女性に好感を持たれる誘い方

今回は、これから交際クラブで女性との出逢いをお探しするという皆様へ、女性へのスマートなお誘いの仕方をお伝えしていきたいと思います。
交際倶楽部では女性は男性からのデートのお誘いを待つスタイルです。
そのお誘いの流れ次第で男性の印象が決まることもあります。
たとえば、「都合の良い日程を教えて」など女性の希望を伺ったにも関わらず、女性が候補日を伝えた際に、「希望時間が自分と合わない」、「もっと直近の日程はないのか」、「早めの時間は無理なのか」、など、質問攻めにし、次々に内容を加えて連絡の回数が増えてしまうと、「こんなに希望があるなら、なんでもっと具体的に日程を挙げてくれないのだろう。
初めから言ってくれていたら、その候補内で合わせたのに…。」という残念な印象を持たれてしまう可能性が高いです。
男性の皆様はお誘いをする時に、今回は女性に日程を合わせるとするか、自分が指定した日で都合が合う子とデートする。など、具体的に流れを頭で決めておくと無駄なやり取りをせずにスマートにデートが決まるかもしれません。
気になる女が見つかると、ついつい聞きたい事がたくさん頭に浮かぶかもしれません。
けれど、最初のデートのセッティングの際には、最低限の内容にするように気をつけた方が良いかもしれません。

倶楽部が控えている女性のプロフィールを把握しておくのは、女性側も納得をした上で公表をしているので問題はございませんが、デートの時のためにと思い、お誘い時やデート決定後に細かい質問をしない方が無難かもしれません。
交際クラブの女性は、男性の顔や雰囲気を知らないままデートに向かいます。
会ってから男性とお話をし、デートを楽しんで、今後のお付き合いをするか判断したいと考えています。
レディファーストを考える男性はそれがかわいそうに思って、前もってご自身の情報を女性に知らせる方もいらっしゃいます。
それを嬉しい、安心と感じる女性は多いと思います。
ですが、会う前から質問やメッセージの内容が細かかったりすると「いろいろ気にするタイプの人なのかな。私が会って平気かな。」「会った時に会話の中で聞いてくれたらいいのに。」と感じて、お誘いそのものを躊躇してしまうかもしれません。

このように、男性側の親切心が仇になり、会う前から妙に警戒をされてしまうこともあります。ある程度の質問は「会ったときにすればいいか」くらいに留めておいて、お誘いの時は食事の好みを聞くくらいの方が、女性にとってスマートな印象になるかもしれません。どんなに良い人でも文字だけでは人柄を伝えきる事は難しいです。
やはり、男性も女性もお互いに顔を見て会話をして、その時の雰囲気や仕草や話し方など、五感をフルに使い相手を感じてフィーリングが合うかを判断しています。
女性に「素敵な男性に出会えた!」と思ってもらえるように、マイナスな芽はできるだけ残さずプラスな印象だけを持ってもらえるようにデート当日を迎えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.