連絡は男性から

男女のお付き合いにおいて、駆け引きをする人がいます。
特に多いのがデート後の連絡をするかどうかの駆け引きです。
交際クラブでは、初回のデートで連絡先を交換して頂き、2回目以降はクラブを通さず2人で連絡を取り合って自由にデートすることが可能です。
基本的にはデートの際、男性から連絡先を聞くのがスマートと言えるでしょう。
その際は、「よかったらライン教えてよ」と、いった自然な流れで聞くのが良いかもしれません。
ただ、無理強いをすることではないので、躊躇する様子が見られた場合は、「もし気が変わったら電話してね」と言ったように軽い感じで流すのがベストです。
そして女性からメールアドレスやラインを教えてもらった場合、自分から連絡をすべきかどうか迷う方もいらっしゃいますが、絶対に男性から連絡をしましょう。
女性の中には、男性を試すことで敢えて自ら連絡をしない女性もいらっしゃいます。
または、連絡をしたいけど自分から連絡することが出来ないという女性もいらっしゃいます。
駆け引きとして敢えて連絡をしない女性の心理としては、自分への好意を計りたい、または今後の交際における主導権を握りたいといった場合があります。
そういった女性でも、もちろん2回目以降に会いたいと思っているのであれば連絡はくれるものです。
そして、連絡をしたいけど自ら連絡が出来ない女性の心理としては、男性に連絡をして返ってこなかった場合の不安や、連絡していいタイミングはいつなのか、といった懸念を抱き、気が付いたら時間が経っていたという場合があります。
それは男性自身がデートの際、女性に対するアプローチが不十分な場合に起こりやすいため、男性もある程度分かりやすい愛情表現が必要なのかもしれません。
男性側が女性からの連絡を期待していては一向に女性から連絡がなく、1度のデートで終わってしまうということにもなりかねません。
男性は女性とのデートに時間もコストもかけている分、毎回のデートを大切にお考えだと思います。
一度きりのデートで終わってしまわないためにも、お別れした後は男性の方から女性に連絡をしましょう。
もちろん、残念ながら女性から連絡がない場合もあるかもしれません。
その場合は、気持ちを切り替えて新たな女性とデートすることをおすすめします。
交際クラブ以外でも言えることですが、好意のない相手に無理に連絡を要求しても良いお付き合いには繋がりづらいものです。
女性は男性以上に切り替えが早く、「脈なし」と感じた場合、意中の男性をすぐに諦めることができる分、未練がましく一方的に想い続ける男性に対して、良い印象は持たないのです。
ただ、駆け引きをする女性も存在するため、意中の女性であれば男性の方から連絡をして損はありません。
是非、男性の方から女性に連絡をし、2回目のデートに繋げましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.