難しい言葉を使わないような会話をしよう

  • Posted on 5月 8, 2022 at 11:00 AM

交際クラブを利用するほとんどの男性が、高収入なエリート職に就いているかと思います。

会社を経営されていたり、弁護士や医師業といった専門職に就いている方が多いので、当てはまる方は多くいらっしゃるでしょう。

エリート職に就いている男性は会話もスマートで、さまざまな話題で女性を盛り上げることができますよね。

ただ、話題豊富なはずなのに、いまいち女性との会話が盛り上がらない。

こういった男性会員さまもいらっしゃるかと思います。

いくつかのポイントを改善すると、女性と会話が続き、盛り上がるように変わるかもしれません。

今回は、エリート職に就いている男性がやりがちな要注意ポイントをご紹介しますね。

交際クラブでは、高学歴な女性を求める男性も多く、スマートなやり取りへの需要の高さが窺い知れます。

ただ、交際クラブに登録している全ての女性が、高学歴で知識欲に溢れているわけではありません。

会話を盛り上げるためには、相手の共感や理解を得られるかが大切なポイントの一つ。

即ち、相手の知識、理解度に合わせた言い回しや話題をいかに提供できるか。

これが会話を盛り上げ、他の男性との差をつけることになります。

ただ、相手が会話をきちんと理解しているかどうかを判断するのは、至難の業です。

交際クラブの女性は、「男性をもてなしたい」という意識を強く持っています。

ですので、男性を立てたい気持ちから、会話への理解がいまいちだったとしても、それを表面に出すことはほとんど無いと言えるでしょう。

「相手の女性としっかり会話ができていると思っていたら、彼女はほとんど意味が分かっていなかった」

こういった事態にならないためには、一般的に理解度の低い言い回しや話題を避けるのが、シンプルな方法かと思います。

一般的な会話で避けた方が良いポイントをご紹介しますね。

エリート男性に要注意な会話でのポイントとは、一体何でしょう。

第一に「カタカナ言葉」です。

営業職に就いている方や、会社の経営をなさっている方に多い傾向かと思います。

昨今では当たり前に使われるようになった言葉と見せかけて、一般的にはまだまだ浸透していない使われ方をしている場合も多いです。

専門用語のような印象も強く、女性と会話をするときに使う言葉としては、適当ではないかもしれません。

第二に「慣用句や諺」

日本人なら知っていて当然、と思って会話の中で使ってしまうと、実は相手の理解がいまいちだった、ということはよくあります。

他の専門用語であれば「それどういう意味?」と女性も聞きやすいのですが、慣用句や諺だとそうはいきません。

「こんな言葉も知らないのか」と思われたくない気持ちが先行し、意味が分からないまま会話を続けることになってしまうのです。

人間、一つの言葉の意味が分からないと、その後の会話に集中できなくなってしまうもの。

滞りなく会話の意味を理解させるためには、なるべく使わないような会話を心掛けた方が良いかもしれませんね。

普段から使っている言葉や話題だったとしても、相手が違えば言葉を選んだ方が良い場面も出てきますよね。

会話を盛り上げるためには、相手の共感や理解をいかに得られるかは重要なポイントです。

カタカナ言葉や慣用句、諺などは若い女性相手に意味が通じない可能性があります。

会話を盛り上げるためには、言葉の意味が滞りなく通じることが必要不可欠。

「こんなことも分からないの?」と思わずに、相手に合わせた言い回しを心掛けてみてくださいね。


Comments are closed.