銀座クリスタル倶楽部は、貴女のパパ活応援致します

分析できてる?交際クラブで年上男性に選ばれる女性になる方法

交際クラブで理想の男性を見つけるために、パパ活でたくさんの相手とデートを重ねている女性も少なくありません。
中にはお気に入りの相手ができて、何とか独り占めしたいと思う人もいるようです。
しかし、お気に入りの相手のことを、自分だけが気に入っているとは限りません。
ほかの女性も同じように気に入っている可能性もあるでしょう。
お気に入りの男性が自分だけを本命に選んでくれるには、どのようなポイントに気をつければ良いのか・・・?
今回はそんな視点でお話しさせて頂きます。

# 外見・内面共に自分磨きに力を入れる

どれほど外見が素晴らしくても、内面に問題があると、男性から引かれてしまうこともあります。メイクやファッションが完璧であっても、会話の内容が流行りのことばかりだと、せっかくの美しい外見が霞んで見えるもの・・・。
内面を磨くのは難しいように思えますが、自分の意識をほんの少し変えるだけで、驚くほど人間性が高まっていくものです。
たとえばネガティブな言葉を口に出さないようにするだけで、周りからも楽しそうで明るい人だと思われます。
他人の悪口ばかり言ってしまうのであれば、相手の長所を見るように意識するなど、相手に対して尊敬や感謝の気持ちを持つようにしましょう。

【ポイント】時間を有効活用しよう

また、毎日の時間の過ごし方を見直すと、自分を磨くための時間が生まれます。
時間に余裕ができると映画や本を読んだり、運動をすることも可能です。
映画鑑賞や読書は自分の知見を広げられ、年上男性と会話をする際に役立つことでしょう。
また、運動をすることでダイエットや筋トレにつながり、ボディラインを健康的に引き締めることもできます。

# 相手の好みのタイプに近付く努力をする

男性の好みのタイプが自分と違う場合であっても、そのまま自分自身のスタイルを貫く人もいれば、逆に相手のタイプに近付こうと努力する人もいます。
女性と同じように男性にも当然好みのタイプはあり、自分のタイプに近ければ近いほど、好意を抱くものです。
一般的に露出の多い女性は嫌われるとされていますが、相手の男性がセクシーな服装が好みであれば、少しずつでも露出を増やすように努力すると、相手から喜ばれるのではないでしょうか。
ただし、相手の好みに寄せすぎるあまり自分を見失ってしまうのはNG。
適度に自己主張するくらいの方が、魅力的です。

# 思い切って男性に甘えてみる

お気に入りの男性との距離があまり縮まらない場合、もしかしてあなた自身に遠慮があるのかもしれません。
相手の男性はもっと距離を縮めたいと思っているのに、「自分もしっかりしなければ」と思って、気を遣っていることもあるようです。
ほとんどの男性は、女性から甘えられると嬉しいもの。
デートのときにさりげなく相手の体に触れてみたり、食事をごちそうしてくれたときやプレゼントをもらったときに「嬉しい!」と全身で喜ぶことも大切です。
そのように自己表現したり、少しずつ甘える回数を増やしていくと、自然と二人の距離も縮まり、相手の男性も「この人には自分が必要だ」と感じるようになるのではないでしょうか。

# まとめ

年上男性に選ばれる女性になるためにはということでお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?
ポイントは「自分だったらどう思うかな?」と、自分の立場に置き換えて考えることです。それから、パパ活で成功を収めている女性や人気の女性を観察・分析してみるのも良いでしょう。
自分になくて彼女たちにある共通点はなんなのか?ここにヒントが隠れているはずですよ。

パパ活では素敵な年上男性とデートに行く機会を設けられますが、何度顔合わせをしても相手の男性と会話が弾まず、2回目のデートにまで進まないこともあります。
年上だから会話は相手任せにしていいと思ったり、自分が若くて可愛いから何を話してもいいと思っていると、せっかくの出会いのチャンスを見逃してしまう場合もあるようです。
パパ活で会話がうまくいかないときは、もしかすると自分でも気付かないうちに失敗をやらかしているかもしれません。

# 失敗例①上から目線で話している

会話をする際に上から目線で話をする女性は、男女問わず相手に嫌われてしまいます。
相手の話の揚げ足取りをしたり、相手の意見をすべて否定していると、偉そうに思われてしまい距離を置かれることも・・・。
たとえば男性が新しいことにチャレンジする話をしていた場合、女性にはできれば応援してほしいと思うものです。
しかし、自分の経験談を語りだしたり、周りの失敗談を例にチャレンジすることを否定すると、男性は面白くないと感じます。
自分では上から目線で話をしているつもりではなくとも、無意識になっていることもあるので、会話の中でも相手に対して思いやりや敬意を払うことを忘れないようにしましょう。

# 失敗例②他人の悪口ばかりいう

口を開けば誰かの悪口ばかりになっていることはありませんか?
普段から友だちや職場で会話をするときも他人の悪口ばかりいっていると、それがクセになり、パパ活の場でも他人の悪口を話してしまうことがあると思います。
他人の悪口を誰かに話すと自分の気持ちはスッキリしますが、聞かされている相手は暗い気持ちになるもの・・・。
せっかくの楽しい場が台無しになるだけでなく、相手から自分の悪口も陰で話しているのでは?と思われてしまいます。
また、職場の恋愛話や噂話で盛り上がったり、他人の成功に文句を言うようなネガティブな会話も男性は嫌います。
ゴシップ話には特に注意。自分の感情に任せて会話をすると、ただの悪口になってしまうことも多いので、気をつけましょう。

# 性格の不一致?

性格の不一致は仕方のないこと。初デートの時に「この人合わないな~」と感じてしまうこともあるでしょう。
ただ、そうした不満感を持ち始めると会話に集中できなかったり、デートを楽しみきれなかったりします。
性格がぴったり一致する人と出会える確率の方が低いわけですから、お互いの性格や価値観の違いは受け入れた上で、コミュニケーションが取れるように日頃から訓練しておく必要があるでしょう。

# 尽くしてもらうのが当たり前になっていませんか?

パパ活で特に気をつけなくてはならないのが、相手に対する思いやりや感謝の気持ちを忘れない点です。
デート中に食事に連れていってくれたり、プレゼントをもらうことがあっても、それをしてもらうのが当たり前になってくると、感謝の気持ちを伝えなくなります。
顔合わせのときや最初のデートのときは、相手に「ありがとう」のひと言を伝えていたはずなのに、何度もデートを重ねると感謝の言葉も伝えなくなり、尽くしてもらって当然と思うようになってしまっては、愛想を尽かされてしまうでしょう。
それに感謝の気持ちを忘れると、相手に対しての要求もエスカレートします。
前回のデートのときに連れていってもらったレストランよりも安いお店に連れて行かれると、それだけで不機嫌になってしまったり・・・。
また、プレゼントも高額なものでなければ納得できないようになり、感謝の気持ちを持てなくなることもあるようです。

# まとめ

会話が弾まない原因について触れてきましたが、どんなに話題がなかったとしてもその場の空気を悪くしないように工夫したり、どのような状態でも楽しめるマインドを持っていることが大切だといえるのではないでしょうか。
デートがうまくいかないと相手のせいにしてしまいがちですが、実は自分側にも原因はあるもので・・・。
良い時も悪い時も「お互い様精神」を忘れずに進んでいくことで、パパ活においても選ばれ続ける「愛され女子」になれることでしょう。