年下女性に「恋愛対象」と思ってもらうためには?

  • Posted on 4月 9, 2021 at 11:39 AM

大人の男性は、豊富な経験や知識など、多くの女性が恋愛する相手に求める条件をたくさん持っています。

しかし、相手が年の離れた女性となると、つい上から目線の口調になったり、アドバイスをしたつもりが自慢話や説教ととられるケースが多いです。

そうなると女性は一気に引いてしまうもの…。
だからこそ、大人の男性が年下の女性の恋愛対象になるには、接し方や付き合い方に気を付けましょう。

年下女性に「恋愛対象」と思ってもらうためには?-1
意識すべきポイントは、当然パパ活にも役立つ内容になっておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

気になる女性が年下の場合の接し方は、「子ども扱いしないこと」が鉄則です。

なぜなら、女性は恋愛する相手に年齢関係なく対等な関係を望んでいるから…。

中には「年上の男性には子ども扱いをされても嫌じゃない」という女性もいますが、それは相手をお父さんやお兄ちゃんのような存在ととらえ、恋愛対象として見ていないからだと考えられます。

こちらが恋愛を意識している場合は、子ども扱いされていると相手に思わせない接し方を心がけましょう。

しかし、年の差があればあるほど社会的地位に差があることも多く、そういった場合「対等な立場を保つ」というのは難しい条件かもしれません。年下女性に「恋愛対象」と思ってもらうためには?-2

その場合は、相手に負担をかけない程度に頼る、信頼して任せるという行動をとると「自分は必要とされている」と相手に思わせることができます。

どんな関係性でも女性があこがれる大人の男性は、女性を尊重し対等に扱います。

そして、気になる年下女性はさりげなく特別扱いをしてください。

まわりに他の女性がいる場合、一人の女性を特別扱いするとまわりの女性たちの嫉妬心を招くことがありますので、できるだけお目当ての女性にだけ伝わるようにしましょう。

年下女性の恋愛対象から外される接し方年下女性に「恋愛対象」と思ってもらうためには?-3
◆面倒を見すぎる
◆仕事への口出しをしすぎる
◆年齢を理由に遠慮しすぎる
◆若い人の価値観や世界観を否定する
◆周りの目を気にする
◆甘えすぎる・甘やかしすぎる…

このような行動はたとえ悪気がなくても「お父さんみたい」「お兄ちゃんみたい」と恋愛対象から外れてしまいます。

豊富な知識や経験がセールスポイントになるように、年下の女性と接するときは注意しましょう。

また、女性に好きな人がいたり、その女性を好きな年下の男性がいるなど他にライバルがいる場合は「感情を表に出さない」ことが大切です。

感情に振り回されたり、言葉で自分の方が上だとアピールする行動は絶対にNG…。

恋愛相談にのる、恋愛以外の部分で女性を支えるなど、あなたの方がいい男だと感じさせるような行動をとることでアピールをしましょう。

年下女性の恋愛対象になるためには

年下女性に「恋愛対象」と思ってもらうためには?-4
年下女性への接し方のポイントは、基本的にはあまり口を出さないこと。

助けが必要な時に支えになってあげられるような存在になることです。

年の差があると自然と上下関係ができてしまい恋愛対象にはなりにくいので、恋愛対象として年下の女性を見る場合は、相手の意見を尊重するなど対等な関係になるよう心がけましょう。

また、周りに他の女性がいる場合は周囲への配慮も大切です。ある程度は周りの視線も気を付けながら行動すると良いでしょう。

特にパパ活では、ついパパと娘のような関わり方になりがちですが、そうするとなかなかそこから恋愛対象になりにくくなりますので、お相手女性とどのような関係になりたいかによって接し方や付き合い方を変えることをおすすめします。


Comments are closed.