純粋に恋愛を楽しむ

ひたむきな恋・・・考えるだけで、なんだかくすぐったいような気持ちになりませんか?
交際クラブでは、くすぐったい気持ちになれる出会いがあります。
「今更この年になって、色恋に夢中になったところで疲れるだけではないだろうか」とお思いになる方もいらっしゃることでしょう。
そういったことを含めたとしても、ピュアな気持ちで楽しむ恋には、素晴らしいことがたくさんあるのです。
まずは、なんといっても、気持ちが優しくなります。
交際クラブに登録している女性は、主に20代前半~30代前半の若い女性がほとんどです。
女性との年齢差が親子ほどに離れているというカップルも珍しくないのです。
ですが、そういった歳の差があるからこそ、ひたむきに恋を楽しむことが可能なのです。
なぜなら若い女性には、「生まれて始めて」が、まだまだたくさんあるからです。
デートのなかでは、男性会員様からすれば普通の出来事が、女性にとっては物珍しく見えたり、とってもファビュラスで、リッチに見えることも多々あることでしょう。
そんな自分にとっては、ごく当たり前のことで、表情をコロコロと変えて喜ぶ女性の姿を目にした日には、「もっと喜ばせてあげたい」「次はここに連れて行ってあげよう」といった奉仕の気持ちが生まれます。
それは、ある意味、父性と似た感情かもしれません。
女性のために何かすることによって、とるに足りない些細なことが、驚くほどにキラキラと輝いて見えるかもしれないのです。
そうしたお付き合いが続くと、彼女に尊敬される自分でありたいと考え始め、自分磨きに精が出るようになったという会員様もいらっしゃいます。
お互いを高め合える関係って素敵なことではないでしょうか。
女性の目線から見ても、社会的な成功を収めた大人の余裕のある男性を見ると、学ぶことが多いはずです。
恋愛が充実すると、自然と仕事にも張りが生まれます。
気持ちが充足すると余裕が生まれ、正しい目線で物事を判断し、評価をすることが可能になります。
これにより、部下との人間関係がより円滑になり、経営者や成功者と言われる方にありがちな孤独感が薄れたというお話も耳にしております。
心から信頼できる方ができることによって、疑心や嫉妬心など、そういったマイナスな思考も薄れてくるのかもしれません。
当倶楽部には幅広い年齢層もさることながら、大学生やОLさん、モデルや客室乗務員など、さまざまな業種の女性が登録にお越しくださいます。
ぜひ銀座クリスタル倶楽部で、日常を彩り豊かにしてくれるような運命の女性探してみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の心を掴むには

いつの時代も女性は女として、ずっと綺麗で輝いていたいと思っている生き物です。

年齢を重ねても男性に女性として扱ってもらいたい、エスコートしてほしいと願っています。

ヨーロッパでは男性が女性をエスコートすることがスタンダードとなっていますが、日本ではまだまだ、その意識が恥ずかしいものと感じる男性が多いようです。

経営者の方や海外に馴染みのある会員様は、そういう慣習もマナーとして身に着けている方がいるかと思いますが、一般的な日本人男性にとっては、女性をエスコートするという行為を敷居が高く感じてしまうのかもしれません。

もともと、日本人男性は亭主関白という概念が強く根付いている部分があるので、真逆の行動に近い行動を起こすには、少し気後れしてしまうのかもしれません。

ですが、エスコートが上手にできる男性は女性にモテます。

過剰なアピールは嫌がられるかもしれませんが、されて嫌な気分になる女性はほとんどいないからです。

エスコート慣れしている男性を頼りになると感じる女性は多くいらっしゃいます。それは亭主関白とはまた違った、分かりやすい優しさを感じることができるからかもしれませんね。

「初めまして」の挨拶のあとに、スマートにリードしていただけたら、きっとその時間を心地よく感じて男性に対する好感度が大幅アップすると思います。

普段、他の日本人男性が恥ずかしくてできないエスコートを女性にしてあげることにより、デキる男性というイメージを持っていただけるというメリットもありますし、もし気に入った女性ならすんなりと口説きモードに入れるという利点も大きいと思います。

