交際クラブ TOP

» セレブのブログ記事

人見知りと恋愛

| 恋愛 |

交際クラブでのデートは、「はじめまして」からスタートします。
初めてお会いする方とのデートは、やはり緊張してしまうものです。
そんな時、失敗を回避するために、ついつい「私、人見知りなんです…」と言ってしまったことがありませんか?
それは、とても勿体ないことなのです。

人見知りと言いたくなる方の心理としては、「話すのが苦手なだけだから、そちらから話かけてくれたらうれしいな」と言った考えが働いていることでしょう。
「面白いことが言えないつまんない奴」と思われることが、一番いやなことですから、「人見知り」を名乗ることによって、自分を守るための予防線を張っていると言えます。
しかし、言われた方からすると、「これって自分としゃべりたくないって意味なのかな?」と思ってしまいます。
そうでなくても、「こっちに全部丸投げするの?」と取られかねません。
ありがちなのが、「仲良くなれたら大丈夫なんですけどね」といった発言です。
一般的に考えて、知り合ってまだ日の浅い関係の方と、いきなり親しく話すということは、誰にでも出来るものではありません。
ですが、ここで「仲良くなったら」と言ってしまうと、「貴方とはまだ親しい間柄ではない」と伝えているようなものです。
嫌われたくないと思うあまり、自分から接することを放置してしまっては、元も子もありません。

先回りをしてバリアーを張るよりは、「貴方と仲良くなりたいです」といった気持ちを、全面に出すことの方が断然良いのです。
話すことに困ったら、趣味を聞いてみたり、好きな音楽や食べ物を聞くといった、無難な話題で大丈夫です。
むしろ信頼関係とは、こういった小さなやりとりが蓄積して出来上がっていくものです。
「貴方のことをもっと知りたいです。」という姿勢を見せることによって、二人の距離はどんどん縮まることでしょう。
もちろん、中には本当に話すことが苦手という方もいらっしゃると思います。
ですが、前述の通りのっけから「人見知り」と公言してしまうと、お相手の方に負担を強いることになりかねません。
恋愛とは、相手の方と対等な関係を築くことで円満なお付き合いが出来るものです。
少しくらい失敗したとしても、最終的に親しくなれたのなら、それもまた良い思い出になることでしょう。
交際クラブは、お付き合いは次第で、さまざまな未来に発展する可能性があちこちに転がっているものです。
勇気を出して、自分から話しかけていくことが、より良いお付き合いに繋がるかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

本物のレディ

| デート |

「自分が思い描いていたような大人の女性になれているのかな……」
ふと、そんな風に思うことってありませんか。
学生や、子供の頃に描いた未来予想図に、何歳までに結婚して、何人子供を作って、こんな女性になりたい、と大きな夢を抱いていたことのある方も多いと思います。
しかし、いざ、実際にその年齢になってしまうと、予想よりも幼い自分がいったり、「社会経験を積めていないのではないのか……」と感じてしまっていたりする方もいらっしゃると思います。

 

ワンランク上の女性になるために必要なことは、まず「等身大の自分を見つめなおす」といったことが大切になります。
自分を大きく見せようとしたり、良くみせようとしたりせずに、客観的に自分自身が他人からどう見られているのかということを意識することで、自分自身の長所や短所が明確に見えてくるものです。
そうすることによって、長所はより伸ばすことができますし、短所を補おうとする意識が働きます。それは内面であっても、外見であっても同じようなことが言えます。
ご容姿でしたら、自分により似合うファッションやメイクを心掛けることが出来ますし、立ち居振る舞いも、短所を改め、長所を活かした所作が身につくようになるでしょう。

 

ここでポイントになるのが、ブランドに対する意識を控えるということです。
CHANEL、GUCCI、エルメス、など華々しいブランドはいつの時代も女性の憧れですし、そのアイテムをもっているだけである種のステータスであるとも言えます。
ですが、ブランド志向を持ち続けると、物事の価値を推し量る目が曇ってしまいます。
ブランドものは、ロゴがついているだけでハッキリと高価なもの、というものがわかってしまいますので、ロゴにだけ目が行きがちになってしまいます。
ワンランク上の女性になるためには、タグやロゴよりも、縫製や品質などから上質なものを見抜き、良いものを見極める目を養っていくことが大切なのです。
しかし、そんな意識を変えるだけでも、まだまだ足りない、と思いになる意識の高い女性もなかにはらっしゃることでしょう。

