格言からわかる女性の扱い方

  • Posted on 9月 19, 2021 at 10:47 AM

恋愛における男女の考え方の違いやそれぞれの特徴についての格言は、世界中の偉人によって、時代を越えて今なお語り継がれています。

この事実を鑑みても、男性と女性がお互いに理解し探究し合うことは、人類にとって永遠のテーマとなるものです。

それもそのはずで、男性にも女性にもさまざまなタイプが存在し、その組み合わせの数だけ物語があります。

何千、何万というカップルがいる中で、それぞれを示唆するいくつもの格言が生まれるであろうことは想像に難くありません。

今回は、そんな先人たちから女性の扱い方についてのヒントを読み解いていきましょう。

愛人関係にある女性に対しても納得な格言を紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

まずご紹介するのは、英国の劇作家であるベンジョンソンの言葉です。

彼は「男は愛するとモラルに気付く、女は愛するとモラルを忘れる」と語っています。

男性は理屈や論理に縛られがちな反面、女性は感情の赴くまま情熱的に行動できるという意味合いです。

この格言を参考に行動するならば、女性からされる恋愛相談の場などに有効でしょう。

男性に持ちかけられる女性の恋愛相談は、大体が既に結論づいていることが多く、それらは感情由来で決定されていることが往々にしてあります。

「女性は感情優先で行動できる」という情報を頭に入れておけば、励ますにしろ、否定的に諭すにしろ、女性にとって的確なアドバイスを送りやすくなるかもしれません。

女性が感情的に物事を決める傾向にあるのは、先人たちも感じていたようです。

もしかすると、女性の扱いに関して男性は、時代や国を超えて同じことを思っていたのかもしれませんね。

次にご紹介するのは、有名なドイツの哲学者であるニーチェの言葉です。

彼は恋愛についての格言を、このように残しています。

「男の幸せは我欲す、女の幸せは彼欲す、ということである」

男性が自分の希望を通すことで幸せを感じるのとは対照的に、女性はパートナーの希望を叶えることで幸せを感じるというもの。

これは、女性特有の献身性を表しています。

確かに、当倶楽部に所属する女性の中でも、恋人の喜ぶ顔を見られるだけで幸せだと笑顔で話してくれる方は多いです。

母性本能をより強く持つ女性に顕著に見られる傾向かもしれません。

そうした女性には、普段からしっかりと感謝の言葉を伝えることが大切となります。

感謝の言葉を伝えないと、その女性の幸せを半減させてしまう可能性があることを覚えておいてください。

お相手女性のお陰で自分がいかに幸せになったかを説明し、女性を必要としていることを確信させてあげられると良いでしょう。

最後に、アメリカの編集者であるW・スタンレー・ムーニーハムは、こう言っています。

「口先だけで愛していると言われても簡単に無視できるけれど、態度で示されると、ついほだされてしまう」

これは男女ともに言えることかもしれません。

たとえ愛の言葉を何十回聞かされたとしても、たった一度の愛のこもった仕草には敵わないということですね。

現代はソーシャルメディアが台頭し、これらを利用して愛を伝えることも一般的になっています。

ですが、世の男性はしっかりと女性と向き合い、目の前でその気持ちを体現することがいかに必要であるかを肝に銘じましょう。

「何度も愛を伝えているのになんで分かってくれないんだ」といった不満は、女性には通じにくいのです。

偉人の格言をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

賢人である彼らでも、女性の扱い方に苦労したのが窺えます。

過去から現代に至るまで、女性の扱い方というのは難しいもののようです。

普通の恋愛のみならず、愛人関係においても、彼らの言葉は非常に参考になり得ます。

ぜひ、銀座クリスタル倶楽部に在籍する女性との接し方のヒントにしてみてくださいね。


Comments are closed.