そして、女性は口説かれるまでの過程を重視しています。

男性として女性を心地よく扱えるというアピール…そういったプロセスを踏まないまま口説かれても、女性側はきっと前向きな気持ちにはなりづらいでしょう。

その日限りの出逢いであればそれでも良いかもしれませんが、「また貴方に会いたい」と思ってもらうには印象が足りないですよね。

せっかく貴重なお時間を使って出会う相手なので、心に残る素敵なデートになるように、ほんの少しの演出を加えるのも楽しみの一つではないでしょうか。

もしかすると、この交際クラブで出会う女性が貴女の運命を変えるパートナーになるかもしれません。

一度きりの出会いと思わず、素晴らしい逢瀬を重ねられるような素敵な出会いになるように、とっておきのエスコートで女性の心を掴んでみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェネレーションギャップは埋められます

交際クラブで知り合った若い女性だけでなく、年の離れた人との会話でジェネレーションギャップを感じることは日常的によくあることだと思います。

自分たちが若い頃に好きだった音楽や映画、テレビ番組、芸能人などを言っても若い人にはピンときていないのかちょっと戸惑われることもありますよね。
ですので、「昔は流行ってたんだよね~。」と苦笑いでお話を締めてしまう。・・・そんなことはありませんか?
たしかにジェネレーションギャップは時代がうつろう以上、仕方のないことです。
しかし、ジェネレーションギャップは埋められます。
若い人は、「親世代」のカルチャーをそれなりに理解している方も案外多いのです。
交際クラブに登録している女性は、男性会員様の「ジュニア世代」にあたる年代の方がたくさんいらっしゃいます。

そんな彼女たちは、幼稚園や小学校の送迎、家族のドライブで、ご両親が運転する車の中でユーミン、山下達郎、竹内まりあ、久保田利伸、大瀧詠一、YMO、ドリカムなど80年代を代表するゴールデン世代の音楽を聴いていた方も多いと思います。
その結果、好きか嫌いかはともかくとして、大人になってからも記憶に残っている方は多いのではないでしょうか。

たとえ時代が変わったとしても、数十年程度で人の感性は大きく変わることはありません。
良い音楽は時代が変わったとしても、聴き心地のよいものです。

若い女性に思い切って、若い頃の音楽の話をしてみてください。
きっと女性も「これいいですよね!」「聴いたことあります」なんてリアクションを返してくれると思います。

女性会員様にもカラオケ好きな80年代の音楽も歌える方もたくさんいるので、いっしょにカラオケに行って、好きな音楽を歌って、歌ってもらって、楽しく盛り上がれそうです。

そんな女性をお探しの際も、ぜひお電話にてリクエストしてくださいませ。

喜んであなたのお好みの女性をご紹介させていただきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


女性の隙を見抜いて口説く

好みの女性とデートをした時に、どの男性もプラトニック以上の関係を望まれることが多いと思います。
女性もフィーリングが合った男性なら、いつ口説かれても大丈夫という気持ちを持つ方も少なくありません。
ですが、男性の中にはどのタイミングで女性を口説けばいいのか分からず、悩んでいる男性もいるのではないでしょうか。
女性の好意のサインは、ほとんど無意識に態度に表れます。
【瞳が潤んで瞳孔が大きくなる】
人は興味や好意を持った相手を目の前にすると、自然と瞳孔が開きます。
これは本能によるもので、自分の意思に関係なく、目の前の相手に対して好意のサインを出しているのです。
男性に見つめられたときに「嬉しそうにはにかんで微笑む」、「そのままじっと目を見つめてくる」・・・そんな女性は高確率で貴方からの口説きを待っている可能性があります。
中には小悪魔的にそういった態度を見せてもすぐには気持ちに応えないという女性もいますが、それは好意あってこその態度なので、余裕な態度で振り回されてあげましょう。
次のデートの時は女性がノリノリになって来る可能性がありますよ。

【唇をなめる仕草は要チェック】
人は興奮してくると、のどが渇き唇をなめてしまうのも本能だそうです。
唇は第11の性器と言われるくらいセクシャルな意味を持つ場所です。
そこを舌で舐める仕草は、性的願望が高まっているということです。
異性と対面で食事をすることは、最もセクシャリティーな行為だと言われているのも、お互いの秘めたる部分を無意識に連想させられるからなのかもしれませんね。

