パパ活では適度な距離感を大切に

  • Posted on 5月 16, 2021 at 1:29 PM

交際クラブをご利用して、意中の女性とのお付き合いがスタートした場合、忘れてはならないのはお互いに守りたい生活があるということです。

お若い女性は、キャリア形成のために今一番頑張っている時期であったり、プライベートの恋愛にあまりうつつを抜かすことができない人もいたりします。

また、パパ活をしていることはどんなに仲の良いお友達にも内緒にしていることが当たり前ですし、それはご入会して下さっている会員様も同じことでしょう。

奥様がいれば当然ですが、いなくとも、かなり年上の男性が若い女性と付き合っていると聞くと、同世代の友人や先輩、後輩が怪訝な目で見てくることも、事実でございます。

パパ活でのお付き合いは秘密の関係であるため、みんなの前でオープンにデートをしたい気持ちがあっても、お互いの今の生活を守るためには、ある程度の線引きをして接しなければならないのです。

そのような関係性であるがゆえに、いくら言葉では愛をささやいていても、実際、本音は何を思っているのかわからないものと疑心暗鬼になってしまうこともあるかもしれません。

愛も、一方通行ではお互いが疲れてしまい、破滅への道をたどります。

それが純粋な恋愛でも、不倫でも、パパ活でも、相手の心に土足でずかずかと踏み込むことは決してしてはいけない行為です。

特に、一度心を踏み荒らされ、愛が冷めてしまうと、残るものは無ではなく、嫌悪感。。。

女性の本心が知りたいからと、無理に愛を確認するような行動をとるようなことや、焦って奥様との関係を終わらせるなどと口走ってしまえば、それが最後となってしまいます。

女性は追いかけられたいものとよく言いますが、がっつり来られると、かえって引いてしまうもの。
適度な心の距離感を保つことで、関係は長続きします。

パパ活のように、何らかの事情があって秘密の恋愛を楽しんでいる場合、なぜこのような関係をしているのかと問うことは愚問です。

パパ活をしている女性から見て既婚男性、もしくは死別している男性とのお付き合いにおいて、必ず心の片隅にいるのが奥様の存在です。

それを分かった上で、女性は交際に応じていることが多いため、男性も、女性になんらかの事情があると察し、深入りしないように注意しましょう。

経済的サポートを欲してのご登録が多いのが女性ですが、それ以外にもさまざまなご理由がある方もいらっしゃいます。

そうは言っても、本気で恋をしていると、どうしても肝心なことが見えなくなってしまうことがあります。

悲しいことに、ご自分が本気でも、女性が必ずしも自分だけを好きでいてくれているとは限りません。

例えば、交際している若い女性に若い彼氏がいたとしても、それを責めたり別れを強いたりすることはしてはいけません。

交際クラブでのお付き合いにおいて、良い意味でお互いのプライベートを守る、割り切ったお付き合いであることを忘れてはならないのです。

年の差恋愛において、変化は大きな分かれ道となります。

それが破局になるのかは当人同士の問題ですが、相手に自分の理想を押し付けたり強要したりするのは、かえってちょうどいい距離感を崩す原因となってしまうこともございます。

いつかはお別れがくるとわかっている関係性だからこそ、今この瞬間を大切にするというお気持ちが、男女のどちらをも幸せにしてくれる鍵となるのかもしれません。


Comments are closed.