ジェネレーションギャップは埋められます

交際クラブで知り合った若い女性だけでなく、年の離れた人との会話でジェネレーションギャップを感じることは日常的によくあることだと思います。

自分たちが若い頃に好きだった音楽や映画、テレビ番組、芸能人などを言っても若い人にはピンときていないのかちょっと戸惑われることもありますよね。
ですので、「昔は流行ってたんだよね~。」と苦笑いでお話を締めてしまう。・・・そんなことはありませんか?
たしかにジェネレーションギャップは時代がうつろう以上、仕方のないことです。
しかし、ジェネレーションギャップは埋められます。
若い人は、「親世代」のカルチャーをそれなりに理解している方も案外多いのです。
交際クラブに登録している女性は、男性会員様の「ジュニア世代」にあたる年代の方がたくさんいらっしゃいます。

そんな彼女たちは、幼稚園や小学校の送迎、家族のドライブで、ご両親が運転する車の中でユーミン、山下達郎、竹内まりあ、久保田利伸、大瀧詠一、YMO、ドリカムなど80年代を代表するゴールデン世代の音楽を聴いていた方も多いと思います。
その結果、好きか嫌いかはともかくとして、大人になってからも記憶に残っている方は多いのではないでしょうか。

たとえ時代が変わったとしても、数十年程度で人の感性は大きく変わることはありません。
良い音楽は時代が変わったとしても、聴き心地のよいものです。

若い女性に思い切って、若い頃の音楽の話をしてみてください。
きっと女性も「これいいですよね!」「聴いたことあります」なんてリアクションを返してくれると思います。

女性会員様にもカラオケ好きな80年代の音楽も歌える方もたくさんいるので、いっしょにカラオケに行って、好きな音楽を歌って、歌ってもらって、楽しく盛り上がれそうです。

そんな女性をお探しの際も、ぜひお電話にてリクエストしてくださいませ。

喜んであなたのお好みの女性をご紹介させていただきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.