【足を何度も組み替える】
女性の中には性的興奮が高まると足を何度も組み替える仕草が出てくる人もいます。
人は興奮状態になると大人しくしていられない生き物なので、足を組み替える動作で、そわそわする気持ちを紛らわせているのかもしれません。
貴方の前でしょっちゅう足を組み替える動作をしている女性はサインを出しているかもしれません。

【煙草を頻繁に吸いたがる】
女性が煙草を吸うことを好まない男性も多いと思います。
ですが、その苦手なアイテムが意外にも気持ちを表す道具になっていることがあるかもしれません。
煙草には鎮静効果があり、気持ちを落ち着かせようとして吸う場合もあります。
喫煙者の男性の方は身に覚えがあるのではないでしょうか。
なんだかそわそわして落ち着かないときに一服したくなる気分。
女性にも当てはまるということですね。
もし、女性がデート中に何度も煙草を吸いたそうにしていたら、それは、性的興奮を抑えるために無意識にしてしまっている可能性もあります。
そんな時は快く吸わせてあげるのも大人の余裕を表せていいかもしれませんね。

女性の口説かれたいサインを一例でご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
これからデートが控えている男性の皆様、是非、女性のOKサインを見逃さずに交際クラブのデートで楽しく充実した時間を手に入れて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加


秋の空と男女の心

「女心と秋の空」とはよく言ったもので、実際に、「女心」というものは掴み所が全くありません。
お天気のように、「明日は不機嫌なる模様!プレゼントを用意しておくと良いでしょう。」という予報があれば、どんなに楽でしょうか。

◆どうして「秋の空」なの?
秋というものは、紅葉や行楽シーズンで、過ごしやすく気持ち良い印象を受けますが、たしかに移ろいやすいものです。
実は秋は、高気圧と低気圧が交互に通過していくためから、コロコロと天気が変わるそうです。これを移動性高気圧と言い、晴れている時は、澄んだ青空が広がりますが、雨の日はとことん下り坂という落差が生まれるという訳です。
これを、感情の起伏が激しい女性の心にたとえて、「女心と秋の空」というようになったというのですが、なんと元来は「男心と秋の空」だったというのです!

◆「男心と秋の空」
このことわざは、元々は「女心」ではなく、「男心」だったそうです。
現代ではどちらかというと「女心」の方がなじみがある分、なんだかしっくり来ないですよね。
というのも、このことわざが生まれた江戸時代は、女性の浮気は死罪だったのに対して、男性はそれほど罰せられることが無かったため、男性はとても浮気性だったそうです。
当時は若い娘に「男は狼」的な意味合いで男性との交遊を戒めるために使われていたそう。
元々は浮気者の男性を揶揄したことわざだったんですね。

◆「女心と秋の空」
では、いつから「男心」に変わって「女心」が定着したのでしょうか。
それは江戸時代よりも少し現代に戻った明治時代のこと。
イギリスのことわざで「A woman’s mind and winter wind change often」というものが伝わりました。
これは「女心は冬の風」というもので、風向きが変化しやすいイギリスの気候を女心に例えたイギリスならではのことわざです。
文明開化により、江戸時代に比べて女性の地位向上の兆しが見え始めたこの時代は、女性も恋愛に対して、自由に自分の意思を伝えることができるようになり始めたということもあり、日本で馴染みのあった「男心と秋の空」にとって変わったという訳です。

男心は浮気性な性質を、女心は感情の起伏が激しく不安定な性質を表現していたわけですが、性別が違うだけで意味が変わってきますよね。
同じようなことわざに、「分からぬは夏の日和と人心」というものがありますが、やはり人の心というものはお天気のように変わりやすいようです。
それが恋愛だと、なおさら普段の自分を保てないということなのだと思います。
ある意味そういった乱れるような恋愛も時として必要なのが、男と女なのかもしれません。
銀座クリスタル倶楽部は年齢も幅広いことながら、さまざまなタイプの女性が登録にお越しくださいます。
銀座クリスタル倶楽部で、秘密の恋愛をしてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加