そんな貴女に、是非お勧めなのが、交際クラブです。
当銀座クリスタル倶楽部には、医師や弁護士や会社経営者の方など、年収1000万以上のVIPな男性会員様に多くご利用いただいております。
セレブな男性とのデートは、一流ホテルのレストランやバーなどの本物の上流階級のお付き合いです。
このようなデートを重ねれば、貴女の女性としての格が上がることも間違いなし!
貴女も、銀座クリスタル倶楽部で、本物のレディになりませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

高級交際倶楽部に登録する女性が、VIPな男性からお誘いを受けるにあたって、一番大切なのは『写真』です。

男性は、ホームページに掲載されている女性の写真を見てデートにお誘いをするので、何はなくとも『素敵なお写真』がないことには話が進まないのです。

銀座クリスタル倶楽部には、毎月たくさんの女性が登録にお越しくださいます。会員様専用HPには新しい女性の写真がUPされていきますので、その中で埋もれずに、「いかに素敵な写真で目立つか」が大切なのです。

当倶楽部では、面接の際にお写真をお撮りしておりますが、必ずしもその写真を使わなければならないわけではありません。芸能関係のお仕事をされている方は、お気に入りの宣材写真などをお持ちいただくことも多いですし、知り合いのカメラマンに撮影していただいて、当倶楽部にお持ちいただくことも多いのです。

写真スタジオにはそれぞれカラーがあり、証明写真が得意なところ、お見合い写真が得意なところ、オーディション用写真に強いと言われるところなど、さまざまな特徴がございます。インターネットなどを上手に利用して、自分好みの写真を撮影してくれそうなスタジオを探すのも楽しいと思いますよ^^

貴女らしさがより表現されているお写真で個性をアピールして、是非、男性の目を惹きつけてくださいね!

また、ヘアスタイルですが、スタジオ撮影でしたらスタッフさんが気にかけてくださるので心配はないかと思いますが、屋外などで撮影する際は、風などで顔に髪の毛がかからないようにしてくださいね。素敵なお顔が見えなくなってしまってはもったいないのです。

室内撮影においても、長すぎる前髪で目が隠れないようにするだけで、俄然表情がイキイキしてきます。
また、輪郭を覆うような多すぎるフェイスラインの髪の毛も、すっきりとまとめた方が好印象です。

VIPな男性に好まれるような、高級交際クラブで使用するお写真撮影の際、いくつか押さえていただきたいポイントがございます。
それは・・・
・体のラインが分かるスカートやワンピーススタイルで!
・スカート丈はひざ上が望ましい
・色は明るめ
・ストッキング、タイツNG
・靴はヒールのあるパンプスかサンダル(ブーツはNG)
・時計やゴツゴツとしたアクセサリーなどは外して
・髪はダウンスタイルで

以上、6つです。

お写真だけではなくセレブな男性とのデートは、ラグジュアリーなホテルのロビーでの待ち合わせや、星付きの素敵なレストランからスタートすることがほとんどです。そういった場所で男性に恥をかかせないためにも、派手すぎず、清楚な印象の服装を心がけると喜んでいただけるかと思いますよ。

イメージとしては、女子アナウンサーのようなヘアメイク、ファッションを思い浮かべていただけるとわかりやすいでしょうか。

是非、素敵なお写真を用意して、素敵な男性と出逢ってくださいね♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

