銀座クリスタル倶楽部は、貴女のパパ活応援致します

男性が30歳以上の女子にしてほしくないこと

既婚者であれど、素敵な女性と出会うために交際クラブに入会されているお金持ちの男性はマナーに厳しい一面があります。
特に30歳以上の女性をチェックする目線は特に厳しいものがあります。考えてみれば、大人の男女が一緒に街中をデートするのに、女性が不釣り合いな行動や言動をしていると男性にとって恥でしかありません。
人の目を気にせずに自由でいるというのは素晴らしいと思いますが、それは個人の自由であり、周りを巻き込むものではないのではないでしょうか。
今回は男性が30才以上の女性にしてほしくない行動や言動などをご紹介していきます。

# ドレスコードを無視した格好

女性もある程度、年齢を重ねると服装の好みも変わっていきます。若いころは意識をしなかった、上品さや質のいい物に目を向ける傾向にあります。
また、そもそも若い頃にはそういった物が似合わないということもあります。
年を重ねて体も成熟して人としての色気が出てくるころに上品なデザインや質のいい素材の服を着こなせるのかもしれませんね。
ですが、服装の好みが変わる時期というのは人によってバラバラです。
30才を超えても、若い子と同じファッションが好きな方もいます。個人的には着こなせる容姿であれば何を着ても良いと思いますが、男性と一緒にいる時は、その場に本当にふさわしいかを考えたほうがいいです。
なぜなら、男性がエスコートしてくれる場所はドレスコードがあるお店や一流のレストランが多いです。そういった場所では肌の露出が多い派手な服装やカジュアルな装いは不釣り合いと判断されて入店を断られる傾向があります。
そうしたことを予想せずに、好きな格好をしてデートに向かってしまうと男性の顔に泥を塗ることにもなりかねません。また、格好次第では男性から待ち合せた瞬間に、すぐに解散しようと言われることも考えられます。
せっかくお誘いをもらったのに服装だけで振られる結果になったら悲しいですよね。
デートに行くときには本当に、どこに案内されても大丈夫な女性らしい服装を心掛けましょう。

# 一人称が自分の名前

小さい子が一人称を自分の名前にしていると、とても可愛らしく感じますよね。
けれど、それは幼さゆえの愛らしさがそう見せているのだと思います。
もし大人といわれる年齢の女性が自分の名前を一人称にしたらどうでしょうか。周りの大人や男性は「精神的に子供なのか?」と思ってしまいます。
また、そうして自分の名前を一人称にしている女性は総じて話し方が幼いことも多いです。
大人ならその場に合った、しっかりとした言葉遣いを求められます。どんなに素敵な容姿で洗練されたファッションをしていても、言葉遣いが幼すぎると全てが台無しです。
中身が伴わず、ただ年齢を重ねている女性は「モテ」とは遠く離れてしまいます。
男性も会話をする中で女性の話し方を気にしています。
上品で言葉の語彙力が高い女性は知的さも感じるので好まれます。
年相応の言葉遣いを学んで使うことは、飾りでなく貴女の中身を磨くことに繋がります。

# 携帯やカバンのアクセサリーにぬいぐるみを付ける

大人の女性のカバンや携帯のアクセサリーにぬいぐるみがついていたら、どうでしょう。
ブランド物の小物で大人向けのデザインのチャームなどもありますが、一般的によく見るキャラクターものやファンシーなものを付けていると、どうしても内面まで幼く見えてしまいます。
若い女性のアイテムとしては可愛らしさもありますが、大人の女性がつけるには不釣り合いなものですね。
プライベートなところで楽しむのはありですが、デートの時や誰かと一緒にいる時は控えたほうが良さそうです。
ちなみに男性はぬいぐるみを好み女性の心理を理解できないという方が多いです。

男性が30才以上の女性にしてほしいことは、年齢を意識したものが多いみたいですね。

女性の皆様は年相応の振る舞いを求められているということを意識してデートに備えたほうが良さそうです。