女性の心を掴むには

いつの時代も女性は女として、ずっと綺麗で輝いていたいと思っている生き物です。

年齢を重ねても男性に女性として扱ってもらいたい、エスコートしてほしいと願っています。

ヨーロッパでは男性が女性をエスコートすることがスタンダードとなっていますが、日本ではまだまだ、その意識が恥ずかしいものと感じる男性が多いようです。

経営者の方や海外に馴染みのある会員様は、そういう慣習もマナーとして身に着けている方がいるかと思いますが、一般的な日本人男性にとっては、女性をエスコートするという行為を敷居が高く感じてしまうのかもしれません。

もともと、日本人男性は亭主関白という概念が強く根付いている部分があるので、真逆の行動に近い行動を起こすには、少し気後れしてしまうのかもしれません。

ですが、エスコートが上手にできる男性は女性にモテます。

過剰なアピールは嫌がられるかもしれませんが、されて嫌な気分になる女性はほとんどいないからです。

エスコート慣れしている男性を頼りになると感じる女性は多くいらっしゃいます。それは亭主関白とはまた違った、分かりやすい優しさを感じることができるからかもしれませんね。

「初めまして」の挨拶のあとに、スマートにリードしていただけたら、きっとその時間を心地よく感じて男性に対する好感度が大幅アップすると思います。

普段、他の日本人男性が恥ずかしくてできないエスコートを女性にしてあげることにより、デキる男性というイメージを持っていただけるというメリットもありますし、もし気に入った女性ならすんなりと口説きモードに入れるという利点も大きいと思います。

そして、女性は口説かれるまでの過程を重視しています。

男性として女性を心地よく扱えるというアピール…そういったプロセスを踏まないまま口説かれても、女性側はきっと前向きな気持ちにはなりづらいでしょう。

その日限りの出逢いであればそれでも良いかもしれませんが、「また貴方に会いたい」と思ってもらうには印象が足りないですよね。

せっかく貴重なお時間を使って出会う相手なので、心に残る素敵なデートになるように、ほんの少しの演出を加えるのも楽しみの一つではないでしょうか。

もしかすると、この交際クラブで出会う女性が貴女の運命を変えるパートナーになるかもしれません。

一度きりの出会いと思わず、素晴らしい逢瀬を重ねられるような素敵な出会いになるように、とっておきのエスコートで女性の心を掴んでみませんか。


言葉選び上手は、人間関係上手

皆さまは、他人とお話をする際、何か気をつけていることがありますか?

きっと相手を満足させようと考え、くすっと笑える面白いお話や、今までの経験・サクセスストーリー、自分の恋愛談など、たくさんのことをお話しになるでしょう。
高級交際倶楽部では、初めからお二人だけの時間をお過ごしいただけます。
そこでプラスの印象を残せるのか、マイナスの印象を与えてしまい、二度と会えぬ関係になってしまうのか・・・そのどちらかになるのは、会話の内容よりも会話そのものの雰囲気が重要です。
会話の雰囲気とは何か、というお気持ちの方もいらっしゃるとは思いますが、つまり日本語を話す日本人として、相手にとって心地よい言葉遣い・正しい言葉選びでお話をしましょう、という意味なのです。
そこで、普段からよくやってしまいがちな、言葉の選び間違いについてお話しさせていただきます。

まず、高級交際倶楽部では、女性に優しくしてもらったときや何かしてもらったとき、ついつい「すみません」、「ごめんなさい」と口走ってしまう方を良く見受けます。
ですが、そこは謙遜する必要は全く無く、「ありがとうございます」、「嬉しいです」など、ポジティブな言葉を選ぶようしましょう。
自分が好意でしてあげたことに対し、「すみません(気を遣わせてしまって)」などと言われると、何となくモヤモヤした気分になります。

反対に、その好意を素直に受け止め「ありがとうございます」と言ってもらえたほうが、お相手も「してあげてよかったな」と思い、二人の仲はより深まるでしょう。
また、もしかするとデートの最中に、お相手から、「スーツ姿が素敵です。」、「声がダンディでかっこいいですね。」、「お店選びのセンスが抜群ですね。」などとお褒めの言葉をいただくシーンがあるかもしれません。
その時も前述のように「ありがとうございます」がベストアンサーですが、何度も「ありがとうございます」と言うことに違和感を覚えることもあるでしょう。
その時いってしまいがちなのが「とんでもございません」です。
テレビドラマや映画などでも耳にする言葉です。
ですが、「とんでもございません」は誤った言い回しであり、正解は「とんでもないことです」です。
聞いた雰囲気としても柔らかく感じますね。

