2回目のデートの誘い方

デートの際に、フィーリングが合い、「また会いたい」と思った女性には、どのようなアプローチをしますか。
交際クラブでは、1回目のデートは倶楽部を介してセッティングが行われますが、2回目のデートはお二人にお任せしております。
そのため、男性が「また会いたい」と思っていたとしても、女性がどう思っているかは分からないですよね。
もちろん、女性も会いたいと思っているのであれば、あっさりと2回目以降のデートの約束が決まるものですが、何を考えているのか分からない、煮え切らない態度を取る女心は難儀なものです。

そこで、今回は、2回目のデートの約束をしてもらえる確立がグッと上がる「デートの誘い文句」をいくつかご紹介させていただければと思います。

1.「チケットが2枚あるんだけど、よかったら一緒に行かない?」と、観劇やミュージカル、コンサート、映画などに誘う
交際クラブに登録をしている女性の趣味ですが、「観劇」、「映画鑑賞」とお答えする方が非常に多いのです。
そのため、チケットを手に入れた状態で誘うというベタな方法は、応じて下さる可能性が非常に高いでしょう。
しかし、全く興味のないジャンルのものに誘ってしまうと、断られてしまうので、初デートの際に、ある程度リサーチしておくと、チケット選びがスムーズではないでしょうか。
また、チケット代が安価な映画に関しては、一般的な座席ではなく、プレミアムシートなどを用意すると女性も行こうかなという気になると思います。

2.「お世話になった方へのお礼選びを手伝ってほしいんだよね」と、何か口実をつける
プレゼント選びが苦手という男性は多いため、女性のアドバイスを聞きたいというお誘いの仕方は自然であり、女性も応じて下さる可能性が高いでしょう。
デートという気持ちで行くよりも、警戒心も解け、気軽な気持ちで来て下さるはずです。
また、当日、品物選びが終わったら、「付き合ってくれたお礼」という名目で、お食事に誘いましょう。
さらに、サプライズで、お相手の女性へちょっとしたプレゼントを用意しておくと完璧でしょう。

3.「1年待ちのフレンチの予約が取れたから、一緒に行かない?」などと貴重な機会を提供する
普段は行けないような高級店へのお誘い、そんな滅多にないラッキーなチャンスをお断りする女性はまずいないのではないでしょうか。
それが、話題のお店や予約の取れない高級店なら尚のことそうでしょう。
初デートで、女性の食事の好みをリサーチし、お好みに合ったお店をチョイスし、お誘いしてみてくださいね。

4.「◯日と◯日だったら、どっちが空いてる?」と選択肢を絞る
お誘いの日程を2択にされると、予定がない限り、両方の日程を断るというのは、難しいものです。
優しい女性ほど、どちらかはOKしてあげなければという気持ちになるようですね。
その心理を利用することによって、2回目のデートのお誘いに対する成功率はグンとアップするでしょう。

いかがでしたでしょうか。
ご縁あって出会った素敵な女性に試してみて下さいね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

