銀座クリスタル倶楽部は、貴女のパパ活応援致します

日本一の女性会員数

17,000 名突破

銀座クリスタル倶楽部 TOPへ

年上男性でも完璧じゃないことを理解しておこう

小学生から見れば、中学生や高校生は色々なことができて「すごい人」と感じていたと思います。
ですが、自分が中学生や高校生になったとき、小学生のころに感じたような「すごい人」になっていたでしょうか?

これと同じように、年下の人が年上の人に対して感じていたイメージと、実際にその年齢に達したときの現状には違いがあります。

# 思い込みを捨てよう

経済力がある年上の男性に対して、年下の女性は完璧な存在と思い込む傾向がありますが、実際にはそこまで完璧な存在ではありません。

頼りがいがあると感じる男性でも、実は弱い部分があり彼女に甘えたい瞬間もあります。

年上なのに甘えてくると幻滅するようでは、年上の男性との恋愛を長く続けることは難しいでしょう。
実際にはどんな人でも弱い部分があり、完璧な存在ではないと思っておく必要があります。

# 男性が感じているプレッシャーと努力

お付き合いを始めたころは、男性側は経済的にも自分が彼女をサポートするべきだと感じています。
そのため、完璧であろうと努力を惜しみません。

ですが、恋人や愛人としての関係性が安定してくれば、徐々に男性の「完璧であろうとする姿勢」は崩れていきます。
仕事の愚痴や気弱な部分もさらけ出してくるようになるでしょう。

実は、このように「男性の完璧ではない部分」が見えてくることは、男性が素を出している(信頼してくれている)と喜ぶべき変化なのです。

あなたをサポートしてくれる頼もしいパパもそのようなふとした瞬間をあなたに見せてはいませんか?

# 一緒にいて落ち着く女性になるために

年の差があることや経済的に余裕があることに対し、期待ばかりを寄せては男性が重荷に感じます。
どちらか一方が重たいと感じるようでは恋愛関係が長続きしていきません。

本当にお相手と長く付き合っていきたいと思うなら、相手の完璧ではない部分も楽しむ余裕を持つことが必要です。

ときには相手を包み込み、支える存在になることで、あなたをかけがえのない存在として愛してくれるでしょう。

一昔前は、男が泣くものではない、頼られる存在であるべきだ、という考え方が普通でした。年上の男性はそのような価値観で育ってきています。

つまり、年上の男性は頑張って完璧な存在であろうとしてきた経緯を持っているのです。
よほど信頼している人、愛している人の前で以外は完璧さを崩せないと考えている人は多くいるでしょう。

また、経済的に成功している男性は、多くのプレッシャーを受けている状態が常なので、せめて恋人の前だけではくつろぎたい、癒されたいと思うことがあります。

それなのに、恋人から完璧であることを求められてしまうと、男性は疲れ切ってしまうのです。
年下だから思う存分年上の男性に「甘えたい・守ってもらいたい」と思う気持ちもあるでしょう。

ですが、ときには男性も「甘えたい・守ってもらいたい」と思っていることを理解し、完璧さを求めないようにすること。

むしろ「甘えてくれてありがとう」という気持ちが持てるようになれば「余裕のある大人の女性」として男性から求められることでしょう。

# まとめ

いかがでしたでしょうか?
恋愛もパパ活も、一緒にいて楽しい・安心できるということが重要なポイントになってくるのです。
そんなお相手探しに、ぜひ交際クラブを活用してみてくださいね。