待ち合わせ場所の決め方

交際クラブの初セッティングでは、シティホテルのロビーやラウンジ、レストランなどをお待ち合わせの場に指定される男性が多くいらっしゃいます。
私どもスタッフも、男性会員様よりお待ち合わせ場所の相談を受けた際は、上記のような場所をご提案しております。

それでは、初回のデートの後、2回目、3回目のデートの際は、どのような場所でのお待ち合わせを選んでいらっしゃるのでしょうか。
2回目以降のデートでは、初回のお顔合わせよりもリラックスした気持ちで、デートに臨めると思います。
初回よりは、お互いのことが分かっているという点からも、より男性のプライベートな場所でのお待ち合わせを選ぶことも多いようです。
当倶楽部をご利用されるような男性会員様は、仕事上でのお付き合いや接待などで、高級レストラン、話題のお店、紹介制を導入しているお店など、普通の女性にはいくことができないようなお店をご存じだと思います。
交際クラブに登録する女性は、男性へのサポートを望んでいるだけではなく、年上の男性とのデートそのものを楽しみにしていらっしゃいます。
先に述べた自分ではいけないような場所へのエスコートなどを夢見ているのです。
非日常を経験すること、それもまた、女性たちが望む交際クラブでの男性とのお付き合い方なのです。


また、男性の中には、女性を喜ばせようと、女性に行きたいところや食べたいものの希望を聞くことがあると思いますが、気心が知れるまでは、男性側が決めてあげるほうが女性もうれしいのではないでしょうか。
最初のうちに聞かれてしまうと、女性も気後れしてしまい、男性にとって負担の少ないところを選んでしまうかもしれません。もちろん、このような気遣いのできる女性あれば、長いお付き合いもできそうな相手と感じられますが、困るのは真逆の考え方を持つ女性だった場合です。
男性が思いもよらないような高級なお店をリクエストするかもしれませんし、何かしらの理由で希望をかなえてあげられないかもしれません。そうなった場合、コミュニケーションが十分に取れていない二人の空気が気まずいものになってしまうのは想像できると思います。
このようなことにならないために、最初のうちは男性が決めて、自信をもって女性をエスコートしてあげてくださいね。


もしデートプランに困ったときには、当倶楽部の女性スタッフにご相談くださいませ。
皆様が楽しいお時間を過ごせますよう、お手伝いさせていただきます。


女性に好感を持たれる誘い方

今回は、これから交際クラブで女性との出逢いをお探しするという皆様へ、女性へのスマートなお誘いの仕方をお伝えしていきたいと思います。 交際倶楽部では女性は男性からのデートのお誘いを待つスタイルです。 そ…

素敵な紳士とは・・・

私たちスタッフは、日々、面接でたくさんの女性にお会いしておりますが、彼女たちが交際クラブに登録をしにくる理由の一つとして、「紳士的な男性に出会いたい」という願望をよく耳にします。 やはり若い世代の男性…

お誘いの時からデートは始まっています

交際倶楽部はお二人の大切な初デートをセッティングさせていただきます。

デートのセッティングは、男性会員様が登録女性をお誘いする形でスタートし、女性がOKをすればデートが決定するというシンプルなシステムで進行します。

この間は、中継としてスタッフが男性のご意向や女性のお返事を、それぞれにお伝えいたしますので、お二人はデート当日にはじめてお会いし、フィーリングが合えば、2回目、3回目と継続したお付き合いを実現していただくことが可能です。

しかし、デート当日に初対面されるからといって、そこから全てがスタートするわけではありません。

お誘いの時からデートは始まっています

私たちスタッフは、セッティングの段階でデートがスタートしていると考えております。

と言いますのも、お誘いの時点で、男性の雰囲気やどんなお人柄をされているのかというのは、なんとなくにじみ出て、女性に伝わるものなのです。

例えば、お誘いされるお日にちや場所です。

会員様によっては、急なお日にちでお誘いされることもあるかと思います。

ですが、あまりにも急な日時でのセッティングとなりますと、「私じゃなくても、今日会える人だったら誰でも良いのかな」と思われてしまうこともあるかもしれません。

そうならない為には、お誘いの段階で、女性のアクセスしやすいエリアをお伺いしたり、あらかじめ何時までのデートだったら大丈夫なのか聞いてみたりと気遣いを見せれば、女性に要らぬ心配をかけることがありません。

こういった背景から、基本的には前もってお誘いをしていただくことをおすすめします。

ですが、かなり余裕を持った日程で決定していたデートも、急にお仕事の予定が入ってしまったということもあるかもしれません。

そういった時でも、改めて女性の都合の良い日程で再セッティングを依頼することで、女性に好印象を与えることが可能です。

また、その他にも、お食事をご一緒するデートでしたら、あらかじめ女性の食事のお好みをお伺いすることで、より女性に喜んでいただけるでしょう。

このように、お会いするまでにほんの少しの気遣いの姿勢を見せるだけで、当日のデートの感触は大いに異なります。

お誘いの時からデートは始まっています

登録女性は、男性会員様とちがって、どのような方とお会いできるのかが基本的に分かりませんので、当日のお待ち合わせ時間まで不安な気持ちを抱えていらっしゃることが多いからです。

セッティング進行中にも女性に気をかけることが、デート当日で成功を納めるちょっとしたコツとなるかもしれませんね。


女性の心を掴むには

いつの時代も女性は女として、ずっと綺麗で輝いていたいと思っている生き物です。

年齢を重ねても男性に女性として扱ってもらいたい、エスコートしてほしいと願っています。

ヨーロッパでは男性が女性をエスコートすることがスタンダードとなっていますが、日本ではまだまだ、その意識が恥ずかしいものと感じる男性が多いようです。

経営者の方や海外に馴染みのある会員様は、そういう慣習もマナーとして身に着けている方がいるかと思いますが、一般的な日本人男性にとっては、女性をエスコートするという行為を敷居が高く感じてしまうのかもしれません。

もともと、日本人男性は亭主関白という概念が強く根付いている部分があるので、真逆の行動に近い行動を起こすには、少し気後れしてしまうのかもしれません。

ですが、エスコートが上手にできる男性は女性にモテます。

過剰なアピールは嫌がられるかもしれませんが、されて嫌な気分になる女性はほとんどいないからです。

エスコート慣れしている男性を頼りになると感じる女性は多くいらっしゃいます。それは亭主関白とはまた違った、分かりやすい優しさを感じることができるからかもしれませんね。

「初めまして」の挨拶のあとに、スマートにリードしていただけたら、きっとその時間を心地よく感じて男性に対する好感度が大幅アップすると思います。

普段、他の日本人男性が恥ずかしくてできないエスコートを女性にしてあげることにより、デキる男性というイメージを持っていただけるというメリットもありますし、もし気に入った女性ならすんなりと口説きモードに入れるという利点も大きいと思います。

そして、女性は口説かれるまでの過程を重視しています。

男性として女性を心地よく扱えるというアピール…そういったプロセスを踏まないまま口説かれても、女性側はきっと前向きな気持ちにはなりづらいでしょう。

その日限りの出逢いであればそれでも良いかもしれませんが、「また貴方に会いたい」と思ってもらうには印象が足りないですよね。

せっかく貴重なお時間を使って出会う相手なので、心に残る素敵なデートになるように、ほんの少しの演出を加えるのも楽しみの一つではないでしょうか。

もしかすると、この交際クラブで出会う女性が貴女の運命を変えるパートナーになるかもしれません。

一度きりの出会いと思わず、素晴らしい逢瀬を重ねられるような素敵な出会いになるように、とっておきのエスコートで女性の心を掴んでみませんか。