セレブなジェントルマンとの出会い。そんなことが現実になればどれだけの夢が広がるのか。女性は誰もが一度は憧れるのではないでしょうか。
けれど現実は、そのような男性に上手く出会うタイミングもないまま、毎日がただ平凡に過ぎていきますよね。
男女の交際は「相手ありき」のものです。
なので、全てうまくいく訳ではない為、予想外の苦労もあるでしょう。
100人いれば100通りの出会いの形があり、100通りのお付き合いの仕方があります。
ですので、何かテストのような「必勝法」というのは存在しないのですが、行動し、実践することで、確率をあげることはできます。
それではどのような行動をすればよいのでしょうか。
それは、「まず交際クラブに登録してみる」ということです。
交際クラブに登録をするだけで、まず「男性と出会う機会」を作れます。
普段の生活で多くの男性の目に止まることができる場があればいいのですが、
そのような場はなかなか無いと思います。
交際クラブは登録をするだけで、紹介がスタートします。
男性は、女性のアルバムや会員専用ページから女性を選びます。
しかし、ただ目に留まる場所に映っているだけでは意味がありません。
そこで次に確率を上げる為に、「周りと差をつける」ことが大事です。
一番その成果を出し易いのが写真です。写真を周りと違うようにすれば良いのです。
背景の色を変えるだけでも男性の目には留まりやすくなります。
例えば白一色の中、赤やピンク、黄色などの色が入ると自然と目に飛び込んでくると思いませんか。
ポーズを変えることも有効です。ただ立っているだけですと、なんとなく味気がないですが、自分のチャームポイントをアピールするようなポーズをとってみるのはいかがでしょうか。
くびれたウェストが自慢なら少し腰を曲げて撮ってみたり、長い足が自慢であれば、少し短めのタイトなスカートを履いて存分にアピールすると良いでしょう。
そして実際にお誘いが入ったら、良いお付き合いへと繋げる為に行動をしましょう。
女性は男性に寄りかかりたいという願望を持っている方が多くいると思います。
でも実はVIPな男性も同じような気持ちを持っていらっしゃるのです。
日頃疲れているVIPな男性は、女性とお付き合いをして、気持ちの拠り所を作りたいと考えているのです。
良いお付き合いをしたいと思うのであれば、自分自身の要望ばかりを押しつけず、まずは男性の疲れを癒やすことを考えましょう。
難しいように聞こえるかもしれませんが、実は簡単なことです。
自分に置き換えて考えてみれば良いだけなのです。
自分自身が疲れている時にお話しを笑顔で静かに聞いてくれる異性がいると癒やされませんか。
「癒やされるな。」、「疲れが取れるな。」と普段自分が思うことを相手にしてあげると良いでしょう。
そうすれば自然と男性も貴女のことを何ものにも代えがたい存在と思い、大事にしてくれるでしょう。
何も行動を起こさないで、ただ「出会いが欲しい。」と嘆いているだけでは、何も始まりません。
自ら出会いの場に足を向けてみてはいかがでしょうか。
交際クラブの女性スタッフは自ら行動を起こした女性を全力でサポートさせていただいております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛の駆け引き

| 恋愛 |

同年代の相手と恋愛をすると意図的に駆け引きをする女性が多くなると思います。
「相手にもっと夢中になってほしい。」、「自分だけを見ていてほしい。」という心情からこのような行動をとるのだと思います。
しかし交際クラブの恋愛は、いわゆる「普通の恋愛」とは異なってきます。
なぜなら相手の男性が「普通」の男性ではないからです。

日々の生活でセレブな男性に出会う機会はありますでしょうか。
答えは「NO」の方がほとんどだと思います。
そんなセレブな男性は当たり前ながら、一般の男性とは住む世界が違います。
そのため華やかな世界もたくさんご存知なのです。

そんな男性に、「普通の恋愛」でしているような駆け引きをするとどうでしょう。
相手にやきもちを焼いて欲しくて、色々な男性から言い寄られているようなアピールや、普段から遊んでいるアピールをする方もいるかもしれませんね。
一般の男性には、効果テキメンかもしれませんが、セレブな男性には効果がありません。
なぜなら、男性が女性よりも経験が豊富だからです。

セレブな男性は、楽をしてその地位を手に入れた訳ではありません。
たくさんの試練を乗り越え、荒波にもまれ、誰もがうらやむような高い地位まで登り詰めたのです。

そして、前述のように、セレブな男性は華やかな世界をたくさん知っています。
夜のお店で働くようなプロの女性と一緒にお酒を飲む機会もたくさんあったでしょう。
夜のお店の女性、いわゆるホステスさんは仕事上で男性に対して「恋愛の駆け引き」をします。
「お店にたくさん足を運んでほしい。」、「私にたくさんお金をつかってほしい。」という気持ちから、セレブな男性に対して頻繁に営業をするのです。
最初のうちは、その駆け引きで上手く利用されてしまった男性も、仕事の付き合いなどで何度か足を運ぶにつれて嫌気がさしていくようです。

ある男性会員様からこんな話を聞いたことがございます。
「ホステスさんは、確かにとても楽しませてくれる。話も弾むし、気も利くから一緒にいて楽しいことは楽しいけれど、その空間から一歩出てしまうと、急に寂しい気持ちになってしまう。営業をされることはしょうがないことかもしれないけれど、駆け引きばかりされてしまうと自然と足が遠のきます。」

このようなお話しを伺うと、いかに男性が、「恋愛の駆け引き」に嫌気がさしているのがわかってきますよね。
交際クラブの男性は、そのような駆け引きなどが一切ない恋愛を求めていらっしゃいます。
「普通」の女性と「普通」の恋愛を楽しみたいと思っているのです。

交際クラブで出会った男性相手に、気を引きたいがために我儘を言ってみて様子を伺っている方はいらっしゃいませんか。
わざとやきもちを焼かせるようなことを言ったりしていませんか。
交際クラブの男性は、全部お見通しです。
変な駆け引きに気を回さず、是非自然体のままの貴女でお付き合いを楽しんでみてくださいませ。
交際クラブでの恋愛はその方がうまくいきますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー