容姿に自信がなくても可愛い彼女は作れます

男性の中には、何かしら容姿に対するコンプレックスをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、容姿に自信がなくても、自分好みの綺麗で可愛い彼女を作ることは難しいことではないのです。

男性に大切なのは見た目よりも、全体的な雰囲気(オーラ)と、中身です。

容姿が整っているのにも関わらず、オーラと中身が容姿に伴っていない為、彼女ができず、長年孤独を抱えているという男性もいます。

とはいえ、当倶楽部の女性会員は、年齢が若く、容姿端麗な女性も多いので、そのような子をお誘いするのに躊躇してしまう男性もいるかもしれません。

若い女性は誰もが、いわゆるイケメンと出会いたいと思っているわけではありません。

そのように思い込んでしまっている男性会員様は多いですが、実際女性に面接でお伺いすると、「年齢や、見た目は気にしないので、優しくて紳士的な男性と出会いたいです。」とお話する女性の方が圧倒的に多いのです。

女性は、男性とのお付き合いができるかどうかを見極める際、顔ではなく、男性の全体的なオーラを重要視します。

若くて可愛い女性に自分を好きになってもらうためには、オーラと中身を磨いて、まずは人として好意を持ってもらう方が近道なのです。

彼女がなかなかできないと見た目だけ気にしていらっしゃいませんか。

今一度オーラと、内面を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

そして元々の顔立ちを変えることはできませんが、顔立ち以外のルックスは意識をするだけで意外と簡単に変えることができます。

特に、「清潔感」は女性に好かれるためにはもっとも大事なポイントです。

意外と、女性は男性の事を顔の作りではなく、髪、眉、ヒゲ、手、服装、持ち物に注目しています。

自分の髪、眉、ヒゲは整っているか、爪はちゃんと切ってあるか見直してみましょう。

また、靴や洋服、時計やカバンに気を遣うことも大切です。

男性の持ち物や洋服を、女性はよく見ています。

だからといって、高いブランド物ばかりを揃えなければいけないという訳ではございません。

泥で汚れていたり、ボロボロになっているものは避けて一つ一つのアイテムにこだわりを持つように意識してみましょう。

ただ、無理をして着なれない格好をしてしまうと、落ち着かない空気になってしまうこともありますので、自分に合ったスタイルを探してみてください。

また、堂々と自分に自信を持つことも非常に大切です。

これが醸し出される雰囲気(オーラ)となります。

例えば、自信がない男性よりも、自分に自信を持っている方が断然女性からモテます。

女性の気持ちを想像してみてください。

暗くて自信がなくて批判や文句ばかり話す男性ではなく、自信に満ち溢れていて行動的な、明るい性格の男性の方が魅力的に感じると思いませんか。

自信を持つことによって貴方の男らしさが自然と雰囲気に表れます。

その全体的な雰囲気から、多くのことを語らなくてもどれくらい魅力的な男性なのか、女性は自然と感じとることができるのです。

女性は、交際クラブで成熟した大人の男性と出会いたいと思っています。

是非、身なりとオーラを意識し、自信を持って女性と接してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉選び上手は、人間関係上手

皆さまは、他人とお話をする際、何か気をつけていることがありますか?

きっと相手を満足させようと考え、くすっと笑える面白いお話や、今までの経験・サクセスストーリー、自分の恋愛談など、たくさんのことをお話しになるでしょう。
高級交際倶楽部では、初めからお二人だけの時間をお過ごしいただけます。
そこでプラスの印象を残せるのか、マイナスの印象を与えてしまい、二度と会えぬ関係になってしまうのか・・・そのどちらかになるのは、会話の内容よりも会話そのものの雰囲気が重要です。
会話の雰囲気とは何か、というお気持ちの方もいらっしゃるとは思いますが、つまり日本語を話す日本人として、相手にとって心地よい言葉遣い・正しい言葉選びでお話をしましょう、という意味なのです。
そこで、普段からよくやってしまいがちな、言葉の選び間違いについてお話しさせていただきます。

まず、高級交際倶楽部では、女性に優しくしてもらったときや何かしてもらったとき、ついつい「すみません」、「ごめんなさい」と口走ってしまう方を良く見受けます。
ですが、そこは謙遜する必要は全く無く、「ありがとうございます」、「嬉しいです」など、ポジティブな言葉を選ぶようしましょう。
自分が好意でしてあげたことに対し、「すみません(気を遣わせてしまって)」などと言われると、何となくモヤモヤした気分になります。

反対に、その好意を素直に受け止め「ありがとうございます」と言ってもらえたほうが、お相手も「してあげてよかったな」と思い、二人の仲はより深まるでしょう。
また、もしかするとデートの最中に、お相手から、「スーツ姿が素敵です。」、「声がダンディでかっこいいですね。」、「お店選びのセンスが抜群ですね。」などとお褒めの言葉をいただくシーンがあるかもしれません。
その時も前述のように「ありがとうございます」がベストアンサーですが、何度も「ありがとうございます」と言うことに違和感を覚えることもあるでしょう。
その時いってしまいがちなのが「とんでもございません」です。
テレビドラマや映画などでも耳にする言葉です。
ですが、「とんでもございません」は誤った言い回しであり、正解は「とんでもないことです」です。
聞いた雰囲気としても柔らかく感じますね。

もうひとつ、高級交際倶楽部のデートは、お昼のお待ち合わせでも夜のお待ち合わせでも、まずは食事をご一緒するデートが多くなると思います。
食事をするレストランに到着し、メニューを決定し、いざ料理が運ばれてきたとき、恐らく多くの女性は勝手に食事を始めずに、男性の様子を伺っているはずです。
そこで、スマートな紳士としては、女性に食事を勧めてあげていただきたいのです。
その際にかけていただくお声が、「どうぞお召しあがりください」と、非常に丁寧に言ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、「召しあがる」は「食べる」の尊敬語で、その上に「お」をつけると二重敬語になります。
ですから、正解は「どうぞ召しあがってください。」になるのです。

楽しく心地よい時間は、正しい言葉遣いがあってこそ成り立ちます。
言葉ひとつでその場の空気が明るくも暗くもなるのです。
ぜひ、普段から意識して、円滑な人間関係を構築してください。
そのような貴方に、女性が恋心を抱かないはずがありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

高級交際クラブではメールを上手く利用しましょう

昔は人と連絡を取りたければ、手紙や自宅への電話が一般的な時代でした。
今はある程度の年齢を超えると、スマートフォンを含む携帯電話の所持率が100%近くなり、24時間何かしらの手段で人との連絡が可能な時代になりました。
交際クラブでも、もちろん携帯電話は必須アイテムです。

また、出逢った女性との連絡方法は、電話だけでなくメールを使用する方も多いでしょう。
直接話すよりも気軽に本音を伝えられることから、上手く使えばより親密な関係への発展が望めます。
そのコツとしてまず基本的には、お相手の女性の性格に、話を合わせることをお考えいただくことが第一です。
性別も違えば、年齢、世代、流行、育った環境なども、全て違う人とコミュニケーションを取るのですから、ご自身だけの視点で物事を捉えてしまうと、思った方向とは真逆に受け取られてしまう事も考えられます。
アプローチしたい女性がどのようなタイプなのかを見極めてから、連絡の取り方を考え実践して下さいね。

まず、最初のうちは軽い挨拶や近況報告程度に抑えてみてください。
初デート後のお礼や感想など、ライトな内容の文章を心掛けましょう。
女性はいかなるときにも、時間がある限り連絡を取り続けたいのです。
ですが、それは貴方が発信するメールの内容次第です。
お相手が気負わずに返信しやすい内容を発信し、貴方が気軽にお話できる相手であることを印象付けましょう。
女性は交際クラブでの出逢いに、期待と不安が入り混じった複雑な気持ちを持っています。
まだ距離が縮まっていないけれども少し込み入った内容が知りたい場合は、メールではなく、直接顔を見て聞くようにし、メールではあまり聞きすぎないようにしましょう。
女性は自分に興味を持ってくれる男性に好意を持ちますが、質問ばかりのメールのラリーは喜びません。
適度に質問して、適度な距離感で終わらせ、「じゃあ、もっと貴女を知りたいから、デートしましょう。」とお誘いしてみてください。
そしてその時は、具体的な日程を提案することも絶対に忘れてはいけません。具体的なお誘いは、女性に返事をしなければという義務感を与え、デートの誘いに乗りやすくさせます。

