女性から愛される男性とは

男性だって、女性から愛されたいって思う瞬間がありますよね。
女性が西野カナの「トリセツ」ならば、男性はさだまさしの「関白宣言」があるように、こんな風に異性から尽くされたい!と思う理想が誰しも必ずあるはずです。
しかし、あまり押しつけ過ぎても、「関白失脚」(関白宣言の続編に、こんなタイトルの歌あるのです。)しかねないのもまた事実かもしれませんn。
近年は、男女平等の旗の下、核家族の増加や女性の地位向上に伴い、三歩後ろを歩くべし、とはかけ離れ、草食系男子・肉食系女子なんて言葉も生まれました。
ですが、恋愛とは、愛し愛されて初めて成立するもの。
普段は、紳士的にリードはしつつも、時には大きな愛でもてなされたいと思う、男性会員様も多いことでしょう。
しかし、世の中には女性にとことん尽くされている男性もいます。
そんな女性から愛されて仕方ないといった男性って、一体どんな人なのでしょうか。

その大きな特徴が、母性本能をくすぐる要素があるといったものです。
女性が好きになる男性のポイントとして、屈強で頼りになる人というのは、鉄板中の鉄板ですが、そんな男性が、自分にだけ見せる一面があると知ると、女性からの好感度は大きく上昇します。
一般的に、母性本能というものは、母が子に向ける愛情のようなもの。
これは、「弱いものを守りたい」といった庇護欲から生まれる感情です。
このように、女性から愛される男性は、心を許した女性にだけに見せる顔を、必ず持っています。
普段はクールな人が、好きな女性の前では屈託の無い笑顔を見せたりすると、それだけでも女性のテンションは急上昇です。
ギャップに弱いのは、女性も同じであると言えそうです。
そういった女性が弱いギャップの一つに、見た目は穏やかそうなのに、内面では男の色気で溢れている!といったものがあります。
所謂、「ロールキャベツ男子」です。
このロールキャベツ男子がどういった人種かといいますと、端的にいえば、見た目は草食系なのに、内面は肉食系な男性のことを指します。
一見、大人しそうに見えるのに、ここぞという場面では、男性的な魅力をしっかり兼ね備えているこの「ロールキャベツ男子」こそ、まさに女性に愛される男性の象徴であると言えるでしょう。

いかがでしょうか。
女性から愛される男性は、何かしら幼い一面であったり、特定の女性しか見せない隠された顔があるようです。
恋愛とは、お互いの愛情が、過不足なく平等に与えられて初めて成り立つものです。
「女性から思いっきり愛されてみたい」と思う男性会員様は、敢えて女性に甘えてみるのも良いかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

理想の男性像

「貴女の理想の男性は?」と、十人の女性に質問をして、十人が十人とも同じ答えで返ってこないと思います。理想の男性像というものは人それぞれです。
「女性という生き物は、こういう男性が好きなんでしょう?」と一括りにすることはできません。
背が高くないと駄目!と言う人もいれば、車を持っていないと嫌!と言う人などさまざまです。
しかし、女性が理想とする男性像には、いくつかの共通点があります。
その共通点をまとめてみました。

優しい人が好かれるのは、万国共通です。
今も昔も優しい人って男女問わず、愛される人の条件だと思います。
きっと100年後も、優しい男性はモテること間違いなしでしょう。
しかし、ここで言う「優しい」は、ただただ甘やかすものとは違うものも含まれます。
親身になっているからこそ、時には叱ってあげたり、諭してあげることも、本当の意味の優しさなのではないでしょうか。

そして、懐の深い男性は、「優しい」と同じくらいに、求められているように思います。ある意味、父性と似たようなものであるとも言えます。
女性は、どんな時でも自分を温かく包んでくれる存在を欲しています。
包み込むような愛を、女性は本能的に求めているのかもしれません。

また女性が特に気にする清潔感。清潔感のある男性は、それだけで素敵に見えます。
シワのないスーツでピシっとキメている男性を見て、悪い印象を抱く人はいないと思います。
逆にだらしのない印象を与えてしまう服装は、どんなにイケメンでも一緒に歩きたいと思う人はいないのではないのでしょうか。
そういった点が最も顕著に表れるのが、靴と言えます
「お洒落は足元から」という言葉があります。
フランクな場のデートであっても、くたびれた感のある靴は選ばない方が無難ではないでしょうか。

また、経済的に安定している男性は、交際クラブに登録に来る女性でなくても良い印象があります。
近年では、女性の社会進出が活発ですが、それでも男女の平均年収はまだまだ大きな差があると言えます。
交際クラブでのお付き合いですと、「普段では行く事のできないような素敵な場所でのデートを楽しみたい!」という女性も多くいらっしゃいます。
こういった点からも、初めてのデートは一般の女性がなかなか行けないようなレストランをお選びいただくのが良いと思います。

いかがでしょうか?
いくつか例を挙げてみましたが、男性の好みは女性によって様々であると言えます。
ですが、上の特徴が一つも当てはまって居ない男性を、求めていない女性は皆無に等しいでしょう。
女性の理想の男性像が気になった際は、思い出してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

見落としがちな身だしなみ

男性が女性の身だしなみを気にするように、女性も男性の身だしなみを気にします。
ちょっとしたミスで、彼女の気持ちが離れてしまう……ということも少なくないようです。
交際クラブで出会う男女でも同じことがいえるのではないでしょうか。

今回は、デートの前に女性から嫌われることがないように、「デート前に気を付けておきたい身だしなみチェックリスト」をご紹介いたします。

折角お洒落にスーツでキメても、その肩にフケが積もっていたら台なしです。
黒や紺のスーツでは、余計に目立ってしまいます。冬の乾燥する時期は、特に気をつけましょう。

鼻毛は普段から手入れをしている方も多いと思いますが、男女の身長の差もあって、女性からは鼻毛がチラリと見えてしまうことも多いようです。
出かける前には入念にチェックしましょう。

ついつい見落としがちなのが、耳垢です。自分では見えにくいところなので、見落としがちになる所なので気をつけましょう。

意外にも、女性は男性の爪を見ています。男性も、爪の長い女性を好まない方が多いと思いますが、それは女性も同じです。爪を伸ばしている女性でも男性の爪に対しあれこれ言うのは自分勝手に思えてしまいますが、あまりにも手入れをしないと、不潔に思ってしまうのは男女共通のようです。
最近では、男性専門のネイルケアサロンもありますが、デート前日には短く爪をカットし、余裕があれば軽くヤスリをかけておきましょう。

一般的に、女性は男性よりも匂いに敏感です。
「彼の匂いをどう思いますか?」という質問に9割以上もの女性が「好き」と答えた調査の結果が出ているように、女性は匂いで好みがわかれるという人が多いようです。
口臭、体臭対策は普段から念入りにし、身の回りの人にチェックしてもらうようにしましょう。
また、自分にとっては普通でも、女性には匂いが強すぎるのが意外にも香水です。
普段使いのものだと、尚更自分では判断しにくいので、主張しすぎない程度に、ほのかに香る程度に留めておきましょう。
出かける前に、ズボンのチャックが閉まっているかチェックしましょう。ズボンのチャックの閉め忘れは注意もしづらいものです。
清潔感のある装いは、どんな服装のジャンルであっても、とても大切です。
デートが始まる前には、必ず鏡でチェックすることを、おすすめします。

どんなに高いものを身につけていても些細なことで第一印象が悪くなるともったいないですよね。
忙しく仕事をしているとつい忘れがちになることですが、デートの前にちょっとチェックしてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加