銀座クリスタル倶楽部は、貴女のパパ活応援致します

男性がどん引きする女性のぶっちゃけトーク

パパ活女子の皆さんは何度か男性とデートをしたのに、その先の進展がないと嘆いていませんか?

楽しくデートしたのに、フラれた原因が分からない。なんでパパが出来ないんだろう。男性からアプローチしてもらえない。とお話しする女性の方には、それぞれ特徴が有ります。

よくお聞きする理由としては、女性が男性と距離が縮まった時に、良くないぶっちゃけトークをし過ぎているということです。

仲良くなるためには本音で話すことも必要ですが、時にはそれは諸刃の剣になりかねません。

今回は、男性が聞くとドン引いてしまう女性のぶっちゃけトークをご紹介します。

# 元彼への想いを延々と話す

パパ活をしている女性の中には失恋をキッカケに活動を開始したという方もいます。恋を失った直後の女性ってどこか頼りなげで儚げなので、自然と男性が構いたくなるオーラが出ていることが多いです。

ですが、ここで女性の皆さんは気を付けなければいけません。

酔った勢いや、仲が打ち解けてきた頃合いで、つい胸の内にある元彼への未練や恨み辛みを延々語ってしまう女性が居ます。

男性は、どんなにいい人ぶって「なんでも君の話を聞くよ」と言っていても、他の男に心を奪われている貴女の姿は見たくないというのが真理です。

それがパパともなれば尚更です。自分がこれから育てよう、サポートしてあげようとしている女性が目の前で自分以外の男のことでめそめそしている。

そんなことをされてしまったら「じゃあその人に振り向いてもらえるように頑張りなよ」と貴女への興味を失ってしまうのです。

女性の皆さんは、男性がどんなに良い人で愚痴や話を聞いてくれると言っても「他の男性」の話はしてはいけません。

貴女の失恋の傷や男性問題は貴女自身でなんとかしないといけないのです。せっかくパパが出来るチャンスを話題選びの間違いで失うなんてもったいないですよね。

# セックスの好みを恥ずかしげも無く語る

男性が女性のぶっちゃけトークで引いてしまいがちなのが、性についての話題です。

二人の関係を盛り上げるための会話なら、まだ良いかもしれませんが、基本的に女性からそういった話を振ってしまうのは品があるとは言えません。

また、女性が男性にセックスの好みを堂々と伝えてしまうのは、情緒も何もあったものではありません。

男性は女性よりも流れや情緒的なことを大事にしています。

よく聞きませんか?付き合いが長くなるにつれて彼女が恥ずかしげも無く下着姿や裸で部屋をうろつくようになって興奮しなくなっていった、なんてお話を。

そういう点では男性は女性よりも視覚的なことや雰囲気で興奮することを大事にしていると言えます。

女性は仲良くなるにつれて全てを見せても良いと思いがちですが、男性は「相手にまだ自分の知らない一面がある」くらいの方が燃えるのです。

その性質を上手く理解して話題を上手に選んでいきたいですね。

# 二股など、浮気癖を自慢する

まるで浮気や不倫の経験を武勇伝のように、お酒の席や気分が良くなった場で話してしまう人もいるのではないでしょうか。

これってパパ側の男性が聞いたら、どんな気分になるのでしょうか。

決して良い気分にはなりませんよね。なんせ、女性が自ら尻軽と言うことを宣言してしまっているようなものですから。

男性はモテる女性は大好きです。ですが、尻が軽い女性はまともに相手にしないのです。

パパになろうとする男性は自分が価値を感じた女性に、いろいろな援助やサポートをしてあげたいと考えているのです。

そんな男性がマイナス要素満載と自らアピールする女性を選ぶのでしょうか。

気分が良いからその場の勢いだけで暴走して余計なことまで話してしまわないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。男性って意外に女性の行動や発言を気にしていることが多い生き物です。
一緒に居て安心できる、自慢できると思ってもらえるような、そんな存在になれたら良いですよね。