銀座クリスタル倶楽部は、貴女のパパ活応援致します

日本一の女性会員数

17,000 名突破

銀座クリスタル倶楽部 TOPへ

時には年上男性を支えてあげましょう

年上の男性なら、いつでも包容力があり強い存在とは限りません。
いつもは頼りがいがある年上の男性でも、ときには誰かに頼りたい・甘えたいと思うときがあります。
男性の多くも本来は甘えたいという気持ちを持っているのです。
時には年下の女性が年上の彼氏を支えることも必要ですし、そういうことができる女性が男性から求められることでしょう。
更にパパ活でも役に立つこと間違いなしです。

# 年上男性が抱えているもの

経済的に安定しているという年上男性でも、その経済力を保つためには日々のビジネスに神経をすり減らしている可能性があります。
疲れ切った心を誰かに受け止めてもらいたいと感じることがあっても不思議ではないのです。このようなときに、年下の女性が甘えてくるだけの存在だと、一緒にいるだけで疲れてしまいます。

ただ、甘えたいと心では思っていても、それを表に出せない男性が多くいるのも事実。

ましてや年下の女性には、自分の弱い部分を見せることはできないと考える男性がいても不思議ではありません。
甘えているふりをしつつ、相手を甘えさせてあげる環境を整え、自分も支えになれることをごく自然にアピールします。

特に、沢山の人目があるときには、年上男性は年下女性に甘えることは難しいでしょう。

そこで、二人きりの時にそっと男性の手に触れ手の甲をなでたり、頭をポンポンと触ったりといったスキンシップをはかるのです。
すでに大人の男女の関係まで発展しているようなら、そっと男性を抱きしめるのもよいでしょう。

その際に「いつも頑張ってくれてありがとう」と労いや感謝を伝えることで、年上男性はほっと一息つき肩の力が抜けます。
年上の男性なら、いつもは年下の女性を抱きしめ守る存在であることが多いため、抱きしめられる経験は少ないでしょう。

抱きしめられることは、それだけで守られる存在になれるはず。

また、承認欲求が強い男性は、誰かから褒められることや認められることで嬉しくなります。
このようなことが積み重なることで「この人には甘えてもいいんだ」「支えてもらえる存在なんだ」と思ってもらえるようになるでしょう。
互いにかけがえない存在になっていけるのです。

# 男性が抱えている不安を理解する

どんなに経済的に安定している人でも、恋人が年下という場合は年齢を原因として去られてしまうのではという不安を抱えていることでしょう。
そのため、頼りがいがある自分であることに固執しているかもしれません。

ですが、パートナーとして甘えても大丈夫ということをアピールすることで、素の男性が見えてくるかもしれません。

# まとめ

いかがでしたでしょうか?

長く付き合っていくなら、お互いに素の部分をさらけ出すことも必要です。
年上の男性が年下の女性に甘えられる関係性を作っていくことは、この先も恋愛関係やパパ活を続けていくためには必要なことです。

なかなか他の人に甘えられない年上の男性だからこそ、甘えさせてくれる存在はよりかけがえのない存在だと思うことでしょう。
ぜひ意識して行動してみてくださいね。