女性からの「脈有り」が分かる!気のあるサインとは?

女性は好きな人に対しては、普段とは違う行動を取ってしまいがちです。
緊張して恥じらってしまったり、好意をもっていることを気づかれまいとしたり、女心は複雑なものです。
では、好きな男性とってしまいがちな振る舞いとは、いったいどんなものなのでしょうか。

例えば、好きな相手のことが気になり、自分でも気づかぬうちに目で追ってしまうことは、よくあることです。
ついつい好きな人の姿を探してしまうのは、誰でも身に覚えがあることではないでしょうか?
「目で追う」行為は無意識のことなので、「よく視線が合うな」と思ったら脈があるということになります。

また、直接話すのは緊張してうまく話せなくても、メールだと饒舌になって頻繁に送ってくる女性もいます。
本人が目の前にいると意識しすぎてうまく話せない女性ほど、メールで挽回しようとするのではないでしょうか。
さらに、メールが常に「疑問符」で終わっているようなら、返事が来るようにあえて質問しているのかもしれません。
こういった女性は男性経験が少ないウブな女性が多いので、こちらから積極的に誘ってみてはいかがでしょうか?

こと交際倶楽部での出会いに関しては、女性は「男性は遊び慣れている」という先入観を持っている場合が多いものです。
「地位もお金もあって女性も選びたい放題」と捉えているので、男性に好意を持ったとしても素直になれない女性もなかにはいらっしゃいます。
「本気」だと男性に見透かされるのが怖くて、わざと素っ気ない態度を取ることもあるようです。

「なんだか素っ気ないな」「僕に気が無いのかな」と感じたとしても、それはただ単に拗ねているだけかもしれません。
女性は「自分が一番愛されている」と思われたい生き物ですので、長い目で見て少しずつ心を解きほぐしていくようなお付合いをしても良いのではないでしょうか。
最初に生意気だと感じた女性ほど、なつかれると可愛いものです。

逆に、素直に好意を口に出す女性もたくさんいらっしゃいます。
やはりたくさん女性が登録している交際倶楽部ですので、意中の男性とは少しでも早く親密な関係になりたいのです。
ライバルが多いことが分かっているからこそ、猛烈にアタックしてきます。
1ヶ月に何度も会いたがる、頻繁にメールをしてくる女性はこのタイプの女性です。
忙しい中時間を作るのは大変かもしれませんが、せっかくの女性の好意、なるべく受け止めてあげたいですね。

いろんなタイプの女性がいらっしゃいますが、どちらも恋する女性の乙女心です。
女性からの「好き」というサインを感じたら、こちらから積極的にデートに誘ってみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

若い女性との喧嘩の上手な回避方法とは?

交際クラブで、お目当ての女性とようやくデートにこぎつけた時は嬉しいものですよね。
特に「年下の女性」は、普段仕事で接することがあまり無いので、デートをすると新鮮な刺激があるものです。

丁寧な受け答えができ、失礼の無い様に接することができるのは、それなりに経験を積んだ「大人の女性」ですが、ビジネスライクでつまらなく感じてしまう事もあるのではないでしょうか?

仕事の疲れを忘れられるような、こちらまで元気になるような楽しいデートを期待するのであれば、やはり「若い女性」です。
交際クラブに登録している10
代~20代前半の女性は社会経験も浅く、フレッシュな対応が期待できます。

ただ、10代~20代前半の女性だと、あまり大人に気をつかわずに甘えてくるので、彼女らのちょっとした失言につい不快になってしまうことがあります。
女性に悪気は無いにしても、失礼な発言をされたらやはりイラッときてしまいますよね。
そんな時はあまり我慢せずに、やんわり嗜めてあげるといいでしょう。
注意されることによって女性も「どんなことが大人にとって失礼になるのか」理解するでしょうし、年上の男性の頼もしさを実感することになります。

せっかく若い彼女と愛を育んでいる時期に、つまらないことで口論や言い争いになってはもったいないでしょう。
「可愛さ余って憎さ百倍」という言葉もあるように、好きだからこそ、そんな相手との喧嘩はつい熱くなってしまうもの。
どうしても「許せない」と感じてしまったら、ひとまずトイレにでも退避して冷静になり、ムダな傷つけ合いを避けるためにク-ルダウンするのも一考です。

