銀座クリスタル倶楽部は、貴女のパパ活応援致します

日本一の女性会員数

17,000 名突破

銀座クリスタル倶楽部 TOPへ

信頼関係を築くために意識するべきこととは

好きになった人とは親密な関係を築いていきたいと思うのが自然です。
信頼関係を築くことで、ちょっとしたつまずきも二人で乗り越えていけますからね。

では、経済格差や年齢差のある男性と信頼関係を築いていくためには、どのようなことを意識すべきなのでしょうか?
今回は、パパ活で知り合った素敵なパパとの信頼関係を築くために意識すべきことをお伝えします。

# 想いの熱量が同じであること

パパ活においても、お互いが恋人同士として信頼関係を築いていくためには、お互いが同じ熱量で恋愛感情を抱くことが必要です。

「好き」という想いが片方だけ強すぎると、もう片方の人はそれを重荷と感じてしまいます。

同じ熱量で恋愛感情を抱き合うためには、お互いの気持ちを伝えあうことがポイント。

また、年上の男性の中には、言葉で相手に気持ちを伝えることができない人も多くいます。
経済力がある男性の場合、その想いをプレゼントに込めたり、デートの際にエスコートをしたりすることで「感じ取ってほしい」と考える人もいます。

このように「言葉では伝えられない気持ち」があることを知り、しっかりと汲み取る努力が必要なのです。

# 口頭表現が苦手なパパもいる

好きという気持ちをストレートに伝えられることが苦手、という男性もいます。
その場合は「ありがとう」や「うれしい」という気持ちを伝え、そっと手に触れたり体に触れたりといったスキンシップを計ると良いでしょう。

他の人には行わないスキンシップを図ることで特別感を出せば、シャイな男性でも貴女の気持ちが汲み取れるはずです。

# 「人として」という基礎的な部分も大切

恋愛の熱量以外にも、人としての信頼関係を築いていくことも大切。
相手を認め否定しないことや、相手に関心を持つことは、信頼関係を築くためにも重要です。
自分を否定する人や、自分に嘘をつく人を信頼することはできません。

例えば、好きな音楽を聴いているときに「趣味じゃない」と音楽を否定されてしまうと、何となく自分も否定された気分になります。

逆に「こういう音楽が好きなんだね、自分の趣味とはちょっと違うけど聞いてみようかな。」と言われれば、そこまで否定された気持ちにはならないでしょう。

また「それならどんな音楽が好き?」など、相手が関心を示す機会を増やすことにつながります。
対話が生まれるだけでなく、お互いの信頼度を高めるきっかけも作れてしまうのです。

# 誠意を持って向き合いましょう

嘘をつかないことも信頼関係を築く上では重要です。
嘘をつかれればどうしても「他にも嘘をつかれているのでは?」という疑念を持ってしまいます。
たとえそれが相手のためにつく優しい嘘だとしても、やはり嘘をつかれた方から見れば信頼感は下がります。

特に周りには秘密にしたい恋をしていると、どうしても相手を思いやる優しい嘘をつきたくなることもあるでしょう。
ですが、いっそ正直に伝えてしまった方が、かえって相手の信頼感は上がり親密度も高まります。
できないことは「できない」と正直に伝えてもらえた方が、お互いに良い関係を築けるのではないでしょうか?

# まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、信頼関係を築くために意識すべきことをお伝えしてきました。
とはいえ、行動だけを変えても効果はいまいち…。

「なんのためにその行動をするのか?」
ここをしっかり理解した上で、想いを乗せた行動をすることが大切なのです。

人と人との関わりなので、時には思い通りにならないこともあると思いますが、それも含めてパパ活や恋愛を楽しんでいきましょう。