冬のデートの誘い方

人肌恋しい季節こそ、お目当ての女性との仲を深めたいものです。
交際クラブで出会った女性とデートを重ねて恋人関係に進展させたくても、肝心のデートを断られてしまっては元も子もなくなってしまいます。
スムーズにデートの誘いをOKしてもらうにはどうしたら良いのでしょうか?

交際クラブには、普段お仕事に励まれている大人の女性が多く登録しています。
大人の女性ならば、週末の仕事帰りに食事に誘うのがベターでしょう。
しかし、交際クラブには「ウブ」な素人の女性が登録していますので、焦らずに何度か昼に会ってから口説くのが有効な場合もあります。
「ランチに誘いたいけど、時間あるかな?」と、あらかじめ昼の時間帯に誘えば女性も気軽にデートの誘いを受けてくれることでしょう。

また、10代20代の若い世代は「デートは割り勘」が常識の世代です。
割り勘だからこそ、安価なお店に行くことも多くなります。
ですので、お誘いをする際に、「○○をご馳走するよ」と一言添えると、女性の気分もグッと高揚しOKしてもらえる確率があがる傾向にあるそうです。
デートセッティングの際は、女性に好きな食べ物を尋ねると期待でテンションが上がるので、倶楽部を通して初めにリサーチをし、ぜひ彼女好みのランチデートを演出してみてはいかがでしょうか。

また、クリスマスムードが漂う時期は、男性女性問わず何かと出会いが多くなります。
お目当ての女性の予定が埋まってしまう前に、クリスマスの約束を取り付けておいた方が良いでしょう。
出会って間もなくとも、まずは先手必勝です。
好みの女性だったら「ぜひクリスマスは一緒に食事をしたい」とアピールしてみてはいかがでしょうか。
女性も一人では過ごしたくないはずなので「食事だけなら…」とデートを承諾してくれることが多いようです。
少し豪華なレストランを予約して、店のホームページのURLなどをメールで送ると、女性も期待が膨らんでデートを楽しみにしてくれます。
雰囲気の良いレストランで楽しい時間を過ごせれば、その先の付き合いにも発展しやすくなるので、彼女をもてなすつもりで最高のクリスマスを過ごしましょう。
クリスマスに限らず、冬はイベントごとが多いものです。
年末年始にバレンタインデー、ホワイトデーなど、女性と出かけたいイベントが目白押しになってきます。
人肌恋しいのは女性も同じで、一人でいるより男性と一緒にいたいと切なく思うこともあることでしょう。
冬の恋はイベントを背景に、ロマンチックなムードになりやすいので、駆け引きよりも素直で優しい態度が効果的になります。
出会ったばかりの女性だったら、「また会いたい」、「君のことが忘れられない」などと率直な気持ちを伝えると女性も感動してつながりやすいはずです。
「1時間だけでもいいから会いたい」など、ハードルを下げると女性も承諾しやすいので、少し下手に出るつもりでアプローチしてみてはいかがでしょうか。
冬は焦らずゆっくりと彼女の心を開くつもりで、真摯に向き合ってくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

恋人未満からの卒業

交際クラブでは、最初にお会いするデートのセッティングのみを承っています。その後のお付き合いについて二人でご自由に決めていただけます。
会員様の中にも、長く良いお付き合いを続けている方がいると思います。一方で交際クラブを通して出会ったが故に、「恋人未満」の関係がダラダラと続き、なかなか「恋人」と呼べない、というお悩みをお持ちの方のお話もお伺いすることがあります。
本ページでは、「恋人未満」を卒業し、晴れて「恋人」と呼べる関係へのHOW TOをお伝えします。

