出会いを求めるなら、交際クラブが最適です

大人になると新しい人との出会いは、年々難しくなってきますよね。
恋人と呼べるような相手が欲しくても、一緒に食事をしたり、恋愛に発展するような女性との出会いはなかなかないと思います。
ビジネスの場での出会いを避ける男性は多いですし、仮にお付き合いする女性を見つけられたとしても、別れた後が面倒になったりすることもあります。
婚活パーティーは費用もそれなりにかかりますし、登録するまでに少し勇気も要りませんか。
そして基本的に真剣な出会いを求めている場です。つまり、遊び目的の人はゼロに近いので気軽には誘えません。
また、近年増えているSNSでの出会い系はあまり良いイメージがありません。
会うまでのやり取りも面倒ですし、いざ会うとなっても本当に会えるのか、どんな人なのか不安要素が多いですよね。

空いた時間に一緒に食事をしたり、どこかに出かけてみたり、そんな女性を探すのは忙しくお仕事をしている男性にとっては簡単ではないと思います。
出会いを求めて時間を作ったり行動しようと思っても、いざとなると何をしたらいいのか分からないという方も多いでしょう。

そこで、自分の好みに近い女性と簡単に出会えることができるのが交際倶楽部です。
セッティングは全て倶楽部のスタッフが行います。
ご自身ですることといえば好みの女性を探して、倶楽部に伝えるけですので、その後のことは、スタッフにお任せいただければ大丈夫です。

当交際クラブに登録している女性は学生・OL・主婦・モデル・CAの方など、年齢も職業も多様で、むしろ選ぶのも大変なくらい膨大な数の方が登録していらっしゃいます。
登録数が多い分、好みの女性を探しやすいですし、出会える数も多いということです。
選びながら「この女性と会えたら・・・」などと想像すると、楽しい気持ちになりますよね。
忘れかけていたドキドキやワクワクとした気持ちがよみがえってくるはずです。
異性と出会ったりデートをすることは、気持ちも若返りますし、歳の差がある相手との会話は新たな発見もあったりして視野もさらに広がるのではないでしょうか。

素敵な出会いを銀座クリスタル倶楽部が提供させていただきます。
もう一度ときめきを思い出してみませんか?

まずはぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性がバレンタインに込める想い

バレンタインが近づいて来ると、ソワソワしたり、ウキウキしたりしませんか・・・。
不倫がことのほか叩かれる昨今、皆様如何お過ごしでしょうか。

バレンタインといえば、会社で義理チョコをいただく方も多いと思いますが、『正真正銘なんの他意も無い義理チョコ』と『気持ちが込められた、義理チョコに見せかけた本命チョコ』がありますが、貴男には見分けがつきますか?
見分けがつかないですよね・・・むしろ、つかないのが普通です!

クリスマスやバレンタインなどのイベントが嫌いな女性はいませんが、既婚者の男性とお付き合いしている女性や交際クラブに登録している女性にとっては、悩ましいのがこのイベントです。

「プレゼントを渡したいけど、奥様に不審がられたら困る・・・・・・」、「本命がバレバレの気合いの入った高級チョコを渡したら迷惑なんじゃないかしら・・・」、「かといって会社の女の子があげるような、奥様に見られても言い訳できるようなチョコだと自分の気持ちが伝わらないような気がする・・・」などなど、既婚者の男性とお付き合いしている女性は悩みが尽きません。

結果、『義理チョコに見せかけた本命チョコを渡す派』、『贈りたいものを渡す派』、『考えすぎて渡せなくなる派』に別れることになるかと思います。 
貴方の彼女はどのタイプでしょうか?