また、適度に連絡する間隔を空けることも大切です。
頻繁なやり取りは、お互いを疲れさせることにもなり兼ねません。
出逢って間もない期間はマメに連絡をして、徐々に連絡する間隔を空けてみてください。
頻繁だった連絡が減ったことになんとなく違和感や寂しさを感じ、女性は貴方からのアクションが待ち遠しくなります。
その焦らす時間こそが、貴方への好意が増えていく時間なのです。
じっくりゆっくり女性の気持ちを引き寄せましょう。

たかがメール、されどメールです。
会っていないときに、いかに貴方を思い出させるかが勝負です。
女性の気持ちを見極め、効果的に利用し、素敵な恋に発展させてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

初デートで食事をするエリア・場所の重要性

交際クラブでの初デートは食事から始めることをおすすめしています。
初対面の男女だからこそ、初デートは話が尽きないということも少なくありません。
そのため、美味しいものを食べながらゆっくりお話ができるお店を選ぶことがとても重要です。

食事をするエリア・場所を簡単に決めていませんか?
誤った選択をすることで、初デートが盛り上がらなくなってしまうこともあるのです。
交際クラブで出会った女性となかなか次のデートに繋がらない、デートがイマイチ盛り上がらないという男性は、食事をするエリア・場所を変えてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、デートのお待ち合わせ場所は男性側が決めることがほとんどです。
一般的には男性が普段からよく行くエリア、特に職場や自宅から近い繁華街、アクセスの良い街を選ぶことが多いようです。
人気のエリアは、六本木、新宿、渋谷、銀座、日本橋、赤坂、有楽町、品川あたりです。

なお、ラグジュアリーホテル、シティホテルが待ち合わせの定番であり、間違いがありません。
特に、外資系の高級ホテルを待ち合わせ場所に指定することで、デートの前から女性の気持ちは盛り上がることでしょう。

ラグジュアリーホテル、シティホテルを選ぶことによるメリットは女性の気持ち以外にも、駅から近い、または専用のバスが運行していたり、アクセスの良さが挙げられます。
そして、ランドマークであるため、インターネットで調べれば簡単に地図やアクセス方法を調べることができるため、道に迷うという心配も少ないのです。

反対に、待ち合わせ場所が駅から遠く、あまり有名ではないお店の場合、女性が道に迷ってしまうということもあります。
また、駅前や人通りの多い場所でのお待ち合わせもおすすめできません。
人混みの中で待ち合わせをし、お互いの声も聞き取れないような状況でろくに挨拶もできないようではムードも何もありません。
女性の中にはあまり街中を歩きたくないという女性もいるため、待ち合わせ場所から移動する際、5分以上女性を歩かせるような場所は避けたほうが無難です。
天気が悪い日や寒い季節であれば、足下も悪いので尚更です。

その点、ラグジュアリーホテル、シティホテルは駅直結であったり、外を歩かずとも到着できる所が多く、天候を気にする必要はもちろんございませんし、ロビーやラウンジも静かな所がほとんどなので、ゆっくり挨拶することが出来ます。
また、相手が来るまでソファーなどに掛けて待つことができるのもポイントです。

