若き日の自分をお相手に伝えよう

  • Posted on 6月 4, 2021 at 3:32 PM

交際クラブで出会った女性に、若き日の経験を話すことは、多くの人が経験したことがあると思います。

ついつい話してしまうのは、これまでの経験を話して、ご自身をよく見せたいという心理があるからかもしれません。

手放したくない女性に対して、誰もがしてしまう行動のひとつです。

しかし、あからさまに過去の栄光にまつわる自慢話はできないため、過去の自分の話を引き出すと考える人も多いです。

また、あえて失敗した話をすることで、その場を盛り上げ、好感度を上げたいと考える心理も考えられます。

ご自身から過去の話をすることで、お相手のことももっと詳しく知りたいという心理もあり、お互いの壁をなくし、距離感を縮められる効果も期待できるでしょう。

若き日の自分の話とは、恋愛の話、家族や生い立ち、子供時代の話、過去の仕事での栄光など、さまざまな話題があります。

女性の興味がある話題に合わせて話すと、すすんで会話してもらえるでしょう。

過去の話をすることで、女性は男性の考えていることを理解しようとしてくれます。

女性にとっての印象が良くなり、効果的なこともあるのです。

男性のことを詳しく知ることができ、若い頃の貴方がどんな人だったか、イメージができるきっかけになります。

どんなものに興味があったか、若い頃はどんなことをしていたのかがわかると、お互いを詳しく知ることができ、共通の趣味などもわかって、より仲が深まるはずです。

さらに、女性が貴方の過去を知ることで尊敬できる部分も増え、これまで以上に頼れる存在になれる可能性があります。

未熟な年下女性であれば、ご自身の失敗から成長した話をすることで、女性にとっても人生の勉強になるでしょう。

若き日の話をする前に注意したいポイントもございます。

お相手に過去の自分を話すことで好印象になることも多くありますが、相手女性の考え方によっては悪い印象を与える可能性もあるので注意が必要です。

話す内容が過去の恋愛話だった場合、過去にお付き合いしていた女性の話をされることで、貴方のイメージが変わってしまうことも考えられます。

例えば、奥様と死別してしまった場合などにいつまでも思い出話をするなど。

過去に未練があるのかと、マイナスイメージを持ってしまうかもしれません。

過去を振り返るのは決して悪いことではありませんが、女性からしてみれば、今後のお付き合いの気持ちが冷めてしまうこともあるでしょう。

印象が悪くならないようにするためには、女性のことを理解し、信頼関係を作ったうえで過去の話をすることが大切です。

多くを語らずに未知な部分を残す人もいますが、お相手へ若き日の自分の話をしてみても良いのではないでしょうか。


Comments are closed.