『義理チョコに見せかけた本命チョコを渡す派』の女性は、空気を読んで大人の対応ができるバランスの良い女性です。
ただ、争い事は嫌いなので、男性によっては「刺激が足りない」と感じるかもしれません。

『贈りたいものを渡す派』は、自分の欲求に素直な女性です。
「他人にどう思われるか」より「自分がどう思うか」が大事なので、この中では一番刺激的なタイプだと思われます。

『考えすぎて渡せなくなる派』は、普段から自分の意見をあまり言えない大人しい女性です。
気を遣いすぎて、自分をアピールができないことも多い不器用なタイプなので、損な役回りの人生を送っていることでしょう。

もし、今年のバレンタインでお付き合いしている彼女からチョコレートが貰えなかった時は、彼女が上記の3つのタイプの中でそれに該当するか考えてみてください。
普段は自由奔放に振る舞っているように見える女性でも、『考えすぎて渡せなくなる派』の女性である可能性もあるので、チョコをもらえなかったからといってガッカリして彼女を振るなんてことがないようにしてくださいね。

ちなみに、上記の3つのタイプの中で一番情念深いのは、『義理チョコに見せかけた本命チョコを渡す派』の女性。
「他人に迷惑をかけないように、でも、自分の主張は通す」という、実は一番の策略家なのです。
普段は物分かりが良いように見えますが、怒らせると豹変するタイプです。
『贈りたいものを渡す派』は、あげたければあげるし面倒くさいと思ったら渡さない。
別れ話を切り出された時は一瞬駄々をこねるかもしれませんが、後腐れ無くすんなり別れてくれます。
『考えすぎて渡せなくなっちゃう派』は、別れるときでも自分の意見を言えないまま、相手の意思を尊重して飲み込んでしまうでしょう。
既婚男性と付き合っている女性の『バレンタインデーの正解』は、『デート中に一緒に食べれる量のチョコを持参する』です。
デート中に食べて証拠隠滅すればいいのですから、この正解に辿り着いた女性とお付き合いしている男性は、ラッキーです。
是非とも大切にしてあげてください。

お付き合いしている女性が『考えすぎて渡せなくなる派』だった場合は、バレンタインに彼女から何も貰えなくても、ホワイトデーのお返しに何かサプライズで彼女にプレゼントしてあげてください。
そうすれば女性が「あ、こういう風にすれば良いのか」や、「この人はイベント嫌ではないのだ」と学んでくれますから、今後のお付き合いもスムーズにいくようになると思いますよ。

イベントに対する思い入れは個人差が大きいものです。
しかし、お付き合いしていて盛り上がる為には外せないポイントです。
温度差がある場合はやはりどちらかがつまらないと感じるようになってしまいます。
そうならない為にも、イベントを上手く取り入れて、良い恋愛のスパイスにしたいものですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お姫様になりたい女性たち

銀座クリスタル倶楽部には、日々、OLさんや学生さんをはじめ、女優やモデル、CAさんなど、さまざまな職業の女性が面接にいらっしゃいます。
下は10代から上は50代まで、幅広い年齢層の方が登録されていますが、一番多い年齢層が20代~30代の女性です。
ここで一つ疑問に思うのが、そういった若年層の方は、交際クラブを利用しなくとも、恋愛を謳歌できるのではないかということです。
ではなぜ、そのような若い女性が、交際クラブに登録するのでしょうか。
今回は、若い女性が登録にいらっしゃる背景についてお話します。

