素敵な紳士とは・・・

私たちスタッフは、日々、面接でたくさんの女性にお会いしておりますが、彼女たちが交際クラブに登録をしにくる理由の一つとして、「紳士的な男性に出会いたい」という願望をよく耳にします。 やはり若い世代の男性陣にはまだまだ未熟な…

好きの伝え方

交際クラブは、紳士淑女の出会いの場。
今日も、運命に導かれたカップルが次々と誕生しております。
年齢や職業、境遇、などの枠組みを超えて、今までお知り合いになることが叶わなかったお二人が結ばれる時、その時こそ、私たち交際クラブのスタッフが、「この仕事をして良かった」と思う瞬間でもあります。


ですが、そんなある意味での、ゴールインに至るまでは、どんなお二人にも、山あり谷ありといった道のりがあるものです。
そんなお付き合いの中で、よくありがちなものが、ちょっとしたすれ違いです。
このすれ違いが原因で、ちょっとした亀裂が地割れのように広がって、修復不可になってしまうこともままあるのです。
その一つに、「気持ちの伝え方の違い」というものがあります。
恋仲になるのでしたら、お互いに「好き」と伝える場面が必要なケースもありますよね。
これがないようでしたら、恋人とは呼べません。
ですが、この時に、気をつけなければならないことがあります。
それは、「好き」という伝え方は、それぞれ違うということです。

大まかに二種類の人間に分けると、世の中には、「はっきり言葉にして伝えてほしい派」と「態度で察してほしい派」が居ます。
この両極端なタイプが一緒になった暁には、目も当てられない惨劇が生まれます。
と言うのは、多少話を盛っていますが、片方が寂しい状態になって、片方がそれについて責められるケースに陥ります。
みなさんも、どちらかの側に立ったことがある方がいらっしゃるのでないでしょうか。
前者には、主に女性が多いケースですが、「好き」と言ってくれないと不安になるという状態です。
反対に後者は、男性に多いものですが、言葉にするのはこっ恥ずかしいから、自分の気持ちくらいわかって欲しいといったものです。
こういったケースでのすれ違いの場合は、単にお互いの「好き」という伝え方にギャップがある場合がほとんどなのです。
前者の方は、自分にとっては雲の上の人のような存在の男性の気持ちをとにかく確かめたくて、ついつい聞いてしまいたくなる気持ちをとにかく抑えること。
そして、よくよく相手の動向やサインをしっかりと確認することがポイントです。

一方、後者の方は、どんなに恥ずかしくても、都度、自分の気持ちを伝えることが大切です。
これによって、要らぬすれ違いやいざこざを避けることが可能になります。
ですが、相手が自分に好意を向けているのかどうかは、実は案外わかりやすいものです。
継続したお付き合いが実現しているお二人なのであれば、同じ時間を共にしているということが、何よりもお互いのことを思っているという証拠でしょう。

気持ちの伝え方は人それぞれです。
ほんの少し、余裕を持って考えてみるだけで、気持ちにゆとりを持ってお付き合いをすることが可能になるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お誘いの時からデートは始まっています

交際倶楽部はお二人の大切な初デートをセッティングさせていただきます。

デートのセッティングは、男性会員様が登録女性をお誘いする形でスタートし、女性がOKをすればデートが決定するというシンプルなシステムで進行します。

この間は、中継としてスタッフが男性のご意向や女性のお返事を、それぞれにお伝えいたしますので、お二人はデート当日にはじめてお会いし、フィーリングが合えば、2回目、3回目と継続したお付き合いを実現していただくことが可能です。

しかし、デート当日に初対面されるからといって、そこから全てがスタートするわけではありません。

私たちスタッフは、セッティングの段階でデートがスタートしていると考えております。

と言いますのも、お誘いの時点で、男性の雰囲気やどんなお人柄をされているのかというのは、なんとなくにじみ出て、女性に伝わるものなのです。

例えば、お誘いされるお日にちや場所です。

会員様によっては、急なお日にちでお誘いされることもあるかと思います。

ですが、あまりにも急な日時でのセッティングとなりますと、「私じゃなくても、今日会える人だったら誰でも良いのかな」と思われてしまうこともあるかもしれません。

そうならない為には、お誘いの段階で、女性のアクセスしやすいエリアをお伺いしたり、あらかじめ何時までのデートだったら大丈夫なのか聞いてみたりと気遣いを見せれば、女性に要らぬ心配をかけることがありません。

こういった背景から、基本的には前もってお誘いをしていただくことをおすすめします。

ですが、かなり余裕を持った日程で決定していたデートも、急にお仕事の予定が入ってしまったということもあるかもしれません。

そういった時でも、改めて女性の都合の良い日程で再セッティングを依頼することで、女性に好印象を与えることが可能です。

また、その他にも、お食事をご一緒するデートでしたら、あらかじめ女性の食事のお好みをお伺いすることで、より女性に喜んでいただけるでしょう。

このように、お会いするまでにほんの少しの気遣いの姿勢を見せるだけで、当日のデートの感触は大いに異なります。

登録女性は、男性会員様とちがって、どのような方とお会いできるのかが基本的に分かりませんので、当日のお待ち合わせ時間まで不安な気持ちを抱えていらっしゃることが多いからです。

セッティング進行中にも女性に気をかけることが、デート当日で成功を納めるちょっとしたコツとなるかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

