見られている意識

  • Posted on 9月 10, 2020 at 7:04 PM

交際クラブを介して、初対面のデートを迎えた当日、男性も女性もそれぞれに緊張感を持ってお待ち合わせ場所に向かわれることかと思います。
お互いに、初めて目が合った時に感じるフィーリングはどんなものかと想像しながら、期待に胸を膨らませてドキドキしてしまいますよね。

交際クラブで何度かのデートを経験した会員様によくある傾向なのが、少しの慣れからなのか、緊張感が薄れ、初回のデートの際に、女性に対してまるで面接官のように視線と心の中でチェックをしてしまうこと。
もちろん、これが決して悪いことではございません。ですが、実はご自身も同じように、相手の女性から視線と心の中でチェックをされているかもしれないという認識はございますでしょうか。
案外、女性側も、初回からしっかりと男性を観察し、ジャッジしていたりもするのです。
シティーホテルのロビーでお待ち合わせをしてから、レストランまでの途中、男性だけスタスタ先に歩いて行ってしまわないか。
レディーファーストな心がけをしてくれるかどうか。レストランのウェイターに横柄な態度を取ったりしないかどうか。
食事の最中に、隣のテーブルに人がいるのに下品な会話をしないかどうか。
清潔感のある格好をしているか。きちんと目を見て会話をしてくれるか。 など、この男性と、二回目以降も会えるかどうかをきちんと見極めているのです。

女性からも見られている意識がないと、先述した通り、自分自身が面接官になってしまい、いろんな箇所で気が緩んで失態を犯してしまうかもしれません。 気持ちに余裕がないと、紳士的なエスコートをするのは難しいでしょう。
また、日頃の言葉使いや態度は、初対面の相手の場合でも出てしまうこともございます。 いくら、相手の女性が綺麗で好みのタイプだからと言って、下心が丸出しの視線や会話は不快に感じさせてしまいます。
好印象を与える身だしなみが出来ているかはマナーの問題ですし、自分の自慢話ばかりして、相手の女性の内面に興味を持って会話を広げないと心の距離は縮まりません。

交際クラブでは、初対面を迎えてからは、あくまでお互いに50/50です。
どちらかが有利・不利などということはなく、お互いのフィーリングが良ければお付き合いが発展していきます。
つまり、いくら男性側が、女性を合格としても、男性も同じように女性から合格を貰わないとお付き合いは発展しないのです。
ですから、会った瞬間から、どれだけ紳士的な立ち振る舞いが出来るのかどうかが大切となってきます。

女性へのお気持ちが熱心なのは理解出来ますが、それだけに集中してしまい、女性とのコミュニケーションが図れずに終わってしまったら、とても勿体のないことです。
自分自身も女性から見られていることを忘れずに、一つ一つの出会いのお時間を有意義にお過ごしいただきたいと願っております。


Comments are closed.