【要注意】男性が初デートで失敗しやすいポイントと対策

  • Posted on 10月 25, 2020 at 9:33 AM

どれだけ年齢を重ねても初デートは緊張してしまうもの…。
その緊張感もドキドキのうちであり、デートの楽しみの一つといったところでしょう。
しかし、いざ張り切って初デートに臨んでも、残念なことに「失敗」となってしてしまうケースもございます。

今回はそんな初デートでのよくある失敗や、対策についてお伝えさせて頂きます。
まず、パパ活・恋愛どちらにも共通する「初デートでの失敗」をご紹介いたします。

  1. 遅刻・お店までスムーズにたどり着けない
  2. 自分の話ばかりしてしまう
  3. 緊張しすぎて話せなかった
  4. 求めすぎてしまう
  5. 服装や臭いに気を遣っていなかった


上記の①と⑤に関しては、事前にきちんとチェック、意識をすることで防げることが容易い項目でもあります。
それに対して、②~④に関しては、相手の女性を意識することによって起こりえてしまう可能性が高い失敗です。

初デートということでお互いに緊張しているからこそ、つい張り切りすぎて自分の話を多くしてしまうこともあるでしょう。
特に、交際クラブをご利用される男性の方々は、人生経験が豊富な方々ばかりですし、女性側としてもそういった男性からお話を聞けることを貴重と感じています。
それに加えて、女性は共感力が強く聞き上手な方も多いため、話しをする男性側も非常に気持ち良くお話しできると思います。

パパ活において、自分の話ばかりをしてしまうことは、決して失敗とはいえませんが「初デート成功」と自信を持って言うためにも、初回は特に聞き手に徹することをお勧めいたします。

そういった意識を持てば、たとえ当日、過度な緊張感を抱いたとしても、「緊張しすぎて話せなかった」ということも防ぎやすいのです。
会話の中でお互いのニーズをすり合わせていくことも決して簡単なことではないからこそ、初デートでは、あくまで女性が気持ち良く話せるような場作り・質問・相槌がとても大切になってきます。

お二人の未来の関係は、あくまで当日お会いしたフィーリングで決定していくものです。だからこそ、初デート成功の鍵は、実際に女性とお会いした時の判断力となります。相手の女性はどこまで緊張がほどけているのか、自分の好意ばかりが目立ちすぎていないかどうか。相手の女性を気遣いながらも、お互いの気持ちに温度差がないことが望ましいといえるでしょう。

実際には、女性側が「何度かお会いして徐々に関係を深めていきたい」と慎重派な方だったとしても、実際に会ってみたら予想以上に盛り上がったので、関係が急スピードで深まっていったなどということもあるそうなのです。
きっと男性側の気持ちの配慮によって、女性が心をオープンにしてくれたのでしょう。

男女の関係においては「これが正解」といえるものは存在せず、お一人お一人が手探りなコミュニケーションになると予測されます。

時に「失敗したな」と思うことがあったとしても、出会いの歴史の一つとして残っていくことでしょう。

ぜひとも、銀座クリスタル倶楽部で心が躍るような素敵なお時間をお楽しみ下さいませ。


Comments are closed.