銀座クリスタル倶楽部は、貴女のパパ活応援致します

日本一の女性会員数

17,000 名突破

銀座クリスタル倶楽部 TOPへ

理想を男性に押し付けないようにするには

交際クラブで出会えた素敵な男性に対し、もっとこうしてほしい、ああしてほしいと自分の理想を望み過ぎてしまうことも少なくないでしょう。

ですが、その結果、理想を押し付ける形になってしまうと、パパとの間に距離ができてしまう可能性も否定できません。

今回は、男性が嫌う「理想の押し付け」について紹介します。

# パパが嫌う理想の押し付けとは?

お付き合い中に男性が敬遠しがちなのは、女性から向けられる、度を越えた「嫉妬」「束縛」「干渉」といわれています。

過去に恋愛経験がある女性なら誰もが知っていることですが、ついついパパに対してもあなたの理想を押し付けてしまってはいませんか?

「パパなんだから○○してくれて当然」や、男性の状況を気にせず「向こうから連絡をくれるのが当たり前」など、自分のしてほしいことばかり要求しがちな女性もいるようです。

周りの恋愛の様子を見たり聞いたりして、羨ましく思うこともあるでしょう。

女性は皆と同じだと安心する傾向があるので、余計にそのように思ってしまうのかもしれません。

しかし、人はそれぞれ考えや性格も違います。

ましてや恋愛はあなた一人ではできませんし、相手がいるからこそ成り立つものです。

特に、交際クラブでの間柄は、かなり特殊なものだといえます。

他人の恋愛と比べてパパに理想を押し付けてしまうのは、比べられるのが好きではない男性にとって、決して嬉しいものではないでしょう。

理想を掲げるのは悪いことではありませんが、そこで度を越えた要求をしてしまっては、パパとの心の距離ができてしまい、修復できないほど開いてしまうかもしれません。

# 女性には常識でも男性にとっては…?

パパ活では時に、常識では考えられない感情をぶつけあうこともあります。

彼は今大事な仕事に追われていてなかなか会えないし、連絡もほとんどない。

頭では理解していても会いたい、声が聞きたいと気持ちが騒ぎ出してしまいます。

そのうち不安になりすぎて、「私に連絡しないなんて!」「もしかして他に気に入った女性ができたのかな?」といった思いも出てきがちです。

男性は常に戦いの中に身を置いています。

責任も地位もあり、他人から評価されているので、時にはあなたより仕事を優先してしまうこともあるでしょう。

一方、女性は「皆と同じ」に安心し、「皆と違う」ことに不安をおぼえます。

そのため、友達の彼氏は忙しくても連絡はくれると耳にし、それと比較して不安になったり、パパを疑ったり、過度な要求をしてしまいがちなのです。

女性にとっての常識が、男性にとっても同じとは限りません。

「他人がそうだから私たちもそうすべき」と、あなたの理想だけを押し付けてしまわないように気を付けましょう。

# まとめ

夢中になってしまうパパに出会えたというのは、とても幸せなことです。

忙しいとはわかっているけど、どうしても連絡が欲しくなったときには「パパなんだから私に連絡すべき」と伝えるのではなく「連絡をくれたらすごく嬉しい」と、理想から希望に変えて伝えてみましょう。

基本的に男性は好きな人の笑顔が見られるのは嬉しいことなので、あなたの希望に応えてくれるはずです。

理想を押し付けるのではなく、希望を伝えていくことで、パパとの関係がより一層素敵なものになっていくのではないでしょうか。

極上のパパ活を楽しみたければ、銀座クリスタル倶楽部にお問い合わせください。