第一のステップ・・・、「相手に自分の存在を意識させる。」
「恋人未満」のままなのは、彼女があなたのことを異性として見ていないことが原因かもしれません。
解消するには、あなたが男性である、つまり異性であることを、再認識させることです。
まずは、自分から相手の気持ちを引くような駆け引きをしてみましょう。
「あれ?わたしのことが好きなのかも・・・」と気付くように積極的に素直な気持ちをアピールしてみましょう。
大人になると恋に臆病になります。でもそれは、女性も同じです。そして歳を重ねると、言葉ではなく行動で示すことが多くなるかもしれません。だからこそ、彼女に自分の素直な気持ちを伝えてみましょう。
そして、彼女があなたのことを意識してきたら、次は自分の私的なことを話したり、仕事のことを話したりしてみましょう。極めつけは悩みごとを相談してみることです。
これは、心理学でも証明されており、「自己開示の法則」といいます。
「自分だけが知っている。」という特別な感情を相手から引き出すことが、非常に効果的なのです。
女性には、「母性」が伴っていますので、貴方の考えや悩みを打ち明けることで、「私が傍にいてあげなきゃ。」、「私が何かしてあげなきゃ。」という使命感にも似た女性特有の感情(母性)が出てきます。
その感情は、すぐに愛情に変わり、恋人に発展しやすくなるのです。

第二のステップ・・・「自分のことをどう思っているのかを、率直に相手に聞いてしまう。」というのもひとつのテクニックです。
堅苦しく、真面目な「告白」をするのではなく、あくまで冗談っぽく会話の流れで聞いてみるのがよいでしょう。
相手が放った「言葉」ではなく、とっさの「反応」を見れば、あなたのことを「恋愛対象」としてみているかどうかが分かりますよ。

そして、時には思い切って連絡を絶つのも大切です。
特にこれは、長い間「恋人未満」になっている男性におススメです。
一度、こちら側からの連絡を絶つことで、相手から意外な反応があるかもしれません。
「恋人未満」という関係は、男女共にライバルが他にもいるのかもしれません。
男性が特定の女性にぞっこんの場合、モテる女性であればある程、貴方を「キープ」として考えているかもしれません。
お互いが同じくらい好き同士であれば、直ぐに恋人になっているはずですから。
そこで、男性側から連絡を絶つと、「他にいい子ができちゃったかも。」、「飽きられてしまったかもしれない・・・」と急に焦り出し、さらには、存在が不確かなライバルに対して嫉妬心も芽生えてくるのです。
そうして、女性はあなたのことをようやく「必要」と切実に感じるのです。
女性にとって大切な存在になれれば、それはもう恋人でしょう。
モテる女性を自分のモノにするには、これらのような恋愛のテクニックをうまく活用しないと、彼女にとっての特別な存在になれないかもしれません。

いかがでしょうか。
是非、巧みに恋愛のテクニックを操り、「恋人未満」から恋人へ昇格してみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