連絡がマメな男性

男女のお付き合いにおいて、連絡がマメな男性は基本的にモテます。
綺麗な女性であればあるほど、彼女を狙っている男性はたくさんいます。
そんな女性には毎日のように複数の男性からデートのお誘いがくるものです。
若い女性の連絡ツールは専らLINEが主流になっていますが、「未読」の連絡が100通を越えているという女性も少なくないようです。
つまり、100通ものメッセージを女性は見ていないということなのです。
女性に連絡をしているにも関わらず、なかなか既読にならなかったり、メッセージが返ってこない女性に対して、「どれだけ忙しいんだ」と呆れてしまう男性もいるとは思いますが、もちろん女性自身が忙しい場合もありますが、メッセージが埋もれてしまっているという可能性もあるのです。
そんな女性に対しては、メッセージやスタンプを何度も送ったりする行為が意外と効果的です。

「そんなの気持ち悪い」と考える男性もいるかもしれませんが、基本的に女性は押しに弱い生き物です。
もちろん、女性に嫌われていないことを前提とした話にはなりますが、何度もアプローチすることで女性の気持ちは揺らぐものなのです。
また、そんな女性とお付き合いをする場合、やはり男性側がマメに連絡をしなければ、長期的なお付き合いにはなりにくいといえます。
これは、交際クラブでのお誘いでも言えることです。
1度お誘いした女性の日程が合わなかった場合、2度、3度と改めてお誘いをすることは悪いことではありません。
熱心に何度もお誘いを下さる男性に対して、ほとんどの女性は好感を持つものです。
交際クラブの女性は何かしらの本業の仕事もしていますので、仕事の都合でデートを受けられないこともありますし、もちろんその他の予定で都合がつかないこともあるのです。
そのため、たった1日提示したお日にちが女性の都合に合う確率はそこまで高くはないのです。
特に土日や金曜の夜などは女性もさまざまな予定を入れていることが多いものです。
だからこそ、複数の日程を挙げて女性を誘ったり、何度もお誘いをすることは変なことではありません。


そして、交際クラブの忙しい男性に代わってスタッフが間に入って、女性とやり取りをさせていただきますので、何度も何度も男性が女性に連絡をする必要はございません。
ただ、女性とお会いになってからは、男性自身が女性に連絡をする必要があるため、女性にとって優先順位の高い男性になることが肝と言えるでしょう。
そのためには、交際クラブの初回のデートで女性の気持ちをグッと掴むことが大切です。
もちろん、レスポンスの悪い女性は嫌だという男性は、セッティングにおいての進行状況で判断していただいても大丈夫です。
綺麗な女性に振り回されても良いと考える男性もいれば、そうでない男性がいるのも当然ですよね。
しかし、共通して言えるのはマメな男性であれば女性と長期的なお付き合いになりやすいということです。
「面倒くさい」と考えずに、女性と次に会うアポイントは男性の方から連絡しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

純粋に恋愛を楽しむ

ひたむきな恋・・・考えるだけで、なんだかくすぐったいような気持ちになりませんか?
交際クラブでは、くすぐったい気持ちになれる出会いがあります。
「今更この年になって、色恋に夢中になったところで疲れるだけではないだろうか」とお思いになる方もいらっしゃることでしょう。
そういったことを含めたとしても、ピュアな気持ちで楽しむ恋には、素晴らしいことがたくさんあるのです。
まずは、なんといっても、気持ちが優しくなります。
交際クラブに登録している女性は、主に20代前半~30代前半の若い女性がほとんどです。
女性との年齢差が親子ほどに離れているというカップルも珍しくないのです。
ですが、そういった歳の差があるからこそ、ひたむきに恋を楽しむことが可能なのです。
なぜなら若い女性には、「生まれて始めて」が、まだまだたくさんあるからです。
デートのなかでは、男性会員様からすれば普通の出来事が、女性にとっては物珍しく見えたり、とってもファビュラスで、リッチに見えることも多々あることでしょう。
そんな自分にとっては、ごく当たり前のことで、表情をコロコロと変えて喜ぶ女性の姿を目にした日には、「もっと喜ばせてあげたい」「次はここに連れて行ってあげよう」といった奉仕の気持ちが生まれます。
それは、ある意味、父性と似た感情かもしれません。
女性のために何かすることによって、とるに足りない些細なことが、驚くほどにキラキラと輝いて見えるかもしれないのです。
そうしたお付き合いが続くと、彼女に尊敬される自分でありたいと考え始め、自分磨きに精が出るようになったという会員様もいらっしゃいます。
お互いを高め合える関係って素敵なことではないでしょうか。
女性の目線から見ても、社会的な成功を収めた大人の余裕のある男性を見ると、学ぶことが多いはずです。
恋愛が充実すると、自然と仕事にも張りが生まれます。
気持ちが充足すると余裕が生まれ、正しい目線で物事を判断し、評価をすることが可能になります。
これにより、部下との人間関係がより円滑になり、経営者や成功者と言われる方にありがちな孤独感が薄れたというお話も耳にしております。
心から信頼できる方ができることによって、疑心や嫉妬心など、そういったマイナスな思考も薄れてくるのかもしれません。
当倶楽部には幅広い年齢層もさることながら、大学生やОLさん、モデルや客室乗務員など、さまざまな業種の女性が登録にお越しくださいます。
ぜひ銀座クリスタル倶楽部で、日常を彩り豊かにしてくれるような運命の女性探してみませんか。

このエントリーをはてなブックマークに追加