寂しさを感じる方こそ

竹久夢二の「夢のふるさと」にこんなフレーズがあります。

「人をまつ身はつらいもの
またれてあるはなほつらし
されどまたれもまちもせず
ひとりある身はなんとせう。」

人を待つはつらく、待たせる方はもっとつらいものだが、待つ人も待たせている人もいない私はなんて寂しいのだろう。という心情をうたった詩です。
生まれたときから天涯孤独の身であっても、誰しも一人でいるのはつらいものです。
「それでも良い。自分は一人が好きなんだ」と孤独の極地に浸る方でも、どこかご家族であったり、ご友人であったり、誰かひとりでも待ってくれる人がいるからそう言えるもので、生まれてから死ぬまで一人で生きていける人間はいません。

交際クラブを利用されている会員様は、特にその寂寞とした気持ちをお持ちの方が多いように感じることがございます。
交際クラブの男性会員様は、社会的地位の高い、成功者と呼ばれる方がほとんどです。
そのような方ともなると、巨額の富を得て、経済的にも豊かな方ばかりですが、それと同時に成功されているが故の寂しさを抱えているのかもしれません。
登りつめた結果、見渡しても自分と同じところにいる人は誰もおらず、下りようにもいままで築いてきたものがなくなってしまうようで下りられない。
けれども、年齢を重ねるごとに仲間や友と呼べる人もどんどん先に逝ってしまって、気付いたら一人になっていたという方も少なくありません。
そんな方が叩く門のひとつに、交際クラブはあります。
交際クラブと聞くと、一日限りの伽を探すために利用している方や、愛人を作るために利用されている方が多いように思いますが、それだけにはとどまりません。


会員様の中には、恋人でもなく、愛人でもなく、ただただ残りの時間を一緒に過ごしてくれるような女性と出会いたいとおっしゃる方もいらっしゃいます。
一口に交際クラブとは言っても、会員様によって、求める女性像はさまざまです。
そんな会員様によって異なる多種多様なニーズにお応えできる交際クラブは、銀座クリスタル倶楽部をおいて他にはございません。
当クラブは、他社を凌駕する圧倒的な女性会員数を誇ります。
その他にも、セッティングの際は、女性スタッフがそれぞれの会員様に合ったサービスを丁寧にご提案させていただきますので、はじめて交際クラブを利用するという方でも安心してご利用いただけます。
貴方も銀座クリスタル倶楽部で運命の出会いを見つけてみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.