年下女性とのほど良い距離感を大切に

  • Posted on 4月 4, 2021 at 12:46 PM

意中の女性との「ほど良い距離感とはどのくらい?」と疑問を抱いている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

オペラ『カルメン』の名アリア『ハバネラ』のごとく、「待てば来もせず/忘れりゃ飛びつき」は自分の恋を受け入れられた若い女性がしがちな行動です。

これに、大人の男性は悩まされているのではないでしょうか。

若い女性のこの行動は、古くから年齢を問わず「恋する男性の永遠の悩み」の原因になっていることでしょう。年下女性とのほど良い距離感を大切に-1

恋の駆け引きと言うには幼いようにも思える「待てば来もせず」の部分は、自立している大人だという主張と考えても間違ってはいません。

「忘れりゃ飛びつき」は、素直な気持ちを伝える行動です。

それだけ、相手の女性は素直になるには若すぎるのです。

かといって、完全庇護しなければならない子供でもないからこそ、大人の男性と恋をしているといえるでしょう。

だからこそ、ほど良い距離感を守ることが大事なのです。

若い女性は、まだ未熟な部分があっても、やがて大人になります。
その成長を邪魔する権利を誰も持っていません。

ここに「ほど良い距離感のヒント」があります。

【踏み込みすぎない関係を守る】年下女性とのほど良い距離感を大切に-2

家族であっても相手を支配することは許されません。

むしろ、独立して別々に暮らしているなら、元気でいればそれでいいというくらい、お互いに干渉しない方が好ましいものです。

肉親でも家族でもない者同士であれば、なおさらと言えます。

若い女性であっても、完全に庇護する対象ではないですし、ましてや自分の理想を押し付ける相手でもないのです。

また、人には「踏み入れてはいけない部分」というものがあります。
あなたがそうであるように、若い女性も同じ。

あなたのすべてが知りたいという言葉は、言葉だけにしておくべきなのです。

知りたくないことと知りたいことは紙一重ですから、その部分を守ることが、ほど良い距離感を作ってくれます。

この慣れ合い過ぎない距離感を近づけるために、若い女性は成長を諦めないでしょうし、また大人の男性であるあなたも、束縛がきついという邪魔な存在にならずに済みます。

踏み込みすぎないということは、お互いを大人と認め合うことでもあるのです。

【年下女性と対等でなければ恋ではない!?】

年下女性とのほど良い距離感を大切に-3頼りなく見える年下女性であっても、子供ではありません。

少なくとも、絶対に守られなければならない年齢の女性ではないわけです。

そのことを考えれば、年齢が離れていて若くても、大人の女性として向かうことが恋には必要なことだといえるでしょう。

恋が軸の関係であれば、対等でなければ関係も破綻しやすくなってしまいます。

ところが、年下の若い女性との恋が成就し、それが普通のことになったときから、大人の男性はこの基本を忘れてしまいます。

そのまま庇護や支配の対象にしてしまえば、『ハバネラ』の歌詞のように、若い女性は「待てば来もせず」野の鳥となって飛び去ることを選ぶでしょう。年下女性とのほど良い距離感を大切に-4

ほど良い距離感を守ることは、大切な女性との関係値を守ることにもなるのです。

その難しさを面倒と思わないことも、大人の男性の余裕と教養であり魅力と言えます。

ぜひこの心構えをパパ活でも活かし、素敵な大人の関係を楽しんでくださいね。


Comments are closed.