触覚効果を利用して女性の恋愛スイッチを入れる方法

  • Posted on 8月 22, 2021 at 11:19 AM

気になる男性からの不意なボディタッチに、心が弾む女性は多いものです。

何度かデートを重ねた女性に対し、自然に体に触れることができれば、これまで以上に好意を抱いてもらえるきっかけになるかもしれません。

手を握り、肩、背中、髪に触れるなど、触覚効果を利用しながら、よりスマートな男性になりましょう。

スキンシップは女性の恋愛感情を刺激するスイッチになることを理解して、ぜひ、交際クラブを有意義にご活用ください。

「拒否されたらどうしよう」「嫌われるかもしれない」と臆病になって、なかなかスキンシップが出来ずにいる男性は多くいらっしゃると思います。

ですが、触ってもいいのかと考えている様子は、実は女性は見抜いているものです。

女性は察しの良い方が多いため、動作や話の流れ、はたまた第六感で感情を読み取られてしまうもの。

大切なのは、いかに自然に触れられるかです。

例えば、レストランやバーの入店時、女性を先にエスコートする際には、そっと触れるか触れないか程度で、腰と背中の間くらいに手を添えてみましょう。

そうすれば、女性に感付かれることなく触れられますよね。

下心で行動するのはなく、お相手を守って差し上げる精神で接触を試みた方が女性に気が付かれにくいです。

不意打ちのボディタッチは、トキメキも与えますよ。

触れる場所に気を付け、適度な距離感を保つことを忘れずにしてくださいね。

まだ出会って間もないときに急に手を繋いでしまっては、ただただ女性の恐怖心を煽るだけです。

横断歩道を渡っているときや歩道のない場所を歩いているとき、信号が変わりそうになった場面などで不意に手を引いて、渡り切ったら何も無かったように手を離す。

このときに引く手は手のひらではなく、手首から肘の間であるのが重要です。

そうすることで「守ってもらえた」という安心感を女性に与えられます。

お相手の反応を見ながら、次の一手をどうするか考えるのもポイントです。

まずは、挨拶をするときに軽くお相手の肩に触れてみること。

嫌がる素振りがなければ、肩から手、手から頭、と場所を変えていくと良いでしょう。

気軽にお食事に行ける間柄であれば、エスコートをするついでに腕や背中に触れることをおすすめします。

もし女性が警戒してきたら、それ以上無理に触れようとする行為は控えてください。

拒まれてしまったときの接し方も、予め考えておく必要がありますね。

今回ご紹介した内容を普段の活動でもうまく取り入れれば、やがて女性の意識をこちらに向けられる可能性も高くなります。

女性の皮膚感覚は男性よりもかなり敏感なので、心理学的に正しいアプローチでスキンシップをしないと、かえって嫌悪感を与えてしまう危険性も。

「この人ともっと親密になりたい」と思える女性に出会えた際には、積極的に行動するべきです。

パパ活にご興味が湧きましたら、ぜひ銀座クリスタル俱楽部にお問い合わせくださいね。


Comments are closed.