嫉妬のストラテジー効果に学ぶ恋愛テクニック

交際クラブで出会った女性と、何度かデートを重ねたのに付き合うかどうか微妙な関係のまま、ずるずると関係が続く・・・というような経験はないですか。
お互い発展性を持たせたお付き合いを意識しているのに、何らかの決定打があるわけでもなく、友達以上、恋人未満の関係をだらだらと続けていて、付き合わないまま・・・と悩まれている方もいらっしゃることでしょう。
今回は、そんな悩める男性会員様のために、「嫉妬のストラテジ―」という心理効果を使った恋愛テクニックをお伝えしたいと思います。
あまり聞き覚えのない言葉かもしれませんが、「嫉妬のストラテジ―」というのは、相手をわざと嫉妬させることによって、恋心に火をつける戦略(ストラテジー)のことです。
「嫉妬」は、恋愛においてスパイスとなり、相手を口説き落とすために重要な役割を持ちます。これをうまく活用するのです。
女性はライバル意識が非常に強い生き物ですので、ライバルの存在を意識させることで、「早くこの人を私のものにしないと!」という焦りの感情を生まれやすくなります。
交際クラブで出会っている間柄ですので、相手の女性は、「私以外にも付き合っている女性がいるのかも・・・。」、「もしかして、前に会った子と比べられている?」ということは少なからず考えるものです。
その心理を有効活用しましょう。
どのようなことかと申しますと、例えば、「実は、この間会った女の子に告白されていて困っているんだよね。」、「言い寄られているんだよね。」などと、話してみるのです。
相手の女性以外の「女の影」をチラつかせ、嫉妬心を駆り立ててみましょう。
相手の女性は「ふ~ん。」、「そうなんだ~。」などとそっけない態度を取るかもしれませんが、腹の中ではきっと嫉妬に狂いそうになっていることでしょう。
このように、好意を寄せている女性に、悩みを打ち明け、相手の反応を探るのが大事なのです。
相手もあなたに好意があるようであれば、多かれ少なかれ、何らかのアクションを起こすはずです。
しかし、あくまで「困っている」から「好意を持っているあなたに相談したい」というスタンスがポイントです。
単に、告白されていることや言い寄られていることをアピールしすぎてしまうと、ただの「モテ自慢」になってしまいます。
「嫉妬のストラテジ―」効果は、相手に、「僕はあなたに好意を持っていますよ。」ということを伝えている前提で、有効になってくるテクニックですので、そこだけ注意が必要です。
また、女性は、母性本能が備わっているため、普段お忙しくお仕事をしている男性が、自分にだけに悩みや弱さを打ち明けてくれると、「この人を守ってあげたい」「この人の支えになりたい」と感じるようです。
「告白されて困っている」と相談されると、嫉妬すると同時に、「私がそばにいてあげないと」という気持ちも生まれやすくなります。
友達以上、恋人未満の関係を絶ち、晴れて恋人に昇格できるように、是非、「嫉妬のストラテジー効果」を使ってみて下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

交際クラブで理想のマドンナに出会いましょう。

貴方は甘酸っぱくて、淡い初恋を覚えていらっしゃいますか?
毎日ときめきをくれた学校1のマドンナ、ブラウン管に映る笑顔に癒されたアイドル、そしていつもそばで微笑んでくれた幼馴染。
そんな初々しいもぎたて果実のような初恋の人は、誰しも忘れられないものですよね。
日々仕事に追われていると、少し時間を忘れて素敵な女性と笑いあいたい、トキメキが欲しい、癒されたいと思うこともあると思います。
そんな若かりし日のピュアな気持ちを思い出させてくれるのが交際クラブです。
交際クラブは愛人倶楽部とは違い、純粋に出会いを求めている男女の集いのことを言います。
よく愛人クラブと交際クラブを同じものとして捉える方がいらっしゃいますが、実は全くの別物なのです。
男女が割りきった関係を結ぶ事だけに着目しているクラブのことを「愛人クラブ」と称するのに対し、交際クラブは婚活や出会い、お食事のデートを楽しみたい、一緒にゴルフを楽しみたいなど男性会員様の幅広いニーズに応えることができます。
その為、素敵な出会いがあり、更にお互いのフィーリングが合えば、「恋人」として長くお付き合いをする事も可能です。
実際に当クラブの男性会員様も、「最初は興味本位で入会をしたけれど、実際にデートをした女性がとても素敵で今後もお付き合いを続ける事になりました。素敵な方をご紹介下さり有難うございます。」と報告して下さる方が非常に多いのです。
また、中には恋愛関係に発展するだけではなく、お会いしてからお友達として仲良くなるケースもあるようです。
愛人クラブの場合は、本気で女性を好きになったとしても、割りきった関係を求めて登録している女性が多い為、その後に恋人としてお付き合いに発展させるのは難しいかもしれません。
当交際クラブは、人と人との縁を繋がせて頂く事に誇りと自信を持っています。
当クラブにご登録なさっている女性は、知的で高学歴の女性や、初々しくて可愛がりたくなる大学生、更にはタレントをしている綺麗な方や抜群のスタイルのモデルの方など様々な職業の方がいらっしゃいます。
ご自身とは全く違った職業の女性とお会いして、視野を広めるという事も交際クラブでは出来るのです。
もしも興味がございましたら、是非一度お問い合わせ下さいませ。
少年時代の純粋な気持ちを取り戻して頂けるように、また、貴方様の理想のマドンナに出会えるように私共が精いっぱいサポートさせて頂きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加