もうひとつ、高級交際倶楽部のデートは、お昼のお待ち合わせでも夜のお待ち合わせでも、まずは食事をご一緒するデートが多くなると思います。
食事をするレストランに到着し、メニューを決定し、いざ料理が運ばれてきたとき、恐らく多くの女性は勝手に食事を始めずに、男性の様子を伺っているはずです。
そこで、スマートな紳士としては、女性に食事を勧めてあげていただきたいのです。
その際にかけていただくお声が、「どうぞお召しあがりください」と、非常に丁寧に言ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、「召しあがる」は「食べる」の尊敬語で、その上に「お」をつけると二重敬語になります。
ですから、正解は「どうぞ召しあがってください。」になるのです。

楽しく心地よい時間は、正しい言葉遣いがあってこそ成り立ちます。
言葉ひとつでその場の空気が明るくも暗くもなるのです。
ぜひ、普段から意識して、円滑な人間関係を構築してください。
そのような貴方に、女性が恋心を抱かないはずがありません。


素晴らしい出会いの一歩を踏み出しましょう

私共が運営しております高級交際倶楽部では、紳士的な男性と純粋な素人女性との出会いを仲介しております。
私共はこのように、男女の出会いを毎日提供させて頂いておりますが、世の中には同じような「出会い」のサービスを行っているところもたくさん存在します。
その中で銀座クリスタル倶楽部のホームページへ、たまたま辿りついて興味を持ってくださったのは大変嬉しいことです。また、今も、このタイミングでホームページを閲覧し、登録の電話をしようかどうか迷っている素敵な女性も、きっと存在することでしょう。
当交際倶楽部は平日・土日問わず、毎日、朝の9時~夜の11時までと営業時間を長く設けておりますので、お休みの日はもちろん、仕事の後でも女性でも面接に対応することが可能です。
交際クラブに登録頂く女性は素人の女性ですので、職業や生活スタイルは異なります。
午前中でないと面接にお越しいただけない女性や、仕事や学校後の夜遅い時間でしか難しい女性、遠方に住んでいて中々東京に来ることが難しい女性、そんな全ての方に登録していただけるよう、このような営業時間で運営しているのです。

登録にいらっしゃる女性は職業や、生活スタイルは様々です。
ですが、共通している点は、「素敵な出会いが欲しい」という気持ちを持っているということです。
素敵な出会いを求めるというたった一つの目的で、たくさんの紳士淑女が集まっているのです。
企業の受付の女性、美容関係の女性、主婦、イベントコンパニオンさん、モデルさん、女優の卵、公務員の女性等、交際倶楽部に登録をしている女性の職業は様々です。
交際倶楽部に入会するだけで、普段の生活では知り合う機会がない女性と出会うことが、簡単に出来てしまうのです。
入会を躊躇している方は、今この瞬間にも生まれている素敵な出会いのチャンスを逃してしまっていることになります。

例えば、「気にはなっているけど仕事がまだ落ち着かないから、来年くらいに入会しよう」、「気持ちが固まったら入会しよう」と一歩を踏み出せずにいる間にも、毎日素敵な女性が登録に来ています。

人との出会いはタイミングも大切です。
入会を思い立ったそのタイミングに、貴方の理想の女性が登録に来ているかもしれないのです。
「そんな理想の相手に出会うことが簡単に出来るのか?」と疑問に思う方もいらっしゃることでしょう。
その夢のような出会いを実現している場が交際クラブなのです。
男性の理想とする女性のタイプは、十人十色です。
容姿ですと、長身スレンダーなモデル体型の女性を好む男性もいらっしゃれば、小柄なぽっちゃり体系の女性を好む男性もいらっしゃいます。
容姿だけでなく、性格や、ご職業、年齢の好みも様々でしょう。
ですので、当交際倶楽部ではより幅広く、また、より理想に近い女性との出会いを提供出来るよう、女性の面接を行うことに時間を費やしております。
もし、少しでも興味を持たれましたらいつでもご連絡くださいませ。
その少しの行動が貴方の人生を変えていくものになるかもしれません。