贅沢な時間

銀座クリスタル倶楽部 スタッフの関口です。
こんにちは。
東京はまだまだ暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

先日、夏の真っ盛りのころに、一通のはがきを受け取りました。
久しぶりにお会いした方からの暑中見舞いでした。

会った時の気持ちと簡単な近況が書かれていて、私のことを気遣う言葉で締めくくられていました。

皆様は、手紙を書いたり、または受け取ったりする機会はありますか?
メールやTwitterやLINEといったツールが充実している現在、瞬時に相手に届かない『手紙』という手段をとることは少なくなっていますよね。
お忙しい日々を過ごされている方には敬遠されるツールでしょうか。

私も、やっぱり、手紙を書いたりもらったりする機会はほとんどないので、このはがきはすごく新鮮でした。
しかも年上の方からお手紙を頂くなんて…小学校の担任の先生から年賀状を頂いたとき以来でしょうか^^
私のことを気にかけて下さったこと、時間を取ってくださったことが伝わってきて、少し感動しました。

こんな、ゆっくりしたコミュニケーションは、強く心に残るなあと思いました。
現代のようにツールが発達していなかった時代は、当たり前のようにこういう手段で気持ちのやり取りをしていたんですね。
その頃の方が、もしかしたら今よりも相手の方と強いつながりを持てていたかもしれませんね

頂いたはがきは、また、…非常に達筆で。
文面を一目見たとたんに思わず緊張してしまったほどです。
目上の男性から手紙を頂いて、しかもそれが季節感を伴って見事な筆跡だったら。

ちょっと、うっとりしますね(笑)

その後は、お返事を差し上げるのに季節の文例を調べ、書きなれない文章を何度も練習して本番のはがきに臨んだことは言うまでもありません。

ちょうど残暑見舞いの季節です。
暑さ厳しい折、元気でお過ごしでしょうか、と、気持ちを送ってみるのにいい機会ですね。
そんなゆっくりとした時間をやり取りするのは、とても贅沢なことではないでしょうか。

一緒に贅沢な時間を楽しめるような人と出会っていただけたらと思います。
銀座クリスタル倶楽部で、ぜひ、いい出会いを。

このエントリーをはてなブックマークに追加