交際クラブの良いところ

交際クラブという業態が都内を中心に多くなってきたように感じます。
それに比例し、交際クラブの会員を希望する、男性、女性も日々増えてきています。
インターネットが普及し、数ある出会いのツールの中で、なぜこんなにも交際クラブが注目を浴びているのでしょうか。
それには理由があります。
それは、自分好みの女性と必ず出会うことができるという理由からです。
交際クラブと似ているといわれている「結婚相談所」を例に挙げてみましょう。
交際クラブも結婚相談所もご入会金などが必要となります。
結婚相談所は入会金に加え、月会費がかかるところがほとんどです。
例えば、「この人と会いたい」という女性が現れるまでは、出会いが無い状態でも、月々の会費がかかってきます。
幸運にも、「この人と出会いたい!」という人が現れたとしても、 結婚相談所では、お互いのプロフィールを提示しなければいけないところがほとんどです。
そのため相手が拒否すれば、叶わないことも多くあるそうです。
また、連絡のやり取りも、ある一定の期間が過ぎるまでは、直接行うことができず、相談所を介さなければならないところもあります。
また、登録している女性の年齢にも制限があります。
結婚相談所には、ある程度の年齢を重ねて、自分自身にタイムリミットを感じている女性が多く集まってくるのです。
そのため、20代前後の若くてキレイな女性と出会いたいと思うのであれば、結婚相談所は適さないといえるでしょう。
それでは、交際クラブはどうなのでしょうか。
当倶楽部の面接や面談でよく「2回目以降も倶楽部を通してやり取りするのですか?」というご質問をいただくことがございます。
答えは「NO」です。
交際クラブは、会ったその日、初めてのデートがスタートした時からお二人の中でのやり取りとなります。
相手と自由にコンタクトをとることができ、間に何かを介さなければいけないという煩わしさもありません。
また、交際クラブには様々な職種、幅広い年齢の女性が登録にきています。
「結婚」という一つの目的に絞らないため、若い女性から、大人の女性まで登録にお越しいただけるのです。
ただ登録だけをしにきている訳ではありません。
皆さん、いろいろな「出会い」を期待して登録に来ているので、「出会い」に対して前向きな気持ちであり、男性からのお誘いを今か今かと待ち望んでいるのです。

いかがでしたでしょうか。

もし、出会いが欲しいと感じているのであれば、どのような出会いを提供しているサービスが自分自身に一番合っているかどうか今一度考えてみてください。

交際クラブは、どのような相手をお探しの方にも、理想の相手との出会いを提供することができる場所です。

当倶楽部では女性スタッフが親身になって皆様をサポート致します。

是非、交際クラブをお楽しみくださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

デリカシーのない褒め言葉

自分の「好みだな」、「タイプだな。」と思う女性に

その気持ちを素直に表現することは、とても素晴らしいことです。

しかし、ときには、あまりにも「正直な表現」で褒めてしまうことにより、

女性に不快感を与えてしまったり、相手を困らせてしまうことがあります。

 

そこで、女性が傷ついてしまう異性からの褒め言葉をいくつかお伝えさせて頂きたいと思います。

 

1.「安産体型だよね」などと、むっちりとした体型の女性を褒める言葉

 

いわゆる、ぽっちゃりした女性を好む男性は、意外にも多いものです。

しかし、女性は気にしている人が多く、

「ぽっちゃりしてるから好み」などと褒めてくれる人に対して、

「素直に喜ぶことができない」と感じることが多いようです。

「安産型でいいね」や「痩せてないところが魅力的」などと言われると、

自分で気づいていても、落ち込むものです。

気にしているからこそ、言葉の意味を深く考えてしまいますので、

「ぽっちゃり体型」については、自分が好きであっても伝えない方がよいでしょう。

 

2.「メイクが上手」「写真うつりがいい」など、「実物はそれほどでもない」と受け取られてしまう言葉

 

交際クラブでのデートの場合、男性はお写真で女性のご容姿を判断します。

そのため、初対面で「化粧映えするね。」、

「写真と少し変わるね。」などと、相手を褒めようと思って伝えた言葉でも、

「実物はそれほどでもない」と言われているようで、女性は傷ついてしまいます。

男性が素直に「いいな」と感じて伝えた言葉が逆に嫌みに聞こえてしまうパターンですね。

そうなると、もう二度と会いたくないと思われてしまう可能性もありますので、

女性のよいところを褒めるのは悪いことではありませんが、

相手がどのように受け取るかを想像しながらお話しをして頂ければと思います。

 

3.「決して美人というわけではないけれど、オレにはストライクの顔!」などと、

褒められているのかよく分からない微妙な言葉

 

「美人じゃないけど、俺はすごく好みの顔!」や

「マニア受けするタイプだよね」などと褒められても、女性は嬉しくありません。

どう受け止めていいのかわからない言葉に、女性は戸惑ってしまうことでしょう。

思わぬところで墓穴を掘ってしまう可能性があります。

余計なひと言は付け加えずに、「すごく好みだよ」「綺麗だね」などと

シンプルな言葉で相手を褒めてあげましょう。

 