食事をする場合も、ラグジュアリーホテル、シティホテル内の高級レストランであれば、目でも楽しめるような美味しい料理に、高級なワイン、最高級のサービス、自然とロマンチックな雰囲気になることでしょう。
リーズナブルで料理も美味しいお店はたくさんありますが、交際クラブでの初対面の女性とのデートで大衆居酒屋や、チェーン店などでの食事は避けましょう。
2回目のデートはカジュアルなお店でも良いですが、初デートで手軽に行けるようなお店を選んでいては女性にがっかりされてしまいます。
リーズナブルなお店の場合、どんちゃん騒ぎをしている大学生、社会人グループなどがいる可能性もありますし、周囲がうるさくお互いの話し声が聞こえないような環境ではまともに会話もできず、ムードも良くありません。
カジュアルなお店でも個室の居酒屋や焼き肉店なら2人でゆっくり話せて良いと思う方も多いようですが、初対面の男性と個室でのデートは女性によっては嫌がる場合もあるので注意が必要です。
まずは、人目もありながら席同士がある程度離れている雰囲気の良いお店で食事をしましょう。

高級なお店で食事をすることで男性の経済力、センス、熱意が伝わります。
そして喧騒に遮られることなく、会話をすることで、お互いのフィーリングを確かめ合うことができます。

会話の中に、男性の知性、ユーモア、優しさを感じることで女性は貴方に好感を持つことでしょう。
是非、初デートで食事をするエリア・場所を簡単に決めず、じっくりお考えになって下さいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

男気溢れる男性とは

女性の大半は、「男気」のある男性を好みます。

交際クラブに登録する女性というのは、年上の男性との出逢いを強く望んでいますので、その気持ちも更に強いものであるといえるでしょう。

男気がある男性とは、「犠牲を払って人に尽くしてあげることができる男性」を指します。

しかし、最近では、その男気を少し勘違いしてしまう方がいらっしゃいます。

男らしく、強い男性の象徴のように振る舞うことのみがクローズアップされがちです。

しかし、一歩間違えると、「男気」を履き違えているように見えてしまい、女性から嫌悪感を抱かれてしまうことになりかねません。

それでは、本当の男気と、間違った男気では、どこに違いがあるのでしょうか。

まず優しい男性です。

「優しい男性」というと、男気のある男性とは正反対のように感じます。

しかし、男気のある男性というのは相手の痛みもわかってあげることができます。

「優しい男性」は、何でも女性の言うことを聞いてあげる男性のことを指すわけではありません。

本当に優しい男性というのは、女性が何かトラブルなどに直面した時に率先して前に立ち配慮してあげることのできるものです。

例えば、交際クラブのデートの時に、女性が服を汚してしまったとしましょう。

その際に貴方はどのような行動をとりますか?

多くの男性は、「気にしなくて大丈夫だよ。」と声を掛け、ハンカチなど衣服を拭くものを貸してあげたりするのではないでしょうか。

もちろんこの行動も、気が遣える優しい男性だなと感じてもらうことができるでしょう。

それでも更に女性へ男気があるところをアピールするのなら、彼女の気持ちを深く推し量ってあげる必要があるでしょう。

きっと洋服を汚してしまった女性は、外を歩くことも気が引けています。

男性が「気にしないで大丈夫だよ。」と言っても、女性は「私のことを恥ずかしく思うのではないかしら。」と落ち込んでしまうかもしれません。

このような場合は、タクシーなどで移動をし、できる限り外を歩くことを避ける、明るすぎないお店をチョイスするなど、交際クラブに入会している男性ならではの紳士的な配慮をしてあげてくださいね。

そして、意外と間違っている方が多いのが、「亭主関白=男気のある男性」であるということです。

「自分の言ったことを曲げない」、「年上ならではの圧力をかける」、などは、ただの亭主関白気味なわがままな男性であり、決して男気があるとはいえません。

一見、「俺について来い」というような逞しく男らしい男性のように感じますが、女性からは、単に自分勝手な男性だと思われてしまうことでしょう。

もし、「俺について来い」というのであれば、相手の女性が「この人について行ってよかったな。」と感じられるような配慮も必要です。

ただ上っ面の言葉で逞しいセリフを口にしても行動で示さなければ、いつかボロは出ます。

本物の男気とは何かと今一度考え、行動にうつしてみてください。

その男気ある行動だけで、女性のハートを射止めることができるかもしれません。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加