最近、何かと「パパ活」という言葉を耳にします。
当クラブにも、そういったパパ活を目的とした方が面接にいらっしゃいますが、中には別の理由で登録を希望する女性もいらっしゃいます。
その多くが、「年上の男性と恋愛がしたい」といった理由です。
なぜ、同年代の男性ではなく、年上の男性と恋愛がしたいのでしょうか。
その要因の一つとして、若者の恋愛観の変化が上げられると思います。
近年、雇用形態の変化や所得の低下により、「お金がない」と嘆く若者が増えたということは、皆さんもご存知だと思います。
加えて女性ですと、男性よりもぐっと収入が少なくなってしまいますよね。
お金がないと言うことはつまり、遊ぶお金もないということです。
今はSNSがあるから外に出なくても友人とコミュニケーションが容易にとれますし、そもそも外に出るだけでも交通費がかかる。外食なんて贅沢すぎると思っている若い女性も多いようです。
ではそういった若年層の女性が、どうやって休日を過ごすのかと言うと、一日中、自宅でお昼寝をしたり、ネットで動画鑑賞という人が多いようです。
恋愛をしても同年代の男性だと、お金がないのは自分と一緒だから、ほとんどがお家デート。
おごってもくれることなんてないし、食事の席でも大抵が割り勘。
こうなれば当然、恋愛から遠ざかる人が多くなってしまいますよね。
そうなると、女性の扱い方を知らない男性が増え、「同年代の男性との恋愛は面白くない」と感じる女性も多いのではないのでしょうか。
そういった背景から、「経験豊富で経済的に豊かなVIPな男性と恋愛がしたい」と思って、交際クラブに登録をする女性が増えるのは、ごくごく自然なことなのです。
つまり、交際クラブに登録くる女性は、普段では経験できない、ある意味、非日常的なデートがしたいと思っているようです。
ロマンスグレーの紳士なおじさまから素敵なデートにエスコートしてもらいたいと多くの女性が、夢のようなデートを希望していると言っても過言ではないでしょう。

いつの時代でも、どこの国でも、女性には「お姫様になりたい」という願望が必ずどこかにあります。
人間関係においても、ある種フラットな関わり方をする若者だからこそ、そういった欲求は大きく膨らんでいるように思います。
そういった女性の心をくすぐる、日常を忘れられるようなデートプランで、女性の心をグッとつかみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

最適な待ち合わせ場所とは

初めてデートをするとき、まず始めに何を迷うかというと「待ち合わせ場所」ではないでしょうか。
交際クラブに限らず、デートとなるとどこに行くか考えますよね。迷って迷ってギリギリになって、やっつけのように決めてしまうのでは、せっかくの機会がもったいなく思えます。

特に交際クラブでは、男性に会う前の段階で女性に待ち合わせ場所を知らせます。
その人のセンスとファーストインプレッションが会う前に想像できるので、待ち合わせ場所といっても侮ってはいけません。

例えば、地理的にわかりにくい場所の現地集合とホテルのロビーでしたら、どちらの待ち合わせ場所を選んでくれた人と会いたいでしょうか。
待ち合わせ場所をホテルのロビーに選んでくれた男性は、天候に左右されず、女性が迷わないように気遣いをしてくれている、という印象を抱きませんか?

交際クラブに登録する女性の中には、「普段自分では行けないような場所でデートをしたい」と楽しみにしているかたもいるようです。
ホテルのロビーで待ち合わせて、ラウンジでお茶を飲むのは安定の定番です。

座るスペースがある書店も静かで人の目を気にしなくていいですよね。
もしも早く到着してしまっても、時間もつぶせます。

落ち着いたカフェでの待ち合わせも、「早く到着していたら先に何か注文していていいよ」と一言添えると好印象ではないでしょうか。

レストランを予約しているのであれば、現地集合で良いと思います。
事前にお店の名前がわかっていると、女性もドレスコードの有無を確認できますし、お腹の空かせ具合など何かと安心するのではないでしょうか。

また、高級会員制クラブは別格のお待ち合せ場所です。
気の利いた待ち合わせ場所だとその後のデートも楽しみになります。
そして何よりも、女性はその男性の気遣いを嬉しく思うはずです。
「素敵なデートを自分のために考えてくれている」と女性側も、初対面の男性の事を気遣う気持ちが生まれると思います。

気の利いたお待ち合せ場所を選べる男性こそ、交際クラブの上級者とも言えるでしょう。そして気遣いのできる大人の男性という印象を女性に与えられます。

デートの待ち合わせ場所一つとっても、女性からの好感を得るポイントはいくつもあります。
会ってからだけではなく、会う前の段階からお二人の出会いはスタートしているといっても過言ではありません。

何も知らない同士の初顔合わせですから、気持ちの良いスタートをきれると良いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加