紳士になるためのレディーファースト

  • Posted on 6月 10, 2020 at 7:08 午後

交際クラブでの出会いで「紳士的な振る舞い」ができる男性と出会いたいという期待を込めて登録に来られる女性も多くいらっしゃいます。
内面から紳士的な男性はおのずと周囲の女性には、魅力的な男性として受け取られると思います。
では、どんな振る舞いが女性にとって紳士的だと思われるのかを、まずは知識から入りまして、行動に起こしてみるのはいかがでしょうか。

扉を開けるときの基本的マナー
男性が先にドアを開け、女性を先に中に通します。
女性とすれ違う際には安心させるように少しはにかんでみるのはいかがでしょうか。
ですが、タクシーに乗り込む際は逆に男性が先に乗り込むのがマナーだそうです。
レディーファーストの基本は女性を危険な場所から遠ざけることなので、階段を上がる際などは男性が女性の後ろを歩き、転倒防止などの気遣いが求められます。
階段を下る際は男性が先に歩き、女性の手を取ることがスマートなレディーファーストです。(女性が短いスカートをはいているときはどちらも男性が先を歩きます)

続いては座るときのマナーです。
もし、片側がのみソファー席だった場合、男性はソファー席を譲るのがベストでしょう。
これは自然とできている男性もいらっしゃるかと思います。大抵の女性はカバンや、手荷物を持っている場合が多いのでソファー席の方が喜ばれます。
また、紳士の国イギリス等では女性が座るまで男性は座ってはいけないことや、椅子を引いて女性を先に座らせるなど、レディーファーストの為の教育をされているそうです。
日本でもそれを見習って、高級なレストランなどではそのように振舞うのが良いと思います。

食事の際のマナーといたしましても、男性が女性に取り分けるのが一般的なマナーだそうです。そのとき、自然と女性の苦手なものも聞けるという気遣いが、より頼りがいのある素敵な男性と思われることでしょ。
また、知らない間にお会計を済ませておくというスムーズなやり取りも女性から見ると紳士的に映ります。

それではなぜ女性がレディーファーストを喜ぶのでしょうか?
なぜなら女性はデートの際、男性に主導権を持ってもらいたいという気持ちが強く、レディーファーストのような明らかな行動を起こしてもらえるということで、満足を得やすいという性質を持っています。
紳士的な対応というのは女性からすると「私のことを分かってくれている」という気持ちになり、気分がよくなり恋愛に発展しやすいからです。

交際クラブでのデートで大切なことは「余裕」と「紳士的な振る舞い」です。
以上のことを意識して、素敵なデートにつなげて下さると嬉しいです。


Comments are closed.