ギクシャクしたパパ活での関係を修復するには

  • Posted on 6月 6, 2021 at 10:44 AM

お相手とはいつも良い関係でいられるのが一番ですが、ささいな喧嘩や意見の食い違いなどで気まずい雰囲気になってしまったり、亀裂が入ってしまうことはあるものです。

特に交際クラブで出会った仲では、周囲に話せるような、いわゆる普通の恋愛関係ではないことがほとんどですし、そういった壁にぶつかることも多いかもしれません。

交際関係がギクシャクしてしまったときの解決法には、どのようなものがあるでしょうか。

まずは、お二人の関係がギクシャクし始めてしまったキッカケは何だったのか考えてみることです。

そのキッカケは口喧嘩だったかもしれませんし、待ち合わせの時間に遅れてしまったことだったかもしれませんし、LINEの返信が遅かったことかもしれません。

キッカケを作ってしまった本人がお相手に謝れば、ギクシャクした関係を改善させられることもありますが、そんなに単純ではないケースも存在します。

あくまでも、口喧嘩や待ち合わせに遅れてしまったことはキッカケにしか過ぎないことも。

心のすれ違いは以前からくすぶっていて、そのキッカケが拍車を掛け、ギクシャクし始めたのです。

つまり、今回ギクシャクしてしまった原因について謝ったとしても、本当の原因を理解しなければ、一時的に心のすれ違いが収まっても、キッカケがあればまたその状態になってしまう可能性があります。

「キッカケ」と「原因」は違うと理解することが、まずは大切です。

ギクシャクし始めたキッカケが分かったなら、次はそうなってしまった本当の原因について考えてみましょう。

「相手にとって自分は大切な存在ではないのではないか」という疑いの気持ちを起こさせてしまったことが原因で、心のすれ違いが起こってしまうケースは多くあります。

もし、仕事が忙しくてデートする時間がなかなか取れなかったり、日頃からご自身の気持ちをお相手に言葉にして伝えていないのなら、心のすれ違いが起こってしまった原因は、自分が大切にされていないことへの女性からの不満と言えるでしょう。

それが本当の原因なのであれば、その誤解を解くことで関係を修復することが出来るはずです。

それでは、心のすれ違いを解決して、今後ギクシャクすることがないようにするには、どういった点に気を付けるべきなのでしょうか。

重要なのは「言葉にしなくても分かってもらえるはず」という思い込みを捨てることになります。

心のすれ違いを解決するには、お相手のことを大切に思っているのだと理解してもらうために、言葉や文字にして伝える行為が必要不可欠なのです。

「好きだから付き合っているに決まっている」と思い続けてしまうのは実はあなたの独りよがりで、お相手は不安な気持ちを抱いていることを理解しておく必要があります。

関係がギクシャクしてしまったときの解決法についてお伝えして参りましたが、第一に、男女間にはお互いの考えに温度差があることを理解しておくことは大切です。

パパ活以外にも家庭や仕事がある男性にとって、女性との関係に悩んでしまう経験を全て避けて通るのは難しいかもしれません。

日頃から気持ちを伝え合うようにすることで、心のすれ違いを未然に防ぎ、より良い関係を築くことが出来るでしょう。


Comments are closed.