銀座クリスタル倶楽部は、貴女のパパ活応援致します

男性に固すぎて落とせないと思われる女性

VIPな男性とのデートは正解がわからなくて緊張してしまいますよね。
なぜならVIPな男性は今まで女性が見てきた価値観や世界とはまったく違うものを見せてくれるから。
だから初めて行くことや、見るものが多くて、女性はキャパオーバーになってしまうことがあります。
でも、緊張をするといえど、相手も人間です。女性と同じように感情を持つ相手なので、あまりにも特別視することはありません。
もし女性が男性対していつまでも緊張や丁寧さを崩さなかったら、どう思うでしょうか。
今回は攻略が難しいと感じられる女性のパターンをご紹介していきます。

# いつまでも敬語を崩さない

男性も初めは敬語を使われることを気にしません。。
ですが、何度も会っていて、敬語を崩して良いと言ったのに、いつまでも砕けた感じで話せない女性は気を付けた方がいいです。
男性からすると行き過ぎた敬語使いは警戒心が強すぎるとか、真面目すぎるなと思われてしまう要素だから。
VIPな男性を尊敬したり上に見てしまう気持ちはわかりますが、あくまでプライベートの時間で会っている者同士なので、砕けて良い時は砕けて話す姿勢を身につけましょう。

# お酒を飲まない、わざと控えめにする

体質的に飲めない人は仕方ないですが、お酒の席で遠慮をしすぎても、固すぎると感じられてしまいます。男性はリラックスしてほしくてお酒の席を用意していることもあります。楽しくご飯を食べてお酒を飲んでリラックスしたら軽口も聞いてほしいと思っていたりします。
そんな中で、本当は飲めるのに飲まない、酔ったらだめと思い遠慮していると態度にも出てしまいます。
もし、酔うまでお酒を飲みたくないのであれば、会話を弾ませて空気をあたためることはしても良いと思います。
男性側からすると会話も弾まない、お酒もあまり飲まない、テンションも上がらないという女性の姿を見たら「これは固すぎて無理だ」と考えてしまう可能性が高いです。
出会いが欲しくて来ている場で本末転倒な行動は避けた方がいいでしょう。

# 自分のことを当たり障りないことしか言わない

男性は女性に対して「これまでで何か一番失敗だったことってある?」と話題を提供してきたときに、貴女はどんなことを答えますか?
まさか「そんなに大したことないです」「人並なことしかありません」など、自分のことを言わなくて済むような回答をしていませんか?
これでは、男性も貴女に興味を持つ要素がなくて困ってしまいます。
失敗談や本音を打ち明ける行為は相手に対して「親しみ」を持ってもらいやすいです。
男性も貴女のことを知りたいし、もっと仲良くなりたいと思って聞いていたりするので、無駄に警戒したり恥ずかしがって避けるのは止めましょう。
仲良くなるには自分を見せることが基本です。そして、お付き合いはその仲良くの延長にあると思ってください。
楽しい時間を過ごせる相手を男性は探していますから、むやみやたらと警戒したり考えすぎたりして、チャンスを失うことがないようにしたいですね。

いくら交際クラブのデートとはいえ、男女のお付き合いです。
楽しいと感じる時間には価値があるものなので、女性の皆様は警戒心を持ちすぎたり、むやみやたらな遠慮はしないようにしましょう。