交際クラブのお相手にはマイナスな言葉を言わないように

  • Posted on 9月 10, 2021 at 1:29 PM

もちろんタイプにもよりますが、自分が惹かれる男性の要素として、「たくましさ」を挙げる女性は多いでしょう。

どんな逆境でもへこたれない精神的な強さと、単純に重い物を運んであげられるような肉体的な強さは、女性が男性に感じる大きな魅力のうちの一つです。

「たくましさ」とはどのようなものなのか、また、マイナスなイメージを与えないためにできることなどについてお話しいたします。

「ギャップ萌え」という言葉があるように、たくましい男性が時折り見せる弱さなどが魅力になることもあります。

ですが、平時に誰にでも見せる表情や態度、言動においては、常に強くあってほしいと思う女性の方が多いことでしょう。

つまり、常に「疲れた」「しんどい」と愚痴をこぼしていたり、周りに気付かれるようにため息をついたり、デート時にも仕事の文句ばかりを言っている男性を、魅力的であると考える女性は皆無と言えます。

こうした弱気で後ろ向きなマイナスの言葉を発する男性は、それが口癖のようになり、自らの評価を下げてしまうことに気づけないのです。

そうならないためには、日頃からの意識が非常に大切であるということを心に留めておいてください。

ネガティブでマイナスイメージのつきまとう言葉は複数ありますが、中でも最も避けるべきは、「疲れた」とぼやくことでしょう。

これは、最も口癖になりやすい言葉でもあります。

自分が頑張っていることをアピールしたいのかもしれませんが、それを誰かの前で漏らすことに何も得はありません。

愛人女性だけではなく、同性から見ても、評価を下げるだけの行為です。

そしてその言葉は、ご自身の耳からも入ってきて脳に伝わり、自らにさらに疲労を感じさせるループが生まれてしまいます。

また、「〇〇はいいよなぁ」という言葉も禁物です。

頑張って成果を挙げた人に対して、その努力を認めずただ羨むような言葉を投げかけてばかりでは、周りに良い印象を与えるのは難しいでしょう。

女性からも敬遠され、交際クラブで長く関係を続けていく対象から外されてしまう危険性も高まります。

こうした「百害あって一利なし」であるマイナスの言葉を避けるためには、意識してマインドセットを行う必要があると言えますね。

愛人女性に認められるには、まずは何事にも責任を持つということです。

何でも人や世の中のせいにしてばかりいる人は、いつまでも負のループから抜け出せません。

不安や不満に対して、まずは自分の責任から生まれてしまったものではないかを分析し、何とかしようとする心構えが必要です。

また、オンとオフの切り替えを上手に行うことも有効ですので、休む時は休むを徹底して、自らの心と体をベストに保つことを心がけましょう。


Comments are closed.