銀座クリスタル倶楽部は、貴女のパパ活応援致します

気品漂うレディになるために

交際クラブを利用する男性会員様の多くは、普段出会えないような女性、または自分の理想のタイプの女性に出会えることを期待しています。気軽に声を掛けることが出来ない高嶺の花と呼ばれるような女性、見かけただけでハッと心を掴まれてしまうような女性には、ある共通点があります。それは「気品」です。
では、男性が思わず惹かれてしまうような気品漂うレディになるためにはどのようにすればいいのでしょうか。
本日は、そちらについてご説明して参ります。

# 丁寧に話すことを意識する

男女の間柄を深めるにあたり、会話でのコミュニケーションは不可欠です。自分が何を感じているかを伝え、相手がどう考えているのかを知るためには、言葉を使ってやりとりをします。
もちろん、それ以外にも表情や仕草など、会話の際にはさまざまなエッセンスが加わり、それが総合的に集まることで会話として成り立ちますが、大事な根幹は言葉そのものとなります。
普段、私たちは「丁寧な日本語を意識して話すこと」が出来ているでしょうか。家族、友人、職場など、プライベートでのオンオフで切り替えて話し方を変えている人が大多数だとは思いますが、ここでの大事なポイントは、いかに相手のことを考え、わかりやすく、スムーズな会話となるように適切な日本語を話せるかどうかということです。
まずは、意識をするところから始まります。初対面の方であれば、きちんと敬語や丁寧語を使う。口語になってしまうと、時代の流れとともに誤った使い方をしてしまうこともあるため、正しい日本語が使えているのかどうかの認識も大事です。
表現の幅を広げるには語彙力も必要となるため、読書をしたり学び続けることも大切です。
初対面の男性の前で、緊張し過ぎて言葉に詰まってしまわぬよう、又は、何も意識せず言葉遣いがなっていなくて相手の男性に幻滅されてしまわぬように、日頃からの意識を怠らないようにして下さいね。

# 言うは知性、言わぬは品性

相手に対して、自分が思ったことや感じたことをストレートにぶつけることで、時として思わぬ結果を招くこともあります。
もちろん、男女の間柄において、遠慮ばかりしていては近づく距離も遠いままですから、お互いの気持ちを伝え合うことはある種の礼儀とも言えます。
ですが、いつでもそれが正しいと思ってしまっている場合、それは少し要注意です。物事は全てが表裏一体です。
こうあるべきだ、これが正しいと考えていることが、その逆だったりすることもあるのです。
つまり、今から自分が相手に発する言葉を、今自分が伝えたいこの瞬間に発することが正解なのか。そこを推し量り、少し立ち止まって考えられるかどうか。自分にストップをかけられるかどうか。
例えばこれを男女間のやりとりに例えた場合、男性が雑学を交えてあなたのために一生懸命に話してくれていたとします。
もしもあなたがその話題について知っていた時に、男性の会話の途中で割って入り、「知っていますよ。あまり面白くないですよね」と素直に言うのか、男性の会話を最後まで聞いて「初めて知りました。興味深いですね」と一言添えるのでは、受け手の感じ方も全く違います。
男性が、デートを盛り上げようと熱心にしてくれた会話に対しては、なるべくその気持ちを汲んであげられるような立ち振る舞いが出来ると、心遣いのある女性であると言えるでしょう。

# まとめ

気品漂うレディになるためには、見た目だけにとらわれず、自分が発する言葉の内容や、発するタイミング、会話相手への配慮なども大切です。綺麗で丁寧な言葉を使い、良いコミュニケーションが出来る様に意識をしていきましょう。