また、若い女性ほど汚い言葉遣いをしてしまいがちです。
何の意味もなく「ウザい」「キモい」など、マイナスな言葉を使ってしまいます。
激しい言葉に大人はびっくりしてしまいますが、実は悪気無く普通に友達同士で使っている言葉なのです。
ただ、いくら若い女性といえど、気を許した相手にしかこういった言葉遣いはしないので「若者言葉」が出てきたら、女性があなたに気を許している証拠だとプラスに受け取ってみてはいかがでしょうか。

しかし、女性が同世代の友達同士で深く考えずに普通に使っている言葉でも、大人はつい言葉どおりの意味に捉えてしまいがちです。
本気で言っている訳ではないので、軽く流して若い女性との会話を楽しみましょう。
あまり気になるようなら「本気にしてしまうから年上には使ってはいけないよ」とやんわり嗜めてみてもいいでしょう。

怒りに任せて激しい言葉で叱責してしまうと、せっかく女性が心を開いてくれたのに引いてしまうことになりかねません。
「若い女性は失礼で当たり前」くらいの気持ちで接すると、穏やかな気持ちで会話を楽しむことができます。

ぜひ温かい目で見守って、彼女が洗練された女性になるまで楽しんでみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

初デートでの会話を楽しみましょう。

交際クラブで出会う初対面の、しかも若い女性と会話をする時、なかなか話がはずまないという経験はありませんか?
まず、世代が違うと共通の話題も無いので、何を話していいか分からず気まずい間が生まれてしまうこともあるでしょう。

しかし、初対面の相手と会話をすることは、実は一番簡単なことなのです。
「相手のことを何も知らない」状態こそ、相手への質問で会話を繋げることができるからです。
だからこそ初対面を逆手にとって、素直に聞きたい事を尋ねてみましょう。
交際クラブで好みのタイプの女性と出会ったなら、まずは彼女となるべく早く打ち解けることが先決です。
必然的に好意を持っている女性となりますので、「仲良くしたい!」と立候補するという意味で「どんな異性がタイプか」と単刀直入に尋ねてみてはいかがでしょうか。

例えば「芸能人で好きな人っている?」と尋ねて、仮に彼女が一般的に「イケメン」と呼ばれている男性を答えたとします。
「イケメンだね!彼のどんなところが好きなの?」と尋ねれば、ルックス以外の彼女が魅力に思っている点を答えるはずです。
「歌が好き」などと言われたら、「へえ~、そうなんだ」と一旦共感してから掘り下げて話を広げてみてはいかがでしょうか。
聴いたことが無くても、「あまり聴いたことがないんだけどお勧めの曲ってある?」と素直に尋ねれば、彼女も答えやすくなります。
そして、「もしCD持ってたら貸してくれるかな?」と彼女に次の約束を取り付けることもできるはずです。
音楽に限らず、若手俳優などでも「今どんな映画に出ているの?」と質問すれば、映画デートに誘いやすくなることでしょう。
好きな芸能人や音楽についての質問ならば、世代が違ったら分からなくて当たり前です。
女性の好きな俳優や音楽を教えてもらい会話を繋げていけば、自然に彼女の人となりも見えてきます。
もし会話が苦手とするのでしたら、オーソドックスに好きな食べ物の話をすると自然と盛り上がります。
女性の好きな食べ物を聞いて、その後食事に誘うのが一番次に繋げやすいからです。
まずは、若い女性が好きそうな店をこちらで候補をいくつかあげて選んでもらってみてはどうでしょうか。
イタリアンにフレンチ、懐石料理など、時間をかけて食事をする料理ですと、いろいろなお話しも楽しめていいかもしれませんね。
せわしない居酒屋などではゆっくり話もできず、男性のステイタスも下に見られてしまうので、カジュアル過ぎる店は避けた方が良いでしょう。
逆に、若い女性がなかなか行けないような高級店などは、ぜひ一度連れて行ってほしいと女性にせがまれることもあると思います。
女子学生などの、まだアルコールに不慣れな女性の場合は、寿司や焼肉、ステーキなど、高級店ではなくてもふだん食べつけない食事に誘うとだいたい喜んでデートに来てくれるはずです。

交際クラブをご利用の金銭的に余裕のある男性は、女性にとっては「大人の余裕がある」と映ります。
初期投資はおしまないよう、スマートにエスコートして自分の魅力をアピールしてくださいね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加