気づかないような、その方の「良いところ」を探せる女性は、男女問わず誰からも愛されるようです。
気が強いのは良くておっとりしているのは悪い、もしくは“気が強いのは悪くておっとりしているのは良いといったように、どちらか一方が良くて一方が悪いと考えないことが大切なようです。『気の強さ』は『積極的な性格』とも考えられますし、おっとりした性格は、人間関係にゆとりをもたらすことができるので、それぞれに良い部分があるからです。
一人ひとりが持っている「良いところ」を更に伸ばすことができる女性は、お相手の方に「この女性は僕の真の理解者だ」と感じていただけるようです。それは、お相手の方に、これまで以上に“自信”や“勇気”を持っていただけることにもつながるかもしれません。
高級交際クラブに限らず、人が人とのつながりを求めるのは、「誰かに自分を理解してもらいたい」という思いが根底にあるそうです。だからこそ、人の「良いところ」を探すことが上手な女性は誰からも愛されるのです。
また、人を必ず幸せな気持ちにさせる“マジック・ワード”がございます。それは、「ありがとうございます」の感謝の気持ちの一言です。
人を幸せな気持ちにさせることができる女性は、やはり人から愛されます。「ありがとうございます」の一言は、あらゆる人間関係を円滑にするためにも必要な言葉なのです。
例えば、親しい間柄に限らず、高級デートクラブで出会った初対面の男性や、お店の店員さんに対しても笑顔で「ありがとうございます」が言える女性は、人を温かい気持ちにしてくれるようです。
こうして意識してみると、意外と「ありがとうございます」を言う機会は多いかもしれませんね。普段はそのことを忘れがちですが、感謝の気持ちを積極的に口にして、周囲の人も自分自身も幸せな気持ちでいっぱいにしてみてはいかがでしょうか。
是非、デートクラブで出会った男性とのデートの際に、参考にしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

交際クラブでのデートだけではありませんが、素敵なデートはその後のメールまでがワンセットです。
デートクラブの男性会員様は社会的にステータスのある方が多いので、自然と女性のマナーや常識も見ていらっしゃいます。
高級デートクラブで知り合った男性との、今日のデートは楽しかったですとの気持ちを、メールにのせて是非お伝えしてみましょう。

・具体的に褒めましょう。
「ありがとうございます。」や「楽しかったです。」と書くだけでは、男性の心には刺さりません。どんなところが良かったのかを具体的に書きましょう。例えば、食事をするお店を決めてくださったのなら「予約してくれてありがとうございます、すごく素敵なお店でしたね。」「オシャレなお店を知っているのですね。」などと、さりげなく褒めた一言を入れましょう。褒められて悪い気のする男性はいませんよね。 高級デートクラブの男性会員様も女性に満足してもらえたかは気になるはずです。男性のデートプランを肯定することは非常に大切です。

・好意を持っていることをさりげなく伝えましょう。
あまりにも積極的すぎるメールは引かれてしまいますが、「僕のこと好きなのかな」と思わせるような一言を入れましょう。「今日のデートがすごく楽しかったから、明日からの仕事も頑張れそう」などとさりげなく。

・次を予感させる一言を入れましょう。
「また、ご一緒したいです。」とシンプルな一言でもいいですし、「あの新作映画、私も観たいと思っていたから、ご一緒できたらうれしいです。」など。
その日の会話で出てきた話題を入れつつ、次に繋げるような一言を入れれば、「デートが楽しかった」ということも伝わるのではないでしょうか。
初デートだけで終わらないように、次のデートまでに間が開いてしまわないためにも、必ず入れておいた方が良い一言でしょう。

高級デートクラブで、素敵なデートを楽しむために、そして自ら素敵な女性へと一歩階段をのぼるために、心にとめておいてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の皆さんは交際クラブでの初めてのデートが決まると直前まで、期待と不安が入り混じり落ち着かないものですよね。ワクワクしたりドキドキしたりしながら当日は何を着ていこうかしらなどと考えると、頭がいっぱいになることでしょう。

そして、いざデートが終わると、その素敵な男性と「今度は、いつお会いできるのかしら?」と思ってしまうかも知れませんね。

でも楽しかった交際クラブでの初デートのはずなのになぜかいつも2度目のお誘いがない。そんな女性もいるでしょう。
そんな女性にありがちな、何度か会ってからなら許されても初デートでは絶対にダメな行動を考えてみました。

過去の恋愛の話をしてしまう。
根が真面目な女性に多いのが、自分がどんな人間かを知った上で男性に好きになってほしいとの願いです。そのあまり、初デートから過去の恋愛を語ってしまうという過ちを犯してしまいがちなものです。不幸な恋愛話や、元彼への未練など、率直に話すことが誠意だと勘違いしてしまうパターンです。これは初デートで話す必要はありません。実は過去の恋愛については一生話さなくてもいいのです。何でも話すのが正しいという考えは、この際捨てましょう。

質問攻めにしてしまう。
男性は自分のことを理解してくれる女性を好きなのは事実です。ですから女性に質問されるのが好きだとの説もありますが、それは純粋な興味を持って質問されているのがわかる場合だけです。話を弾ませたい目的や利害関係のために男性を質問攻めにするのはよくありません。特に初デートでは基本データのような質問をたくさんすればするほど「自分とこの女性は親しくないのだ」と男性に実感させて壁を作る原因になってしまいます。しっかり話を膨らませる自信がない限り、無理に質問ばかりしない方が無難です。

聞き役にまわり過ぎてしまう。
聞き上手な女性は実際にモテますが、本来聞き上手ではないのに聞き役にまわりすぎるのはやめましょう。聞き上手らしいリアクションを心がけるあまりに、男性の話の内容には上の空になり、かえって話がつまらなくなることもあります。デートクラブでのデートでは心のこもっていない上辺だけの相槌はやめましょう。

お別れした直後に友達申請をしてしまう。
初デート後に何を思うのか、Facebookなどの友達申請をしてしまう女性がたまにいますが絶対にやめましょう。デートが楽しくて、これからも男性と仲良くしたいと思ったとしてもダメです。外堀から埋めようとしている印象が強すぎて怖がられます。
本当に仲良くなったとしてもFacebookで恋人とつながっていても特に良いことはありません。知らない方が良いことも、知る必要がないこともあるものです。何度かデートをして、男性からSNSでもつながろうと言ってきた場合はともかく、交際クラブでの初デート後に送るのは可愛いお礼のメールだけにしておきたいものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー