年下女性への接し方で押さえるべきポイントはこれ!

  • Posted on 11月 8, 2020 at 12:43 PM

パパ活をしている女性は若い子で10代~50代までと幅が広いです。
どのような女性とお付き合いをしたいのかにもよりますが、実際にお会いする女性は年下であることが多いのではないでしょうか。
中には一回り以上も年が離れていることもあって…。
仕事上では年下女性と接する機会があっても、プライベートではなかなかない機会でしょう。だからこそ、その新鮮さを楽しむ方が多いのですが、いざ接してみると難しいと感じることもあるのではないでしょうか。
自分の当たり前は、相手にとって当たり前ではない…そのようなギャップに直面することもあると思います。

年下女性への接し方で押さえるべきポイントはこれ!-1

そこで今回は、年下女性と接する上で押さえたほうが良いポイントをお伝えします。

まず、大前提として皆様の方が女性より知識も経験も豊富であると思います。
だからこそ注意すべきことは「上から目線にならないこと」
当倶楽部の会員様は問題ありませんが、中には年下女性に対して偉そうに接してしまう男性がいるのです。
女性はそれでもニコニコしながら聞き流せると思いますが、内心では良い風に感じていません。
エスコートする・相談に乗る・時にはアドバイスをする等、男性がリードするものではあるものの「上から目線のしてあげてる感」が出てしまうのはあまり望ましくありません。
自分の方が優位だとしても、お相手の良いところに目を向けることがポイントです。
年齢や立場は関係なく、常に相手から学べることはあるということを覚えておきましょう。

また、若い女性はインターネットやSNSに触れる機会が多く、常にあらゆることにアンテナを張っています。
時代の流れ・流行に非常に敏感なのです。
中には、自分が知らないこともあると思いますが、好奇心を持って聞くことがポイントになります。

男性によっては「知らない事は恥」と思っている方もおりますが、プライドはいち早く捨てたほうが得です。
・若者はこうあるべきだ
・年上なのだからこうしなければ
こうした固定概念も持たないことをお勧めします。
時代の変化と共に世間の常識も変わってきていますし、今は個人が枠にはまらずに伸び伸びと生きやすい時代になっています。
不要なプライドや固定概念は、円満な関係を築く上では妨げになってしまうのです。
これまで自分が築き上げてきたものをそっと横に置き、フラットな状態で年下女性とお会いするとうまくいきます。

女性から見ても、多くの経験と知識を手にした自信溢れる男性は魅力的にみえますが、素直で学ぶ姿勢がある男性はもっと素敵にみえるものです。
教える・教わるといった一方通行な関係ではなく、お互いに知らない知識を共有し、成長していく。
それこそが理想的な関係といえるのではないでしょうか。
年下女性が気を遣うことなく一緒に楽しめるパパは、他のパパよりも頭一つ上に出ているように感じます。
・上から目線にならないこと
・知らないことは素直に知らないということ
・好奇心を持って質問すること
・日頃から若者の関心事にアンテナを張っておくこと

これらを意識し、年下女性とのデートを楽しんでいきましょう。


Comments are closed.