4.「いやらしい顔をしているね」「胸大きいね!何カップ?」など、下心むき出しの褒め言葉

 

デートの際、男性の下心むき出しの発言に、不快な思いをしたという女性も中にはいるようです。

「いやらしい顔をしているね」、「スタイル抜群ですね!胸も大きいし!何カップですか?」などと

男性はワクワクする気持ちを素直に伝えただけかもしれませんが、

女性は不快に感じてしまうかもしれません。

品位が問われかねないので、「セクシーだ」と感じる相手であればこそ、

努めてその点には触れず、紳士的な態度を心がけましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

 

デリカシーのない発言、褒め言葉に引いてしまう女性は多いものです。

また会いたいという女性であればあるほど、

相手がその褒め言葉をどのように解釈するのかを想像して言葉を選んでくださいね。

女性の気持ちを思った褒め言葉には、彼女もきっと心から喜んでくれるでしょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

待ち合わせからお店に行くまでの間にする会話

交際クラブでのデートは、女性は男性のご容姿やご性格など何も分からない状況でのお待ち合わせ場所に向かいます。
女性はどんな男性が来るのか、いろいろな想像を膨らませ、期待をしながらデートに向かうのです。
したがって、その日のデートを良いものにするかどうかは第一印象がとても大切になるのです。
お会いして最初にする会話は、その日の女性のテンションを大きく左右するものなので、今回は、最高のデートのすべり出しを演出できるよう、「お会いしてからお店まで移動する間に使える会話例」をいくつかご紹介させて頂ければと思います。
まずは、「とても楽しみにしていました」という言葉や、「来てくれてありがとう」、「会えて嬉しいよ」という感謝の気持ちを女性に素直に伝えてみましょう。
女性は、「そんなに喜んでもらえるなんて、来てよかった」と安堵しますし、女性の自尊心をくすぐることにもなります。
交際クラブは、男性が女性をお選びになる立場ではございますが、女性に感謝の気持ちを伝えることで、「この方は、交際クラブに入会をするくらいVIPな男性なのに、物腰の柔らかい男性なのね」、「気遣いのできる優しい人なのね」と好印象を与えることができるのです。
女性は、優しい男性を好む方が多いため、第一印象でそのような印象を与えることができると、デートもスムーズに進行するのではないでしょうか。
また、同時に、「今日の服、とても素敵だね」、「○○ちゃんに似合っているね」と、一生懸命背伸びをしてオシャレをしてきた女性を褒めてあげると、より良いスタートを切れるでしょう。
そして、「今日はいろいろなプランを考えてきたから、任せてね」、「楽しいデートにしようね」と、デートに対する気合いを女性とお会いになってすぐに表明するのも大切です。
交際クラブでのデートの場合、シティホテルのロビーでのお待ち合わせが多くなるかと思いますが、「今日はこの後、近くの○○で食事をするからね」、「○○ ちゃんが食べたいと言っていたお鮨のお店を予約しておいたから」などと大体のデートの流れをお伝えして下さると、「どこへ行くのだろう?」と思っていた女性の不安も解消できますし、明るい気持ちでデートに臨めることでしょう。
また、交際クラブの場合、男性の方が、お相手の女性より年上になることがほとんどだと思います。
前述のように、デートプランをざっくりお話し下さると、「さすが年上の男性はエスコートが上手ね」、「頼りがいのある素敵な男性ね」、「こんなデートは初めて」というように、好印象を与えること間違いなしです。
交際クラブのデートは待ち合わせの瞬間から既にデートが始まっています。
幸先の良いスタートを切ることで、少しでもその後のお付き合いの成功の可能性を高めたいものですよね。
是非、「お待ち合わせしてから、お店に向かうまでの間に」お相手の女性に好印象を与え、素敵なデートをお過ごしくださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加