意識一つで変わる!?パパ活で恋愛関係を楽しむ方法

  • Posted on 2月 28, 2021 at 9:58 AM

40代を超えた男性が、20代や30代前半の若い女性にアプローチしたい時、どうしたら良いのかわからないという人はたくさんいらっしゃいます。

しかし、10歳近く年齢が離れていたとしても、しっかりと自分の魅力を出すことができれば、恋愛の対象として意識してもらうことができます。

パパ活でパパのような存在になっていたとしても、見せ方を変えることさえできれば、恋愛関係を楽しむこともできるのです。

では実際にどのように意識していくべきか?

みていきましょう。

・大人の魅力をアピール

意識一つで変わる!?パパ活で恋愛関係を楽しむ方法-1

40代を超えた大人の男性が、若い女性との交際を望んでいる時は、まず自分の年齢が持つ魅力を理解することが大切です。

そのためには、自分よりも若い世代である20代から30代の男性ときちんと差別化できているかがポイントです。

40代を超えた男性は、20代の男性が持つ「若さ」や「フレッシュさ」では絶対に敵いません。

それは年齢を重ねると、老化現象というものがついて回りますから仕方のないことです。

いくら若作りをしていても、発するエネルギーはやはり衰えていると考えて良いでしょう。

このように元々のポテンシャルが違うため、若い女性の気を引こうとして無理に若作りするのは不毛ですし、逆に「年の割に落ち着きがない」「チャラい」などマイナスポイントとなってしまう可能性があります。

40代以上の男性の魅力とは、すなわち「大人の余裕」「落ち着き」です。意識一つで変わる!?パパ活で恋愛関係を楽しむ方法-2

若い女性が年上の男性に求めるのは、安心感やリードする力です。

精神的な安定感や落ち着きは、遊び盛りの20代や30代前半の男性にはない魅力です。

歳を重ねて、様々な経験をしたからこそ身につくものだと思います。

無理に飾らず年齢にあった服装と、態度を示す。そんな大人の魅力をしっかりと出すことができれば、若い男性に負けないくらい素敵な男性として認識してもらえるでしょう。

・説教臭くならないように注意!

意識一つで変わる!?パパ活で恋愛関係を楽しむ方法-3先程、若い女性にアピールする時は、大人の魅力を出していきましょうと説明しました。

しかし、この大人というワードは意外と曲者で、意味を履き違えてしまうと、ただの説教臭いオジサンになってしまうため注意が必要です。

よくありがちな失敗談は、大人ぶって知識やうんちくを語ったり、良かれと思ってアドバイスしたことが、「ただの口うるさいオジサン」として認識されてしまったというものです。

たしかに、歳を重ねたからこそ知識や経験が豊富で、いろいろなことを教え、導いてあげたいという気持ちはわかります。

しかし、女性側がその知識やアドバイスを必要としていなかった場合、それはただの自己満足と受け取られてしまいます。

基本的に女性は共感を求める生き物です。

自分の気持ちを理解してもらうことが重要で、難しいアドバイスを求めているわけではありません。

もし意中の相手から相談を受けた時は、相手の気持ちを理解しながら、話を最後まで聞き、優しく、共感の言葉をかけてあげましょう。

彼女たちが求めているのはそういった「大人の優しさ」なのです。意識一つで変わる!?パパ活で恋愛関係を楽しむ方法-4

もちろん皆さんが培ってきた経験は、好意を寄せている女性の役に立つ時がきっと訪れます。

特にパパ活では、女性に頼られる機会が多いので腕のみせどころだと思いますよ。

こぞという時に力を発揮できるように、女性の方から解決策を聞いてくるまで、そっと胸に秘めておくようにしましょう。


Comments are closed.