銀座クリスタル倶楽部は、貴女のパパ活応援致します

可愛げのある女性になろう

あなたは、はっきりいって、モテますか。

自分のことをかわいいと思っていますか。

自分のことをかわいいと思っている方は、さぞかしモテるのだろうなと思われがちですが、実は自分をかわいいと思っている女性ほどモテずに人知れずコンプレックスを感じている人が少なくありません。

その理由はどこにあるのでしょうか。

# 自分がかわいいことを褒めてほしくて仕方ない女性

鏡を見るたびに、自分は何てかわいいのだろうと思っている女性は意外にいるものです。

とはいえ、自分から「私ってかわいいでしょ?」とアピールすることはありません。

誰かに「〇〇さんはかわいいよね」と言われたくてたまらないのです。

男性から「かわいい人だよね。」と言われても、「そんなことないですよ~。私よりもっとかわいい人はいくらでもいますよ」と言い、同性から「〇〇さんはかわいいからモテるでしょ」と言われても、「そんなことないよ」というのがお決まりのパターンです。

「そんなことないよ」の一言は、もっと言ってのアピールにほかなりません。

否定すれば、相手はもっと私のことを褒めてくれるという戦略です。

自分ではかわいいと思っていないけれど、みんながかわいいって褒めたたえるくらい、かわいい私に満足したいのです。

# 愛されない私

確かにこういう女性は見た目がとてもかわいい方が多いです。

かわいい私は男の人に愛されて当然、大切にされて当然と思い込んでいます。

ですが、実際には本気で愛されない、大切にしてもらえないと悩みを抱えている方が少なくありません。

ワンナイトラブの相手にされたり、実は彼女がいたり、奥さんがいるなど本命として愛してもらえないケースが多いのが悩みの種です。

なぜ、こうなってしまうのでしょうか。

# 表面的でプライドも高い

自分のかわいさを他人に認めてもらいたくて仕方ない願望を持つ女性は、見た目の良さを重視して内面のことは頭にありません。

かわいい自分は愛されて当たり前と思っている節があります。

しかもプライドが高いので、自分からは認めようとせず、他人に言わせるのです。

こういう女性は男性から見ると、本音がわかりにくく、深く入り込めない相手と思われてしまいます。

見た目のかわいさだけが注目され、表面的な付き合いで十分な相手で終わってしまうのです。

# 男性が求めるものを理解しよう

男性が愛する女性は見た目のかわいさだけでなく、内面的にもかわいさのある女性です。

自分がいないと何だか不安になる、守ってあげたくなるようなタイプです。

これに対して、自分がかわいいと思っているプライドが高い女性は、かわいいのだから自分でなくても大丈夫だろうと思われたり、一人で生きていけそうなタイプと思われたりします。

本当に愛されたいなら、表面的なかわいいさだけではなく、余計なプライドを捨てて素直な気持ちを表現できるかわいさのある女性にならなくてはなりません。

# まとめ

かわいさのある女性を目指したくても、どうしたら良いかわからない方は交際クラブで年上の男性とデートしてみましょう。

年上男性は今のままのあなたでもプライドの高いところも含めてかわいさがあると思ってくれます。