男性脳・女性脳

こんばんは(*^-^*)
銀座クリスタル倶楽部の塚原です★
8月も残すところあと僅か、明後日からは9月ですね。
まだまだ暑い日が続きそうですが、暦の上では秋です。
夏は情熱的な恋愛をしたくなりますが、秋はゆっくりとした大人の恋愛を楽しめそうですね。

交際クラブでの出会いに限らず、男女が恋愛する上で、お互いの違いを理解しておくことはとても大事だと思います。
身体の構造の違いは一目瞭然ですが、物事に関する考え方も男女では違いがあるようです。

例えば、ケンカをした時。

男性は、ケンカをした後でも、仕事が始まるとケンカしたことを忘れて仕事に没頭します。
というのは、男性は一つの事のみに集中する事が出来るからです。
反対に女性は、ケンカをしたことをその日一日覚えています。
仕事を始めても頭の中はケンカをしたという事実がぐるぐるまわっています。
ただそのことだけを考えているのではなく、同時に、仕事をしながらも、
今日のディナーはどこで食べようかということまでも考えられます。
ランチタイムには、同僚と、朝のけんか話の相談もしつつ、
短い間に話題が交錯しながらランチを楽しみます。
そして、また相手に会うなり、けんかの続きか謝るかの行動にでます。
というように、女性は同時に複数の事柄を考える事が可能です。

以上の事を理解すると、自分が彼女(彼)とケンカをした時等、
相手に対してイライラしたりすることもなくなりそうです。

他にも、悩んでいる時。

男性は、問題が起きるとその事柄をどのように解決するかを考え、
行動を起こして解決するような行動をとります。
反対に女性は、起こった問題について聞いてもらう事を望む傾向にあります。
女性が悩んでいる時は、アドバイスよりも悩みを聞いてあげること。
もしかしたら、これが一番の解決策なのかもしれません。

たった二つの事柄を例にとっても、これだけの違いがあります。

男性脳と女性脳の違いがわかると、気持ちの行き違いやイライラがずいぶんと減って、楽しい恋愛が出来そうですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加