銀座クリスタル倶楽部は、貴女のパパ活応援致します

男性が不安になる時

パパ活で知り合う男女の仲は基本的に恋愛感情で結びついていることが多いです。それは既婚者であっても該当します。

人は常に刺激を求めて楽しい自分でいたいと考えます。恋愛とはそれを満たす、とても手っ取り早い手段の一つです。

ですが、恋愛感情で結びついた関係には不安がついて回るものとも言われます。

今回は男性が不安に感じる女性の行動についてご紹介いたします。

# 決まった時間の連絡がない

いつもやり取りしている時間に連絡が取れないと心配を超えて不安になってしまう男性がいるみたいです。仕事や付き合いの関係で連絡が取れない時間はあると思います。

そのような時はなるべく相手を安心させてあげる言葉をつけて連絡してあげると良いですよ。

フォローのない連絡を貰ったら、冷めてしまったのかなと感じる男性もいるので出来れば理由を説明してあげてくださいね。制限のあるお付き合いには誠実な連絡が必要です。

# 返信が来ない

男性から連絡をした後に女性からなかなか返信がない。これは特に男性に対して不安を抱かせてしまいます。

嫌われたのかな、もう付き合いは終わりなのかなという思考が頭をよぎりがちです。そうした不安は不信に変わりやすいです。

もし貴女がまだ男性と付き合いをしていきたいと思っていたら、なるべく連絡は同じくらいの頻度で返してあげましょう。

不信感は募ると良い方向に向かわないものです。

# ほかの男の気配がある

例えば、毎週会っていたデートの回数がいきなり月に2回とかに減ってしまったら、男性は他にパパが出来たのではないかと不安になります。自分以外にも男がいるかもしれない、これはとても不快な考えです。居たとしても綺麗に隠してあげるのがパパ活の優しさだと思います。

貴女のことが好きで付き合っている男性はちょっとした変化や行動を見逃しません。

なるべく不安にさせないように振る舞いに気をつけましょう。

# いつもより返信の文字数が少ない

連絡をちゃんと返していても、内容が伴っていないと相手に変化を見分けられてしまいます。

調子が悪い時、疲れている時、他のことに気を取られている時、人は文章の書き方が変わります。気持ちがそこに入らないということの表れになります。

そうなると普段のメッセージの熱量と違う文面に男性は無意識に貴女の変化を感じます。

何かしてしまったかな、不機嫌なのかなと、気にしてしまいがちになってしまうようですね。

もし、ちょっと仕事で疲れている状態だったり何かしらいつもと違うテンションだったりする時は、それを教えてあげるのも相手にとっては安心材料になるものです。

# デートを断られた

いつものペースでデートに誘っているのに、なぜか断られることが多くなった。これも男性が女性の気持ちを不安に感じる瞬間です。

どうしてもデートに行けない時は、ちゃんと理由を説明してあげましょう。

気持が乗らないとか相手に冷めたという理由でない限り、これだけで男性を失ってしまうのは惜しいです。

だってパパ活でお付き合いしている男性は女性にとって何かしら利益をもたらしてくれる存在ですよね。それになのに、簡単に手放したら後悔するかもしれませんよ?

いかがでしたでしょうか。意外と男性も不安になることって多いみたいですね。

女性側ばかりが不安になると思われやすい恋愛ごとですが、実は男性も繊細な部分を持っています。

不安って膨らむと良からぬことを引き起こしたりするものです。せっかくの出会いを楽しくないものにならないようにしたいですね。