気になる方と良い関係になるために女性の警戒心を解きましょう

  • Posted on 5月 28, 2021 at 6:26 PM

好みの女性を目の前にしたら、手放したくないと思うのは当然のことと思います。

少しでも自分の方を向いてもらうためには、女性の警戒心を解くことが必要不可欠です。

この人はどんな人かわからないと思われていると、女性は上辺だけで会話をし、なかなか心を開いてはくれません。

交際クラブは、主に経済的サポートを必要としている女性と、それに応える男性とのご縁を提供する場所です。

お互いが緊張感を持ったまま過ごすのは、避けなければなりません。

例えば、まるで会社の怖い上司のような顔をして、睨みつけるような態度で話してしまったら、女性はどう思うでしょうか。

交際クラブに登録して、素敵な人との出会いを期待していたのに、少し違う・・・と思われてしまうことが懸念されます。

こわばった顔や口調、さらには女性を下に見るような振る舞いをしてしまったら警戒されてしまいます。

せっかく好みの女性に出会えたのに、あちらにはいい人だと思ってもらえず交際が進まなくなってしまうでしょう。

ニコニコと優しい表情を心がけ、相手が警戒心を持たなくてもいいような雰囲気を醸し出せるような努力が大切です。

そのためには、普段の振る舞いから気を付ける必要があります。

もし交際をスタートさせて一緒にお食事をしに行ったときに、他の人にも優しくしている面を見られたら、安心できます。

ですが、目の前の女性にだけ意識がいってしまい、レストランでスタッフがミスをしたときに物凄く怒鳴っていたとしたら、恐怖心を持たれてしまうかもしれません。

スタッフであっても女性であっても、差別をしない姿を見せることを忘れずに。

誰に対しても分け隔てのない態度を見せられれば、次第にお相手の警戒心は解けていきます。

いい人だから安心して交際できそうとも思われ、関係を長続きさせられる可能性が高くなります。

次に、美しい女性を見て、少しくらいならとボディタッチするのも控えたほうが賢明です。

それほど下心があるわけではなく、親しみを込めた行動であったとしても、女性は「もしかしたら・・・」と感じ警戒心を持ちます。

もう一度ボディタッチを試みる頃には、体だけでなく、心の距離まで遠くなってしまっていることも考えられます。

ある程度警戒心も解けてきて親しくなった場合は、肩にポンと手を置く程度の、軽いボディタッチであれば嫌がられません。

初対面のときなどはなるべく体に触れることも避け、酔っぱらった勢いで下品なことを言うのもやめましょう。

嫌がられることをしてしまうと、その後がなくなってしまいます。

早く仲良くなりたいからといって、焦ってはいけません。

女性が嫌悪感を抱く程にさまざまな質問攻めをして、さらにはあまり聞かれたくないことをしつこく聞くというのは、あまりおすすめできない行動です。

女性の中には少し人見知りの人もいますし、初対面でさまざまなことを一方的に聞かれると、何か探られているようでいい気持ちにはなりません。

心にズカズカと入っていかないようにし、会話を楽しみましょう。

気に入った女性を離したくないという思いから、ボディタッチが多くなったり、心の中に入っていきたい気持ちが先走ってしまうかもしれませんが、それを全面的に出してしまったらなおさら警戒されます。

紳士的な印象を与えるには、ニコニコと笑顔を振りまくことがポイントです。

仕事上ではなく、交際クラブで出会った際のマナーとして大切になります。

感じの良い人だと思ってもらえたら女性の警戒心も自然と解けていきますので、この記事を参考に、ぜひ楽しい交際へ発展させてください。


Comments are closed.